第503回:日産のかつての姿を今日に伝える一台が復活
名車再生クラブが「TSサニー」のレストアに着手

2018.05.29 エディターから一言
名車再生クラブのメンバーと、2018年のレストア車となる1972年式「サニー1200クーペGX-5 特殊ツーリングカー(TS)仕様」。
名車再生クラブのメンバーと、2018年のレストア車となる1972年式「サニー1200クーペGX-5 特殊ツーリングカー(TS)仕様」。拡大

往年のツーリングカーレースで輝かしい戦績を残した「日産サニー」。日産が保管していたその一台を、名車再生クラブがレストアすると発表した。「レース仕様なのにレースに出た様子がない」というその個体の来歴と、再生にかけるクラブの意気込みをリポートする。

名車再生クラブの代表を務める木賀新一さん。普段は日産でパワートレイン系の開発に携わっている。
名車再生クラブの代表を務める木賀新一さん。普段は日産でパワートレイン系の開発に携わっている。拡大
キックオフ式の様子。名車再生クラブのメンバーは毎年80人ほどで、そのうちの約半数が継続メンバーで、残りの半分はその度ごとに募集して集めるという。
キックオフ式の様子。名車再生クラブのメンバーは毎年80人ほどで、そのうちの約半数が継続メンバーで、残りの半分はその度ごとに募集して集めるという。拡大
1972年に登場した「日産サニー1200クーペGX-5」。2代目ことB110型のサニーは、4代目のB310型ともども当時のツーリングカーレースで大活躍を見せた。
1972年に登場した「日産サニー1200クーペGX-5」。2代目ことB110型のサニーは、4代目のB310型ともども当時のツーリングカーレースで大活躍を見せた。拡大
2代目「サニー」のなかでも「1200GX」はエンジンにSUツインキャブレターを装備した高性能スポーツグレードであり、セダンとクーペの両方に設定された。
2代目「サニー」のなかでも「1200GX」はエンジンにSUツインキャブレターを装備した高性能スポーツグレードであり、セダンとクーペの両方に設定された。拡大
フロントグリルを飾る「GX 5SPEED」のエンブレム。「サニー1200クーペGX-5」には、クロスレシオの5段MTが搭載された。
フロントグリルを飾る「GX 5SPEED」のエンブレム。「サニー1200クーペGX-5」には、クロスレシオの5段MTが搭載された。拡大

日産の誇る名車を1年に1台ずつ再生

日産自動車の開発の拠点となる、神奈川県厚木市の日産テクニカルセンター。その本館とも呼べるV1棟のエントランスを抜けると、すぐに2階に続くエスカレーターがあり、その上には少し開けたスペースがある。平日であれば、日産の社員やつきあいのあるサプライヤーの人間がひっきりなしに行き来する、にぎやかなエリアだ。しかし今日(2018年5月26日)は土曜日。休日ということもあって照明は落とされ、行き来する人もいない。広いだけに、余計寂しさが強調されるようだ。

しかし、そこからさらに奥へと進むと、そこでは数十名の人間が小さなオレンジ色のクルマを囲み、にぎやかに談笑していた。今日は、2018年の「名車再生クラブ キックオフ式」が開催されるのだ。

「名車再生クラブ」とは日産自動車の社内クラブである。活動は日産の有する名車の再生……すなわちレストアを、日産社員と関連会社のメンバーが業務外の時間を使って行うのだ。ここでいう“名車”とは、主に日産座間事業所の日産ヘリテージコレクションに収蔵される車両で、実に300台以上もある。それを「名車再生クラブ」は、毎年1台ずつ、クラブ活動としてボランティアでレストアしているのだ。

この活動は日産自動車の資産である名車が少しずつ復活するというメリットだけでなく、参加するメンバーの学びの場になっているのも特徴だ。メンバーは1年ごとに募集して、毎回80人ほどとなる。約半数が継続メンバーで、半分が新規だ。レストア作業を通して「先輩たちのクルマづくり」「技術的な工夫や考え方」を学べるだけでなく、「助け合う気持ちよさ」や「自由に技術論議ができる喜び」も、参加者が集う理由になっているという。

クラブの創立は2006年で、最初の1台となる1983年式「240RS モンテカルロラリー仕様車」を皮切りに、この12年間で13台のクルマをレストアしてきた。その中には1947年式「たま電気自動車」や1971年式「ダットサン240Z サファリラリー優勝車両」などの貴重な車両も含まれている。最初、周囲は「貴重なコレクションを持ち出すとはけしからん」という雰囲気だったが、徐々に信頼を獲得。今では、クラブの存在も社内で広く知られるようになり、温かい支援が集まるようになったという。

日産 サニー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第98回:カーマニアのクリスタルな恥ずかしい過去 2018.7.10 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第98回は「カーマニアのクリスタルな恥ずかしい過去」。フェラーリを愛する筆者が自ら“黒歴史”と言い放った過去の愛車とは? 日産ヘリテージコレクションで出会った、青春時代の愛車を振り返る。
  • 第503回:日産のかつての姿を今日に伝える一台が復活
    名車再生クラブが「TSサニー」のレストアに着手
    2018.5.29 エディターから一言 往年のツーリングカーレースで輝かしい戦績を残した「日産サニー」。日産が保管していたその一台を、名車再生クラブがレストアすると発表した。「レース仕様なのにレースに出た様子がない」というその個体の来歴と、再生にかけるクラブの意気込みをリポートする。
  • 日産「サニー」にディーゼルエンジンを搭載 1999.9.20 自動車ニュース 日産自動車は「サニー」に直噴ディーゼルエンジン搭載車を追加し、9月14日より発売した。今回「サニー」に搭載されるようになった直噴ディーゼルエンジンは、排気量2184ccの直列4気筒NEO Di「YD22DD」エンジンだ。その特徴は、低燃費化されていること、排気ガス中のNOx、PM(粒子状物質)、CO2の削減、4バルブDOHC採用による動力性能の向上などがあげられる。燃費は、電子制御4段オートマチックトランスミッション「E-ATx」との組み合わせにより、10・15モードで17.0km/リッター、5段マニュアル車で20.0km/リッターを実現したという。これにより「低燃費車の自動車取得税減税」の対象にもなっている。価格は、「サニーFE」の129.1万円(5MT車)からとなる。このディーゼルエンジン、(財)省エネルギーセンター主催の「平成10年省エネ大賞 省エネルギーセンター会長賞」を受賞しているということです。賞の受賞よりも、正直そのような財団法人の存在に興味がありますね。(Web CG 有吉)
ホームへ戻る