「日産ルークス」にアイドリングストップモデル

2012.06.19 自動車ニュース

日産、軽乗用車「ルークス」にアイドリングストップシステム搭載車を設定

日産自動車は、軽乗用車「ルークス」全グレードの一部仕様を変更。併せてアイドリングストップシステム搭載グレードを新設定し、2012年6月19日に発売した。

「日産ルークス」は、スズキからOEM供給を受ける軽乗用車。今回ベースとなる「パレット」「パレットSW」の一部仕様変更に伴い、以下の変更が実施された。

全グレードの後席にISOFIX対応のチャイルドシート固定用アンカーと乗降グリップ(左右)を標準装備。「E」「Xアイドリングストップ」「X(4WD)」は、内装色をベージュからブラウンに変更し、インパネ上部をブラックからグレーに、インパネ下部をベージュからライトブラウンに、センタークラスターフィニッシャーをピアノブラック調からダークブラウン調に変更。

また、アイドリングストップシステムとヒルスタートアシストを搭載した新グレード「Xアイドリングストップ」「ハイウェイスター アイドリングストップ」を設定。両グレードは、22.2km/リッター(JC08モード)の燃費を実現する。これにあわせ「G」グレードは廃止となった。

さらに、この「ルークス ハイウェイスター」をベースとする、オーテックジャパンのカスタマイズモデル「アーバンセレクション」も一部仕様を変更。アイドリングストップシステムとヒルスタートアシストを搭載した「ハイウェイスター アイドリングストップ」をベース車として追加したほか、ベース車と同様にチャイルドシート固定用アンカーと乗降グリップ(左右)を標準装備とした。

「E」「Xアイドリングストップ」「ハイウェイスター」「ハイウェイスター アイドリングストップ」「ハイウェイスター アーバンセレクション」「ハイウェイスター アイドリングストップ アーバンセレクション」のFF車は、環境対応車普及促進税制(エコカー減税)による減税措置により、自動車取得税と自動車重量税が50%減税される。

価格は「Xアイドリングストップ」が132万9300円、「ハイウェイスター アイドリングストップ」が154万9800円、「ハイウェイスター アイドリングストップ アーバンセレクション」が161万8050円。

(webCG)

「日産ルークス ハイウェイスター」
「日産ルークス ハイウェイスター」 拡大

関連キーワード:
ルークス, 日産, 自動車ニュース

日産 ルークス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • プジョー208 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.8.18 試乗記 新型「プジョー208」のトップグレード「GTライン」をロングドライブに連れ出し、新開発プラットフォームや進化したパワートレインの仕上がりをチェック。2020年の欧州カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた、その実力やいかに。
  • 日産ルークス ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2020.7.9 試乗記 フルモデルチェンジで「デイズ ルークス」から名前が変わった、日産の新型軽「ルークス」。200万円級のプライスタグを付けるそのトップグレードは、家庭のさまざまなニーズに応えてくれるであろう、驚くべき実用車だった。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
ホームへ戻る