ダイハツ・ミラ ココア/ムーヴコンテが燃費向上

2012.04.09 自動車ニュース

「ダイハツ・ミラ ココア/ムーヴコンテ」の燃費が向上

ダイハツ工業は、軽乗用車「ミラ ココア」「ムーヴコンテ」の仕様を一部変更し、2012年4月9日に発売した。

今回、「ミラ ココア」「ムーヴコンテ」のエンジンが、燃費にすぐれる「ミラ イース」と同じものに変更された。

さらに、車速が7km/h以下になるとエンジンを“早止め”するアイドリングストップ機構「新eco IDLE」や、減速エネルギーの回生機能「エコ発電制御」なども採用され、JC08モードの燃費値は、自然吸気のFF車で26.0km/リッター(10・15モードでは27.5km/リッター)に向上した。

このうち、「ミラ ココア」については、以下の変更も加えられた。

・グリル、バンパーコーナー、フォグランプ(「プラス」のみ)のメッキ加飾(「L」を除く)
・リヤコンビランプのクリアクリスタル化
・リヤコンビランプ、ハイマウントストップランプのLED化
・「プラスG」に、バックモニター付きナビと花粉除去機能付きプラズマクラスターを標準装備
・マルチインフォメーションディスプレイを全車に標準装備
・新たなボディーカラー「ムースピンクパール」を設定

シリーズ全体の価格は、「ミラ ココア」が「L」(FF/CVT)の113万円から「プラスG」(4WD/CVT)の151万7000円までで、「ムーヴコンテ」が「L」(FF/CVT)の112万円から「カスタムRS」(4WD/CVT)の161万1000円まで。

(webCG 関)

「ダイハツ・ミラ ココアX」
「ダイハツ・ミラ ココアX」 拡大
「ダイハツ・ムーヴコンテL」
「ダイハツ・ムーヴコンテL」 拡大

関連キーワード:
ミラココア, ムーヴコンテ, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ ミラココア の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ホンダN-ONE RS(FF/6MT)【試乗記】 2021.3.3 試乗記 ボディーパネルの大半をキャリーオーバーという前代未聞のフルモデルチェンジを果たした「ホンダN-ONE」。となると、中身のブラッシュアップに相当な熱意が込められていると考えるのが自然だろう。新規設定されたターボエンジン×6段MT仕様に試乗した。
  • メルセデスAMG GLA45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.1 試乗記 CセグメントのSUVをベースに、メルセデスAMGが徹底的に走りを突き詰めた「メルセデスAMG GLA45 S 4MATIC+」。421PSの高出力ターボエンジンと専用チューニングのシャシーを備えたハイパフォーマンスモデルは、好事家の心をくすぐるトガった一台に仕上がっていた。
  • スバル・フォレスター スポーツ(4WD/CVT)【試乗記】 2021.2.22 試乗記 「スバル・フォレスター」に先代モデル以来となるターボエンジン搭載車が復活。「スポーツ」を名乗る新グレードは、専用セッティングのサスペンションなども備えた新たな最上級モデルでもある。その仕上がりを箱根のワインディングロードで試した。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
ホームへ戻る