ホンダ・フィット仕様変更 新グレードも登場

2012.05.24 自動車ニュース

「ホンダ・フィット」仕様変更 新グレードも登場

本田技研工業は、コンパクトカー「フィット」「フィットハイブリッド」の一部仕様を変更するとともに、新たなグレードも追加設定し、2012年5月24日に発売した。

ホンダの売れっ子コンパクト「フィット」シリーズに、2010年8月以来、2度目となるマイナーチェンジが実施された。

今回のテコ入れでは、全般的に基本性能のさらなる成熟が図られた。「フィット」「フィットハイブリッド」ともに、空力性能の追求やCVTの効率アップが実施され、例えば1.3リッターのFF車(CVT)の燃費(JC08モード)は、20.6km/リッターから21.0km/リッターへと向上した。

また、全席に3点式シートベルトとヘッドレストが備わり、車両の挙動を安定させるVSAも全車に用意されるなど(一部グレードではオプション)、安全性も高められた。

目に見える部分では、ボディーカラーが増えたことや、室内各所にLEDのイルミネーションが追加されたこと、さらに、本革シートやシートヒーターのセットオプション「レザーパッケージ」が一部グレードに設定された点が新しい。

「フィットハイブリッド」では、フロントグリルやリアガーニッシュのデザインも変更。クロムめっきとクリアブルー塗装からなる新しい意匠が採用されている。

このほか、より細分化された市場のニーズにこたえるべく、以下のような新グレードも追加設定された。

■フィット15XH

これまでの“上質モデル”「15X」に対し、足まわりを中心にさらに乗り心地をリファイン。防音材を追加するなどし、高い静粛性を実現したとされる。ディスチャージヘッドランプやコンフォートビューパッケージも装備。さらなる高級感が演出されている。
なお、ハイブリッドモデルにもラグジュアリータイプの「フィットハイブリッド15XH」が設定される。

■フィットShe's(シーズ)/フィットハイブリッドShe's

2010年5月にも特別仕様車として発売された、主に女性ユーザーをターゲットとしたグレードで、今回からカタログモデルとなる。

ピンクゴールドメタリックをはじめとする4色のボディーカラーや、ピンクゴールドの室内装飾やスマートキー、ブラウンのスエード調ファブリックインテリアが特徴。
機能の面でも、アレルゲン物質の活動を抑える抗菌シート、美肌効果があるとされるプラズマクラスター技術搭載エアコン、赤外線や紫外線を抑えるフロントウィンドウなどが備わり、幅広い年齢層の女性にアピールする。
ハイブリッドモデルの「フィットハイブリッドShe's」もラインナップする。

■フィットハイブリッドRS

ハイブリッドモデルでありながら、スポーティーなキャラクターも併せ持つ新グレード。
エクステリアは、既存のスポーティーグレード「RS」で見られたエアロパーツでドレスアップ。さらにLEDで発光する独自のフロントグリルも与えられる。インテリアも、本革巻きのステアリングホイールやピアノブラックのコンソールパネルなど「RS」専用のアイテムでドレスアップされる。

1.5リッターエンジンをモーターがアシストするパワーユニットは、同社のハイブリッドスポーツ「CR-Z」のものをそのまま搭載。トランスミッションは、6段MTとCVTが用意される。
足まわりについても、リアのトレッドを7mm広げたうえで、より太いスタビライザーを採用。ダンパーやパワーステアリングについても、専用のセッティングが施されている。


新たな「フィット」シリーズの価格は、「フィット13G」の123万円から「フィットハイブリッドRS」の196万円まで。

(webCG 関)

「ホンダ・フィットハイブリッド」
「ホンダ・フィットハイブリッド」 拡大
主に女性ユーザーをターゲットとした新グレード「She's」。ホンダの女性スタッフが主体となって開発にあたった。
主に女性ユーザーをターゲットとした新グレード「She's」。ホンダの女性スタッフが主体となって開発にあたった。 拡大
「フィットハイブリッドShe's」の専用エンブレム。車名の「'」がハートマークになっているのがポイント。
「フィットハイブリッドShe's」の専用エンブレム。車名の「'」がハートマークになっているのがポイント。 拡大
オプション「レザーパッケージ」装着車のインテリア。
オプション「レザーパッケージ」装着車のインテリア。 拡大
ピンクゴールドの装飾がちりばめられた、「フィットハイブリッドShe's」のインテリア。見た目だけでなく、素材や機能も女性のニーズを意識してセレクトされている。
ピンクゴールドの装飾がちりばめられた、「フィットハイブリッドShe's」のインテリア。見た目だけでなく、素材や機能も女性のニーズを意識してセレクトされている。 拡大
「フィットハイブリッド」と「フィットRS」を足したらこうなった? 新グレードの「フィットハイブリッドRS」。
「フィットハイブリッド」と「フィットRS」を足したらこうなった? 新グレードの「フィットハイブリッドRS」。 拡大
パワーユニットや6段MTは、基本的に「CR-Z」のそれ。「5ドアのCR-Z」とも言えそうだが、開発スタッフいわく「前後の重量配分は、むしろ『CR-Z』よりいいくらい」。操るよろこびが堪能できるとのこと。
パワーユニットや6段MTは、基本的に「CR-Z」のそれ。「5ドアのCR-Z」とも言えそうだが、開発スタッフいわく「前後の重量配分は、むしろ『CR-Z』よりいいくらい」。操るよろこびが堪能できるとのこと。 拡大

関連キーワード:
フィット, ホンダ, 自動車ニュース

ホンダ フィット の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)【試乗記】 2020.8.20 試乗記 数字では表せない人間が持つ感性価値、すなわち“心地よさ”を開発のテーマとしたという新型「ホンダ・フィット」。ガソリンエンジン搭載のFF車を郊外に連れ出し、開発陣が目指したものやライバル車との違いを確かめてみた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • ホンダ・フィット ネス(FF/CVT)/フィットe:HEVホーム(FF)【試乗記】 2020.3.4 試乗記 ホンダの人気コンパクト「フィット」がついにモデルチェンジ。4代目となる新型は、どのようなクルマに仕上がっているのか? 使う人の「心地よさ」を追求したというコンセプトに、ホントに沿うものになっているか? 仕様の異なる2モデルに試乗して確かめた。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る