独BMW、「1シリーズ」に3ドア仕様を追加

2012.05.22 自動車ニュース

独BMW、「1シリーズ」に3ドア仕様を追加

独BMWは、ライプチヒモーターショー(会期は2012年6月2日から6月10日まで)で小型ハッチバックモデル「1シリーズ」の3ドア仕様を発表する。

■最上級に320psの「M135i」

これまで5ドアしか用意されなかった「BMW 1シリーズ」に3ドア仕様が加わる。スタイリングは5ドアに準じるが、サイドウィンドウ・グラフィックがクーペのような伸びやかな曲線を描くものに改められたため、スポーティーな印象がより強められた。ボディーサイズは、5ドア仕様よりわずかに小さい全長×全幅×全高=4324×1765×1421mm。ホイールベースは共通の2690mm。

エンジンラインナップも見直される。ガソリンエンジンは、1.6リッターターボが「114i」(102ps)と「116i」(136ps)となり、その上位に2リッターターボの「125i」(218ps)が用意される。

さらにその上に、2012年のジュネーブショーで公開された3リッター直6ターボ搭載の「M135i」が設定される。320psを発生し、0-100km/h:5.1秒(8段ATは4.9秒)の動力性能を誇るという。

(webCG 竹下)

「BMW M135i」
「BMW M135i」 拡大
「BMW M135i」
「BMW M135i」 拡大
「BMW M135i」の3リッター直6ターボエンジン。
「BMW M135i」の3リッター直6ターボエンジン。 拡大
「BMW 1シリーズ」3ドア
「BMW 1シリーズ」3ドア 拡大
「BMW 1シリーズ」3ドア
「BMW 1シリーズ」3ドア 拡大

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.29 試乗記 「2シリーズ グランクーペ」は、前輪駆動プラットフォームをベースに開発されたBMW初のコンパクト4ドアクーペ。最高出力306PSを誇るパワーユニットと4WDを組み合わせた「M235i xDrive」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • BMW X6 xDrive35d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.15 試乗記 SUVに流麗なクーペスタイルを組み合わせたクロスオーバーSUVの先駆け「BMW X6」がフルモデルチェンジ。最高出力265PSの3リッター直6ディーゼルターボを搭載する「xDrive35d Mスポーツ」に試乗し、多くのフォロワーを生み出した人気の秘密を探った。
  • BMW M235i xDriveグランクーペ(4WD/8AT)/220dグランクーペ(FF/8AT)【海外試乗記】 2020.2.27 試乗記 2020年春に日本の道を走り始めるBMWのニューモデル「2シリーズ グランクーペ」。コンパクトな4ドアクーペの走りには、どんな特徴があるのか? 駆動方式やパワーユニットの異なる2モデルにポルトガルで試乗した。
ホームへ戻る