三菱「シャリオグランディス」、一部改良

2002.05.31 自動車ニュース 有吉 正大

三菱「シャリオグランディス」、一部改良

三菱自動車は、6/7人乗りのミニバン「シャリオグランディス」を一部改良し、2002年5月28日に発売した。同時に福祉車両「ハーティーラン」シリーズにも改良を加えた。

3リッターV6「GDI」エンジンがカタログから落とされ、2.4リッター直4GDIユニットに集約された。また上級グレードにメッキ処理したバンパープロテクトモールを採用したほか、標準装備のオーディオをカセットプレイヤーからMDプレイヤーに変更するなどした。
価格は、「VIE」の204.0万円(2WD)から、「SUPER EXCEED」の289.0万円(4WD)まで。

福祉車両「ハーティーラン」シリーズの「助手席ムービングシート仕様車」(ベース車+42.5万円)には、リモコン機能をオプション設定、「サイドムービング仕様車」(同プラス51.0万円)には専用ドアトリムカバーを採用して、足もとスペースを拡大した。

(webCG 有吉)

 
三菱「シャリオグランディス」、一部改良の画像

関連キーワード:
グランディス, 三菱, 自動車ニュース