「フェラーリ・カリフォルニアHS」が日本上陸

2012.04.27 自動車ニュース

フェラーリ、「カリフォルニア ハンドリング スペチアーレ」を本邦初公開

2012年3月のジュネーブモーターショーで発表された「フェラーリ・カリフォルニア ハンドリング スペチアーレ」が日本に上陸し、同年5月6日まで東京・南青山のカッシーナ・イクスシー青山本店で展示されている。

2012年3月のジュネーブショーで公開された「フェラーリ・カリフォルニア」は、さまざまな点で進化を遂げている。

まず、4.3リッターのV8エンジンの最高出力が、新型エキゾーストマニフォールドの採用とECUマッピングの変更によって30ps強化の490psとされた。また、シャシーとボディーを構成するアルミの製造技法と組み立て技術の見直しにより、車重が30kg減の1830kgに抑えられた。これらのおかげで動力性能が改善され、0-100km/h加速が0.2秒短縮の3.8秒となった。

今回公開されているのは、この新型カリフォルニアに、ハンドリング性能を高めるパッケージオプションを組み込んだ「ハンドリング スペチアーレ」と呼ばれるモデルである。磁性流体ダンパー、標準型より硬めのスプリング、ギア比が約10%速められたステアリングギアなどを装備し、運動性能が高められているだけでなく、グランドツアラーとしての快適性も確保されているという。日本仕様は20インチホイールが標準で装着される。

車両価格は、標準型のフェラーリ・カリフォルニアが2390万円で、同ハンドリング スペチアーレ仕様が2480万円。2012年5月6日まで、東京・南青山にある高級家具輸入販売店、カッシーナ・イクスシー青山本店で展示されている。

(webCG 竹下)

フェラーリ・カリフォルニア ハンドリング スペチアーレ
フェラーリ・カリフォルニア ハンドリング スペチアーレ 拡大

「フェラーリ・カリフォルニアHS」が日本上陸の画像 拡大

「フェラーリ・カリフォルニアHS」が日本上陸の画像 拡大

関連キーワード:
カリフォルニア, フェラーリ, 自動車ニュース

フェラーリ カリフォルニア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【試乗記】 2018.12.10 試乗記 車名の「ポルトフィーノ」とは、地中海を臨むイタリアの高級リゾート地にちなんだもの。前身である「カリフォルニア」から10年、車名も新たに進化したリトラクタブルハードトップを持つフェラーリのその名に敬意を払い、海沿いのルートに連れ出してみた。
  • フェラーリ・ポルトフィーノ(FR/7AT)【海外試乗記】 2018.3.7 試乗記 フェラーリの新しいV8GT「ポルトフィーノ」に南イタリアで試乗した。この「カリフォルニアT」の後継モデルは、グランツーリスモとして一段と洗練されていただけでなく、跳ね馬の名に恥じない熱い走りを備えていた。
  • 東京オートサロン2020展示車両(その11) 2020.1.12 画像・写真 日本車ベースのカスタマイズカーが数多く出展される東京オートサロン。しかしその中にあっても、イタリアンスーパーカーは特別な存在として来場者の視線を集めていた。大口径ホイールでカスタマイズされたTWSブースのフェラーリを写真で紹介する。
  • 第160回:ローマが800万円になる日 2020.1.28 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第160回は「ローマが800万円になる日」。フェラーリの新型FRスポーツ「ローマ」は“買い”なのか!? ドルチェヴィータの世界観を現代流に解釈し直したという、その流麗なデザインに惹かれた筆者が出した答えとは?
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
ホームへ戻る