ロールス・ロイスにもピンクの特別仕様車?

2013.04.16 自動車ニュース

ロールス・ロイスにもピンクの特別仕様車?

英ロールス・ロイスは2013年4月15日、乳がんケア支援プロジェクトをサポートするために、ピンクにコーディネートした特別仕様の「ゴースト エクステンデッドホイールベース」を製作したことを発表した。

このピンクに塗られた特別仕様の「ゴースト エクステンデッドホイールベース」は、イギリスのラジオDJ兼テレビ司会者のクリス・エバンス氏が提唱する乳がんケア支援プロジェクト「FAB1ミリオン」をサポートするために作られたもの。この車両をレンタルすることにより、総額で100万ポンド(約1億5000万円)の資金調達を目標としている。

製作したのはロールス・ロイスのビスポーク部門。外装が乳がん支援のシンボルカラーであるピンクになるだけでなく、レザートリムの一部や専用傘にまでピンクが用いられる。各シートのヘッドレストには、乳がん支援のモチーフであるピンクリボンがあしらわれる。

また同時に、1960年代のイギリスのSF人形劇『サンダーバード』のキャラクター、レディー・ペネロープの愛車であるピンクのロールス・ロイス「FAB1」にひっかけている。

(webCG)

乳がん支援プロジェクトのために作られたピンクの「ゴースト エクステンデッドホイールベース」。
乳がん支援プロジェクトのために作られたピンクの「ゴースト エクステンデッドホイールベース」。 拡大
サイドシルに「FAB1」のプレート。
サイドシルに「FAB1」のプレート。 拡大
インテリアにもピンクがあしらわれる。
インテリアにもピンクがあしらわれる。 拡大
ドアに収納される専用傘もピンクにコーディネート。
ドアに収納される専用傘もピンクにコーディネート。 拡大

関連キーワード:
ゴースト, ロールス・ロイス, ロールスロイス, -->, 自動車ニュース

ロールス・ロイス ゴースト の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ロールス・ロイス・ゴースト 2020.10.5 画像・写真 “史上最も成功したロールス・ロイス”こと「ロールス・ロイス・ゴースト」がフルモデルチェンジ。2020年9月1日に発表された新型が、早くも日本で初公開された。従来モデルからすべてが刷新された新しいゴーストの姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • ロールス・ロイスが初の電気自動車「スペクター」を発表 2021.10.1 自動車ニュース 英ロールス・ロイス・モーター・カーズは2021年9月29日(現地時間)、同ブランド初の電気自動車「Spectre(スペクター)」を2023年の第4四半期に発売すると発表した。ロールス・ロイスでは2030年までに全モデルを完全電動化する予定だ。
  • ロールス・ロイス・ファントム エクステンデッドホイールベース(FR/8AT)【試乗記】 2018.4.30 試乗記 押しも押されもしない英国の名門、ロールス・ロイス。そのラインナップの頂点に君臨するのが、1925年からの伝統を受け継ぐハイエンドモデル「ファントム」である。8代目となる最新型の試乗を通し、このクルマだけが持ち合わせる無二の世界観に触れた。
  • ロールス・ロイス・ゴースト(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.14 試乗記 2009年に誕生し、ロールス・ロイス史上最高のセールスを記録してきた「ゴースト」。「先代から継承したのはマスコットと傘くらい」という新型は、確かに、既存のロールス・ロイス車とは一線を画す走りを味わわせてくれた。
  • メルセデス・マイバッハGLS600 4MATIC(前編) 2021.10.14 谷口信輝の新車試乗 「メルセデス・ベンツの最新技術とマイバッハブランドのラグジュアリーを融合させた」とうたわれる新型SUVと、レーシングドライバー谷口信輝がご対面。まず、こだわりの車内に乗り込んでみての印象は?
ホームへ戻る