ホンダが「バモス」「バモスホビオ」一部改良

2012.06.14 自動車ニュース

ホンダが「バモス」と「バモスホビオ」を一部改良

本田技研工業は、軽自動車の「バモス」と「バモスホビオ」を一部改良し、2012年6月15日に販売を開始すると発表した。

「バモス」の主な変更点は、新たに「G」タイプを設定し、3本メッキフロントグリル、リアバンパーガーニッシュ、13インチアルミホイールなどを標準で装備したこと。

一方、「バモスホビオ」は、こちらも新たに「G」タイプを設定し、ハーフシェイド・フロントウィンドウ(ガラス上部にぼかしが入る)、ユーティリティーフックを標準で装備した。また、水や汚れを拭き取れるワイパブルマット(カーゴルームフロアおよびリアシート背面)を商用の「Pro」グレードに標準装備とした。

さらに、「バモス」と「バモスホビオ」共通の変更点として、ボディーカラーに、バニラクレム、ピンクゴールド・メタリック、プレミアムミスティックナイト・パールを新たに加え、全8色のカラーバリエーションとした。

価格は、「バモス」が124万6500円から143万3000円まで。「バモスホビオ」は「Pro」の120万3500円から「G」の141万3000円まで。

(webCG 小俣)

「ホンダ・バモスG」。ボディーカラーは新色のプレミアムミスティックナイト・パール。
「ホンダ・バモスG」。ボディーカラーは新色のプレミアムミスティックナイト・パール。 拡大
「ホンダ・バモスホビオG」。ボディーカラーは新色のバニラクレム。
「ホンダ・バモスホビオG」。ボディーカラーは新色のバニラクレム。 拡大

関連キーワード:
バモス, バモスホビオ, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ バモス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダN-WGNカスタムL・ターボ Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.12 試乗記 新型「N-WGN」の仕上がりにはスキがない。さすが軽自動車市場を席巻するホンダの最新作といえる仕上がりだ。クルマの出来栄えをリポートするとともに、ヒット作ばかりの「N」シリーズを生み出す、ホンダのクルマづくり・人づくりの最前線を紹介する。
  • ホンダN-WGN/N-WGNカスタム 2019.7.18 画像・写真 ホンダから軽ハイトワゴンの新型「N-WGN」が登場。2代目となる新型は、より生活に寄り添うクルマとなるべくすべてを刷新。シンプルさを重視したエクステリアや、日々快適に使えることを重視したインテリアが特徴となっている。その詳細な姿を写真で紹介する。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • 第157回:涅槃だぜN-WGN! 2020.1.7 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第157回は「涅槃だぜN-WGN!」。2019年の注目モデルを前に、国民車構想が再燃。新型「ホンダN-WGN」は、カーマニアが求める国民車になれるか? ディーラーでのプチ試乗を通じて導き出した、その答えとは?
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
ホームへ戻る