「くつろぎ」という名のトヨタ・パッソ発売

2012.06.27 自動車ニュース

トヨタ、「パッソ」を一部改良し、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”を発売

トヨタ自動車は2012年6月27日、「パッソ」を一部改良するとともに、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)を設定し発売した。

今回の一部改良では、トランスミッションほか各種部品のフリクション低減などにより燃費を向上。1リッター・FF車ではJC08モードで21.2km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準」を達成。
また、1リッター・FF車にアイドリングストップ機能を新たにオプション設定することで(一部グレードを除く)、同23.0km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。
すでに全車で認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、1リッター・FF車全車が「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」の減税措置の対象となる。

車両価格は「1.0X “Vパッケージ”」の102万円から「1.3+Hana」の148万円まで。

また、追加設定された特別仕様車「1.0X“Kutsurogi”」は、「1.0X」をベースに内装色を特別設定色の「ブラウニー」としたほか、「スーパーUVカットガラス」をフロントドアに特別装備する。ボディーカラーは、特別設定色の「ヒスイパールメタリック」(オプション)を含む、全10色を設定。

車両価格はFF車が115万円、4WD車が131万8000円。

あわせて福祉車両ウェルキャブについても同様の改良が施された(アイドリングストップ機能はメーカーオプション設定されていない)。

(文=工藤考浩)

「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」
「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」 拡大

関連キーワード:
パッソ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ パッソ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ホンダ・シビック タイプR リミテッドエディション(FF/6MT)【試乗記】 2020.11.21 試乗記 ホームコースの鈴鹿サーキットで、ホンダがFF車最速の座を宿敵ルノーから奪還した。その立役者となったのが、「シビック タイプR」のマイナーチェンジと同時に登場した「リミテッドエディション」。聖地・鈴鹿に赴き、進化と速さの秘密を探った。
ホームへ戻る