日産、軽自動車「モコ」の燃費を向上し発売

2012.05.15 自動車ニュース

日産、軽自動車「モコ」の燃費を向上し発売

日産自動車は、エンジンとCVTの効率を高めるなど「モコ」の燃費を向上し、2012年5月15日に発売した。

「モコ」は、日産がスズキよりOEM供給を受ける軽ハイトワゴン車。
今回、エンジンとCVTの効率がさらに高められ、「X」「S」グレードの燃費が23.2km/リッターに向上した。また、「Xアイドリングストップ」では、停車直前の減速時(9km/h以下)からエンジンを停止する新アイドリングストップシステムの採用などにより、燃費が27.2km/リッターに向上している。
あわせて、アイドリングストップシステムの搭載グレードを拡大。従来の「Xアイドリングストップ」に加え「Sアイドリングストップ」を新たに設定し、両グレードには専用ボディーカラーとしてホワイトミントを新採用した。

価格は、「S」の108万9900円から「G FOURオーディオ&バックビューモニター付」の152万1450円まで。

なお、今回の「モコ」の一部改良に合わせ、日産自動車の関連会社オーテックジャパンが手掛ける特別仕様車「エアロスタイル」も燃費が向上。「Sアイドリングストップ」をベース車とした「エアロスタイル」も新たに加わり、同日、販売が開始された。

こちらの価格は、「Sアイドリングストップ エアロスタイル」の128万9400円から「G FOURエアロスタイル オーディオ&バックビューモニター付」の171万450円まで。

(webCG)

「日産モコ Sアイドリングストップ」
「日産モコ Sアイドリングストップ」 拡大

関連キーワード:
モコ, 日産, 自動車ニュース

日産 モコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 「日産デイズ」一部仕様変更で燃費が向上
    2014.7.3 自動車ニュース 日産自動車は2014年7月3日、軽乗用車「デイズ」の一部仕様を変更し、販売を開始した。
  • ホンダN-WGN L・Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2019.10.24 試乗記 ホンダの軽シリーズの中で、かつてはそれほど目立たなかった「N-WGN」。どこか懐かしいデザインをまとう2代目は、さまざまなユーザーニーズに応えられる、極めて商品力の高い軽乗用車に仕上がっていた。
ホームへ戻る