「くつろぎ」という名のトヨタ・パッソ発売

2012.06.27 自動車ニュース

トヨタ、「パッソ」を一部改良し、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”を発売

トヨタ自動車は2012年6月27日、「パッソ」を一部改良するとともに、特別仕様車1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)を設定し発売した。

今回の一部改良では、トランスミッションほか各種部品のフリクション低減などにより燃費を向上。1リッター・FF車ではJC08モードで21.2km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準」を達成。
また、1リッター・FF車にアイドリングストップ機能を新たにオプション設定することで(一部グレードを除く)、同23.0km/リッターを実現し、「平成27年度燃費基準+10%」を達成した。
すでに全車で認定を取得している「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」とあわせ、1リッター・FF車全車が「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」の減税措置の対象となる。

車両価格は「1.0X “Vパッケージ”」の102万円から「1.3+Hana」の148万円まで。

また、追加設定された特別仕様車「1.0X“Kutsurogi”」は、「1.0X」をベースに内装色を特別設定色の「ブラウニー」としたほか、「スーパーUVカットガラス」をフロントドアに特別装備する。ボディーカラーは、特別設定色の「ヒスイパールメタリック」(オプション)を含む、全10色を設定。

車両価格はFF車が115万円、4WD車が131万8000円。

あわせて福祉車両ウェルキャブについても同様の改良が施された(アイドリングストップ機能はメーカーオプション設定されていない)。

(文=工藤考浩)

「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」
「トヨタ・パッソ 1.0X“Kutsurogi”(クツロギ)」 拡大

関連キーワード:
パッソ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ パッソ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
  • 新型「トヨタ・ヤリス」で社会が変わる? “健康寿命”を延ばす新装備に注目せよ 2019.11.15 デイリーコラム 2020年2月に発売される新型「ヤリス」には、トヨタ初の新装備が用意されている。それで、高齢化が進む日本において、ひとびとの“健康寿命”を延ばすことができるというのだが……? 開発者に話を聞いた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • トヨタ・ヤリス プロトタイプ【試乗記】 2019.11.13 試乗記 “小さなクルマ”の既成概念を超えるべく、プラットフォームからパワートレイン、足まわりに至るまで刷新された新型「トヨタ・ヤリス」。発売前のプロトタイプ試乗会でわかった、その出来栄えは?
  • トヨタが「ヴィッツ」改め新型「ヤリス」を初披露 クラスを超えた高性能をアピール 2019.10.16 自動車ニュース トヨタ自動車は2019年10月16日、同年12月に正式発表する新型「ヤリス」を世界初公開した。新型は、小型車用の新開発プラットフォームや新たな1.5リッター直3エンジンを採用。安全装備の充実もセリングポイントとなっている。
ホームへ戻る