「くつろぎ」という名のトヨタ・パッソ発売

2012.06.27 自動車ニュース

トヨタ、「パッソ」を一部改良し、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”を発売

トヨタ自動車は2012年6月27日、「パッソ」を一部改良するとともに、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)を設定し発売した。

今回の一部改良では、トランスミッションほか各種部品のフリクション低減などにより燃費を向上。1リッター・FF車ではJC08モードで21.2km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準」を達成。
また、1リッター・FF車にアイドリングストップ機能を新たにオプション設定することで(一部グレードを除く)、同23.0km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。
すでに全車で認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、1リッター・FF車全車が「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」の減税措置の対象となる。

車両価格は「1.0X “Vパッケージ”」の102万円から「1.3+Hana」の148万円まで。

また、追加設定された特別仕様車「1.0X“Kutsurogi”」は、「1.0X」をベースに内装色を特別設定色の「ブラウニー」としたほか、「スーパーUVカットガラス」をフロントドアに特別装備する。ボディーカラーは、特別設定色の「ヒスイパールメタリック」(オプション)を含む、全10色を設定。

車両価格はFF車が115万円、4WD車が131万8000円。

あわせて福祉車両ウェルキャブについても同様の改良が施された(アイドリングストップ機能はメーカーオプション設定されていない)。

(文=工藤考浩)

「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」
「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」 拡大

関連キーワード:
パッソ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ パッソ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/6MT)【試乗記】 2020.8.5 試乗記 WRC参戦車のスポーツイメージを浸透させるべく「トヨタ・ヤリス」に設定されたというMTモデル。果たしてその実力は? 1.5リッター直3エンジン+6段MT搭載車をロングドライブに連れ出し、確かめてみた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
ホームへ戻る