ホンダが「バモス」「バモスホビオ」一部改良

2012.06.14 自動車ニュース

ホンダが「バモス」と「バモスホビオ」を一部改良

本田技研工業は、軽自動車の「バモス」と「バモスホビオ」を一部改良し、2012年6月15日に販売を開始すると発表した。

「バモス」の主な変更点は、新たに「G」タイプを設定し、3本メッキフロントグリル、リアバンパーガーニッシュ、13インチアルミホイールなどを標準で装備したこと。

一方、「バモスホビオ」は、こちらも新たに「G」タイプを設定し、ハーフシェイド・フロントウィンドウ(ガラス上部にぼかしが入る)、ユーティリティーフックを標準で装備した。また、水や汚れを拭き取れるワイパブルマット(カーゴルームフロアおよびリアシート背面)を商用の「Pro」グレードに標準装備とした。

さらに、「バモス」と「バモスホビオ」共通の変更点として、ボディーカラーに、バニラクレム、ピンクゴールド・メタリック、プレミアムミスティックナイト・パールを新たに加え、全8色のカラーバリエーションとした。

価格は、「バモス」が124万6500円から143万3000円まで。「バモスホビオ」は「Pro」の120万3500円から「G」の141万3000円まで。

(webCG 小俣)

「ホンダ・バモスG」。ボディーカラーは新色のプレミアムミスティックナイト・パール。
「ホンダ・バモスG」。ボディーカラーは新色のプレミアムミスティックナイト・パール。 拡大
「ホンダ・バモスホビオG」。ボディーカラーは新色のバニラクレム。
「ホンダ・バモスホビオG」。ボディーカラーは新色のバニラクレム。 拡大

関連キーワード:
バモス, バモスホビオ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ バモス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 6アバント(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.10 試乗記 最高出力600PS、最大トルク800N・m。スーパーカー顔負けのスペックを誇る「アウディRS 6アバント」にむちを入れたら……? 全知全能と思えるほどのスーパーワゴンの走りとは、こういうものだ。
  • MINIクーパーS EクロスオーバーALL4(4WD/6AT)【試乗記】 2021.4.5 試乗記 すっかり大きくなったMINIシリーズのなかでも一番大きいのが「MINIクロスオーバー」だ。ラインナップで唯一のプラグインハイブリッド(PHEV)モデル「クーパーS EクロスオーバーALL4」に試乗し、最新モデルの仕上がりを試した。
  • MINIクーパーSDクロスオーバーALL4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.30 試乗記 「MINIクロスオーバー」のマイナーチェンジモデルが上陸。アップデートされた内外装や欧州の新しい排ガス基準に対応した改良型ディーゼルユニット、そして熟成されたシャシーの出来栄えを確かめるため、ロングドライブに連れ出した。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • 三菱エクリプス クロスP(4WD)【試乗記】 2021.3.25 試乗記 三菱のクロスオーバーSUV「エクリプス クロス」に、「アウトランダー」ゆずりの電動パワートレインを搭載したPHEVが登場。ハイテクの電動四駆と引き締まった高剛性ボディー、おうようなクルマの挙動が織り成すその走りは、三菱製4WD車の伝統を感じさせるものだった。
ホームへ戻る