「日産ルークス」にアイドリングストップモデル

2012.06.19 自動車ニュース

日産、軽乗用車「ルークス」にアイドリングストップシステム搭載車を設定

日産自動車は、軽乗用車「ルークス」全グレードの一部仕様を変更。併せてアイドリングストップシステム搭載グレードを新設定し、2012年6月19日に発売した。

「日産ルークス」は、スズキからOEM供給を受ける軽乗用車。今回ベースとなる「パレット」「パレットSW」の一部仕様変更に伴い、以下の変更が実施された。

全グレードの後席にISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーと乗降グリップ(左右)を標準装備。「E」「Xアイドリングストップ」「X(4WD)」は、内装色をベージュからブラウンに変更し、インパネ上部をブラックからグレーに、インパネ下部をベージュからライトブラウンに、センタークラスターフィニッシャーをピアノブラック調からダークブラウン調に変更。

また、アイドリングストップシステムとヒルスタートアシストを搭載した新グレード「Xアイドリングストップ」「ハイウェイスター アイドリングストップ」を設定。両グレードは、22.2km/リッター(JC08モード)の燃費を実現する。これにあわせ「G」グレードは廃止となった。

さらに、この「ルークス ハイウェイスター」をベースとする、オーテックジャパンのカスタマイズモデル「アーバンセレクション」も一部仕様を変更。アイドリングストップシステムとヒルスタートアシストを搭載した「ハイウェイスター アイドリングストップ」をベース車として追加したほか、ベース車と同様にチャイルドシート固定用アンカーと乗降グリップ(左右)を標準装備とした。

「E」「Xアイドリングストップ」「ハイウェイスター」「ハイウェイスター アイドリングストップ」「ハイウェイスター アーバンセレクション」「ハイウェイスター アイドリングストップ アーバンセレクション」のFF車は、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)による減税措置により、自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。

価格は「Xアイドリングストップ」が132万9300円、「ハイウェイスター アイドリングストップ」が154万9800円、「ハイウェイスター アイドリングストップ アーバンセレクション」が161万8050円。

(webCG)

「日産ルークス ハイウェイスター」
「日産ルークス ハイウェイスター」 拡大

関連キーワード:
ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 ルークス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 「三菱eKクロス」の特別仕様車「Tプラスエディション」発売
    2019.12.25 自動車ニュース 三菱自動車は2019年12月25日、軽乗用車「eKクロス」に特別仕様車「Tプラスエディション」を設定し、販売を開始した。最上級グレード「T」をベースに、人気オプションの「MI-PILOT」と電動パーキングブレーキ、デジタルルームミラーを標準装備している。
  • 第183回:ドイツ車はアタリが付く 2020.7.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第183回は「ドイツ車はアタリが付く」。「アウディA6」のエントリーモデル「40 TDIクワトロ」に試乗。“感動的”と称賛した「55 TFSIクワトロ」との比較を交えながら、ドイツ車ならではの味わいを再確認する。
  • 日本デビューは2020年10月ごろ ルノーが新型「ルーテシア」の導入時期を発表 2020.7.9 自動車ニュース ルノー・ジャポンが新型「ルーテシア」を2020年10月ごろに日本に導入すると発表した。ルーテシアは欧州Bセグメント市場でナンバーワンの販売台数を誇るコンパクトモデルであり、5代目となる新型は2019年の東京モーターショーに出展され、話題を集めていた。
  • 2021年に生産開始 アウディの電動クーペSUV「Q4スポーツバックe-tronコンセプト」登場 2020.7.8 自動車ニュース 独アウディは2020年7月7日(現地時間)、新型コンセプトモデル「アウディQ4スポーツバックe-tronコンセプト」を発表した。100%電気自動車のクーペSUVで、2021年の生産開始が見込まれている。
ホームへ戻る