クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・フィットe:HEVクロスター(4WD)

あなたのステキな日常に 2023.01.14 試乗記 渡辺 敏史 利便性の高さが自慢の、ホンダのユーティリティーコンパクト「フィット」がマイナーチェンジ。改良前のモデルと比べて、どこに手が加わり、どのような進化を遂げたのか? SUVテイストあふれる「e:HEVクロスター」の4WDモデルに試乗し、その仕上がりを確かめた。

悩み多き国産Bセグメント

日本のBセグメントコンパクトといえば、「トヨタ・パブリカ」あたりまでさかのぼらずとも、「スターレット」や「日産マーチ」の頃から数えてもざっくり半世紀近い歴史がある。その間、ファミリーカーからパーソナルカーへとニーズを広げ、仕向け地も広げながら進化してきたわけだが、現時点では大きな曲がり角を迎えている。

日本メーカーにとっての台数的な主要マーケットである米国・中国では、その小ささが敬遠され、欧州では強固な地場資本を相手に苦戦するばかりだ。肝心の日本市場でも、軽やAセグメントのスライドドア物件の人気におされて、シェアを奪われている。

と、そんな現状を最も端的に表しているのがフィットの不振だろう。販売台数は年間10万台を切り、登録車のなかだけでみても順位は10位前後にとどまり……と、かつて「トヨタ・カローラ」を引きずり下ろしてトップセラーに居座り続けた面影はない。先代はDCTで、現行は電動パーキングブレーキで、海外のサプライヤーに泣かされた不幸はあったものの、いずれにせよ往時の勢いを取り戻すのは難しそうだ。ホンダでは同じ血筋の「ヴェゼル」がフィットの不振を補っており、時に販売台数で追い抜かれたりしているのをみると、このクルマの斜陽ぶりがひときわ切なく映る。

そんなフィットの現行型が発表されたのは、2019年の東京モーターショー(参照)。そして2022年10月に、デビューから3年を経てのマイナーチェンジが施された。一部で不振の理由と称されたエクステリアデザインは、バンパーとグリルの形状が微調整された程度でシンプルな方向性が保たれたのは、個人的には至って賢明な判断だったように思う。

「ホンダ・フィット」のなかでも“SUV風”の意匠を特徴とする「クロスター」。コンパクトミニバン「フリード」にも、同様のモデルがラインナップされている。
「ホンダ・フィット」のなかでも“SUV風”の意匠を特徴とする「クロスター」。コンパクトミニバン「フリード」にも、同様のモデルがラインナップされている。拡大
2本スポークのステアリングホイールが目を引くインストゥルメントパネルまわり。広いグラスエリアと細身のAピラー、高さを抑えた平らなダッシュボードにより、視界は非常に良好だ。
2本スポークのステアリングホイールが目を引くインストゥルメントパネルまわり。広いグラスエリアと細身のAピラー、高さを抑えた平らなダッシュボードにより、視界は非常に良好だ。拡大
「クロスター」のシート表皮は、はっ水ファブリックとプライムスムース(合成皮革)の組み合わせ。色はブラックのみの設定となる。
「クロスター」のシート表皮は、はっ水ファブリックとプライムスムース(合成皮革)の組み合わせ。色はブラックのみの設定となる。拡大
今回のマイナーチェンジでは、前後バンパーやサイドシルのガーニッシュに、シルバーの装飾を採用した。
今回のマイナーチェンジでは、前後バンパーやサイドシルのガーニッシュに、シルバーの装飾を採用した。拡大
ホンダ フィット の中古車

ライバルとは一線を画す機能性

今回のマイナーチェンジではラインナップに変更があり、大胆なバイカラーが印象的だった「ネス」に代わって、スポーティーな走りを売りとする「RS」が復活した。また、メカニズムの面ではガソリンエンジンを1.3リッターから1.5リッターに置き換えたほか、e:HEVも駆動用モーターの最高出力が14PSプラスとなっている。すなわち、動力性能の強化が全ラインナップに共通したポイントというわけだ。

試乗車は、5つのラインナップのなかでもちょっと異端となるクロスター。バンパー下やホイールアーチなどのクロスオーバー的な加飾には部分的にシルバーの差し色が入り、ラギッドなイメージをちょっと強めている。

試乗車はe:HEVの4WD。サスペンションは他の4WD車と共通だが、専用設定の高偏平タイヤを組み合わせることにより、最低地上高はそれらよりもさらに5mm高い155mmを確保した。ちなみに同じクロスオーバータイプのクルマで近いところを挙げると、「トヨタC-HR」の4WDモデルが155mm、「マツダCX-3」が160mmとなる。

「トヨタ・ヤリス」や「日産ノート」「マツダ2」といった直接的なライバルたちのことを思い浮かべながらこのクルマをみるに、やはりフィットが他を圧する最大の特徴はパッケージングだという思いを新たにする。特に後席の居住性のよさは一目瞭然。さらにその座面をチップアップして背高ものを載せることも可能……と、センタータンクレイアウトの利は機能においても明らかだ。初代フィットの登場からは20年以上の時がたち、すでに特許は失効しているから、コンセプト自体は他メーカーも使用することは可能だ。しかし、それに合わせたアーキテクチャーや生産設備の更新、並行して迫られる電動化移行のタイミングなども思うと、このアイデアはホンダだけが使い続けるものとなる可能性も高い。

エンジンの変更により純ガソリン車のカタログ燃費は低下したものの、「e:HEV」の側については、大きな燃費の変化はない。「e:HEVクロスター」の場合、FFは27.1km/リッター(従来型:27.2km/リッター)、4WDは24.2km/リッター(同:24.0km/リッター)となっている(いずれもWLTCモード)。
エンジンの変更により純ガソリン車のカタログ燃費は低下したものの、「e:HEV」の側については、大きな燃費の変化はない。「e:HEVクロスター」の場合、FFは27.1km/リッター(従来型:27.2km/リッター)、4WDは24.2km/リッター(同:24.0km/リッター)となっている(いずれもWLTCモード)。拡大
「フィット」の最低地上高は、他のモデルではFFが135mm、4WDが150mmとなっているが、大径タイヤを装着する「クロスター」のみ、FFが160mm、4WDが155mmとなる。FFのほうが4WDより最低地上高が高いのは、車両底部に後輪へ駆動力を伝達するドライブトレインを積まないためだ。
「フィット」の最低地上高は、他のモデルではFFが135mm、4WDが150mmとなっているが、大径タイヤを装着する「クロスター」のみ、FFが160mm、4WDが155mmとなる。FFのほうが4WDより最低地上高が高いのは、車両底部に後輪へ駆動力を伝達するドライブトレインを積まないためだ。拡大
後席のチップアップ機能は、センタータンクレイアウトを用いたホンダ車の特徴。高さのある荷物を、横倒しにしないで積むことができる。
後席のチップアップ機能は、センタータンクレイアウトを用いたホンダ車の特徴。高さのある荷物を、横倒しにしないで積むことができる。拡大
ラゲッジスペースは広い開口部による積載性のよさが特徴。後席を倒して拡張が可能なほか、底部にバッテリーやドライブトレインが積まれるハイブリッド車や4WD車でも、床下にサブトランクが設けられている。
ラゲッジスペースは広い開口部による積載性のよさが特徴。後席を倒して拡張が可能なほか、底部にバッテリーやドライブトレインが積まれるハイブリッド車や4WD車でも、床下にサブトランクが設けられている。拡大

こんなに快適だったっけ!?

e:HEVの動力性能は、モーターベースでは1割は向上しているはずだが、あからさまに速くなったという感触はない。恐らくは、乗り比べてみればわかる、そんな感じだろうか。ただし、普段使いにおけるモーター稼働域はちょっと増えたかな、という印象だった。ちなみに燃費は、カタログ値的には前期型との差は微々たるもの。今回の試乗における計測値は、満タン法で16.9km/リッター、車載計読みで17.9km/リッターと、4WDということを差し引いてもやや振るわなかった。

ちょっと驚かされたのは乗り味だ。前型クロスターを試乗した際の印象や、“普通”のフィットの感触を思い出してみても、それらとは一線を画す据わりのよさが感じられ、突き上げの丸さや横揺れの小ささといった項目も一枚上手。総合的にみても、Bセグメントとしてかなり上質にまとめられている。考えてみればクロスターの4WDはこれが初試乗だったわけだが、足の長さというよりもリアサスの形式や重量に合わせたチューニングがピタリはまってるのではないかという感触だった。

ほかにも、乗り降りしやすい車高や優れた前方視界といった日常面での長所が挙げられるものの、その対価は262万円余。周囲のライバルに対して練られてはいるが、フィットとしてみればクロスターは奮発感のあるお値段だ。車格は小さいけれどもユーティリティーは高く、そこそこの走破性を備えつつも存在に威圧感はない。そういうわかりにくさを美点ととらえ、自分の暮らし向きに当てはめられる人にとっては、いい道具であるだけでなく、肌身に染みる道具となる資質はある。

(文=渡辺敏史/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

今回のマイナーチェンジにより、「e:HEV」のパワーユニットはエンジンの最高出力が98PSから106PSに、モーターの最高出力が109PSから123PSに、それぞれ向上している。
今回のマイナーチェンジにより、「e:HEV」のパワーユニットはエンジンの最高出力が98PSから106PSに、モーターの最高出力が109PSから123PSに、それぞれ向上している。拡大
予防安全装備も強化されており、高速道路などでの渋滞時に、車線を逸脱しないようステアリング操作をアシストする「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」が新たに採用された。
予防安全装備も強化されており、高速道路などでの渋滞時に、車線を逸脱しないようステアリング操作をアシストする「トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)」が新たに採用された。拡大
これも新採用となる「急アクセル抑制機能」。ペダルの踏み間違いを検知するとエンジンの出力をアイドリング状態に保ち、急加速を抑制するというもの。既存の「誤発進抑制機能」とは違い、自車の進行方向に障害物がなくても作動する。
これも新採用となる「急アクセル抑制機能」。ペダルの踏み間違いを検知するとエンジンの出力をアイドリング状態に保ち、急加速を抑制するというもの。既存の「誤発進抑制機能」とは違い、自車の進行方向に障害物がなくても作動する。拡大
便利で、取り回しがしやすく、そこそこの走破性も併せ持った4WDの「フィット クロスター」。こうした機能を求める向きには、普段使いのよき道具となってくれることだろう。
便利で、取り回しがしやすく、そこそこの走破性も併せ持った4WDの「フィット クロスター」。こうした機能を求める向きには、普段使いのよき道具となってくれることだろう。拡大
ホンダ・フィットe:HEVクロスター
ホンダ・フィットe:HEVクロスター拡大
 
ホンダ・フィットe:HEVクロスター(4WD)【試乗記】の画像拡大
 
ホンダ・フィットe:HEVクロスター(4WD)【試乗記】の画像拡大
 
ホンダ・フィットe:HEVクロスター(4WD)【試乗記】の画像拡大

テスト車のデータ

ホンダ・フィットe:HEVクロスター

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4095×1725×1570mm
ホイールベース:2530mm
車重:1280kg
駆動方式:4WD
エンジン:1.5リッター直4 DOHC 16バルブ
モーター:交流同期電動機
エンジン最高出力:106PS(78kW)/6000-6400rpm
エンジン最大トルク:127N・m(13.0kgf・m)/4500-5000rpm
モーター最高出力:123PS(90kW)/3500-8000rpm
モーター最大トルク:253N・m(25.8kgf・m)/0-3000rpm
タイヤ:(前)185/60R16 86H/(後)185/60R16 86H(ダンロップ・エナセーブEC300+)
燃費:24.2km/リッター(WLTCモード)
価格:262万0200円/テスト車=296万2300円
オプション装備:ボディーカラー<フィヨルドミスト・パール&ブラック>(8万2500円)/Honda CONNECTディスプレイ+ETC2.0車載器(19万8000円) ※以下、販売店オプション フロアカーペットマット<プレミアムタイプ>(2万8600円)/ドライブレコーダー<DRH-224SDフロント用>(3万3000円)

テスト車の年式:2022年型
テスト開始時の走行距離:1460km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(3)/高速道路(6)/山岳路(1)
テスト距離:304.5km
使用燃料:18.0リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:16.9km/リッター(満タン法)/17.9km/リッター(車載燃費計計測値)

 
ホンダ・フィットe:HEVクロスター(4WD)【試乗記】の画像拡大

◇◆こちらの記事も読まれています◆◇

ホンダ・フィットe:HEV RS(FF)/e:HEVリュクス(FF)/e:HEVクロスター(4WD)【試乗記】
ホンダが「フィット」をマイナーチェンジ 走りのグレード「RS」を新規設定【ニュース】
アナタだって事故を起こすかも…… トヨタとホンダが実装する「急アクセル抑制機能」の有効性【デイリーコラム】

渡辺 敏史

渡辺 敏史

自動車評論家。中古車に新車、国産車に輸入車、チューニングカーから未来の乗り物まで、どんなボールも打ち返す縦横無尽の自動車ライター。二輪・四輪誌の編集に携わった後でフリーランスとして独立。海外の取材にも積極的で、今日も空港カレーに舌鼓を打ちつつ、世界中を飛び回る。

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ホンダ フィット の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。