クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第98回:カーマニアのクリスタルな恥ずかしい過去

2018.07.10 カーマニア人間国宝への道

原点は日産ガゼール

先日、日産ヘリテージコレクションを見学する機会がありました。

このコレクションは、日産座間事業所(元座間工場)内の広大な空間に、300台もの日産車が展示されているもので、その大部分が動態保存、つまり動く状態で維持されておるそうです。

「日産ヘリテージコレクションは、日産自動車が今までに生産してきたクルマ、技術力、デザイン力の全てがつまったまさにNISSAN DNAそのものです」(日産自動車のホームページより)

実を申しますと、カーマニアとしての私のDNAにも、日産の血が流れております。

18歳で免許を取り、31歳で初めてフェラーリを買うまで、私は主に日産車を乗り継いでおりまして、何を隠そう日産党だったのです!

自分のカネで最初に買ったクルマは、座間工場製の「日産サンタナXi5 アウトバーンDOHC」(5MT)ですが、18歳で最初に乗り回したのは、姉のB210「サニークーペGL」(ド中古)。その翌年、主に親のスネかじりで買ってもらったのが、S110「日産ガゼール ハードトップ」(1800cc)だったのであります。

当時のS110「シルビア/ガゼール」は、デートカーの先駆け的存在とでも言いましょうか? 「サニー/バイオレット」系のシャシーに、アメ車っぽい皮をかぶせた、なんとなくクリスタルなハードトップ(クーペ)/ハッチバックは、お安い割に大変にカッコよく、私はその後の学生生活を、ガゼールで燃焼し尽くしました。

ちなみに田中康夫先生の名著『なんとなく、クリスタル』が出たのは1981年。まさに私がガゼールを買った年です! 読んでないけど。

日産ヘリテージコレクションにて、「日産ガゼール」(S110型)と記念撮影。
日産ヘリテージコレクションにて、「日産ガゼール」(S110型)と記念撮影。拡大
「日産サニークーペ」(B210型)
「日産サニークーペ」(B210型)拡大
「日産ガゼール ハードトップ」(S110型)と19歳の筆者。
「日産ガゼール ハードトップ」(S110型)と19歳の筆者。拡大
日産 の中古車

ガゼールと駆け抜けた青春

ドラテク本を読んでヒール&トウを練習しまくったのもガゼール。チェーン装着で関越道を時速〇〇〇kmでブッ飛ばし(マネしないでください)、スキーに向かったのもガゼール。交差点にオーバースピードで突っ込んで、初めて自然ドリフトしたのもガゼール。東名高速の下り坂でメーター読み時速〇〇〇kmをマークし、絶頂に浸ったのもガゼール。ありとあらゆる青春の蹉跌(さてつ)が詰まったガゼールでした。いま思えば一応、FRのMT車だし。

日産ヘリテージコレクションには、なんと、そのS110型ガゼールが展示されておったのです! ハッチバックだけど。

シルビアはその後、「S13」という名車を生み出したことで、今でも名前が残っていますが、ガゼールは2代で消えちゃったので、それがほとんどない。私もその後の人生において、ガゼールと接する機会はほぼなかったので、コレクションで不意にガゼールと再会した時は、衝撃を受けました。

よく、青春時代に乗っていたクルマと再会すると、初恋の人と再会したような甘酸っぱい気持ちになり、泣きそうになるなどと聞きます。

が、私はそうはならず、よみがえったのは羞恥(しゅうち)だけでした。
そのあと乗った日産サンタナに関しては、初恋のような思いが今でも濃厚で、中国でまだ現役で走っているサンタナを見るたびに鼻血が出るほどコーフンし、車内をのぞき込んだり踊ったり歌ったりするのですが、ガゼールではまったくそれがナイ。

いったいナゼだろう……。

「ガゼール」には筆者の青春時代の思い出が詰まっているが……。
「ガゼール」には筆者の青春時代の思い出が詰まっているが……。拡大
筆者が初めて購入したのは「日産サンタナXi5 アウトバーンDOHC」。赤のマニュアル車は希少だった。写真は25歳の頃のもの。
筆者が初めて購入したのは「日産サンタナXi5 アウトバーンDOHC」。赤のマニュアル車は希少だった。写真は25歳の頃のもの。拡大

カーマニアゆえの黒歴史

理由はおそらく、その後私がカーマニアになったからです。

19歳で乗ったガゼールは、クルマのことを何も知らず、「うわ、これ、カッコイ~! ほしい~!」という、赤ん坊のような衝動で選んだのみ。それは、カーマニアとしての黒歴史。

なにしろその後私は、自動車界の頂点であるフェラーリにまで昇り詰めるわけです。そんな者がですよ、学生時代、キャッキャ言ってガゼールでデートしてたなんて、恥ずかしいじゃないですか!

でもサンタナは恥ずかしくない。アレはフォルクスワーゲン車のノックダウン生産という超希少な存在だったし、カーマニア的マイナー志向にズバリはまる。

実際私はサンタナで、ドイツ車的(日産車だけど)直進安定性の良さを初めて体感して大感動、「これがアウトバーン生まれの実力か!」と恐れ入りました。これはカーマニアとして胸を張れる過去なので、中国でサンタナを見つけると、大喜びするのです。

サンタナの次に乗ったのは、Z32「フェアレディZ」で、その次は「ADワゴン」。ZからADワゴンに乗り換えたのは、ちょうどそのころ池沢早人師先生のフェラーリを初めて運転させていただいて大衝撃を受け、「フェラーリじゃなけりゃなんでもいっしょだ! もうこんなサツマイモみたいなクルマ乗ってられっか!」と思ったからなのですが、結局何が言いたいかというと、

「日産ヘリテージコレクションにサンタナがなかったのは残念だ~~~~~~!」

そういうことですかね? 

でも、ガゼールに再会できてよかったです。日産さんありがとう!

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼)

「サンタナ」はカーマニア的には誇れる過去。
「サンタナ」はカーマニア的には誇れる過去。拡大
「日産フェアレディZ」(Z32型)
「日産フェアレディZ」(Z32型)拡大
90年に購入した「日産ADワゴン」。乗り心地は悪かったが、積載性は抜群だった。
90年に購入した「日産ADワゴン」。乗り心地は悪かったが、積載性は抜群だった。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

日産 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。