第98回:カーマニアのクリスタルな恥ずかしい過去

2018.07.10 カーマニア人間国宝への道

原点は日産ガゼール

先日、日産ヘリテージコレクションを見学する機会がありました。

このコレクションは、日産座間事業所(元座間工場)内の広大な空間に、300台もの日産車が展示されているもので、その大部分が動態保存、つまり動く状態で維持されておるそうです。

「日産ヘリテージコレクションは、日産自動車が今までに生産してきたクルマ、技術力、デザイン力の全てがつまったまさにNISSAN DNAそのものです」(日産自動車のホームページより)

実を申しますと、カーマニアとしての私のDNAにも、日産の血が流れております。

18歳で免許を取り、31歳で初めてフェラーリを買うまで、私は主に日産車を乗り継いでおりまして、何を隠そう日産党だったのです!

自分のカネで最初に買ったクルマは、座間工場製の「日産サンタナXi5 アウトバーンDOHC」(5MT)ですが、18歳で最初に乗り回したのは、姉のB210「サニークーペGL」(ド中古)。その翌年、主に親のスネかじりで買ってもらったのが、S110「日産ガゼール ハードトップ」(1800cc)だったのであります。

当時のS110「シルビア/ガゼール」は、デートカーの先駆け的存在とでも言いましょうか? 「サニー/バイオレット」系のシャシーに、アメ車っぽい皮をかぶせた、なんとなくクリスタルなハードトップ(クーペ)/ハッチバックは、お安い割に大変にカッコよく、私はその後の学生生活を、ガゼールで燃焼し尽くしました。

ちなみに田中康夫先生の名著『なんとなく、クリスタル』が出たのは1981年。まさに私がガゼールを買った年です! 読んでないけど。

日産ヘリテージコレクションにて、「日産ガゼール」(S110型)と記念撮影。
日産ヘリテージコレクションにて、「日産ガゼール」(S110型)と記念撮影。拡大
「日産サニークーペ」(B210型)
「日産サニークーペ」(B210型)拡大
「日産ガゼール ハードトップ」(S110型)と19歳の筆者。
「日産ガゼール ハードトップ」(S110型)と19歳の筆者。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る