ボルボV40クロスカントリー T5 AWD、発売

2013.05.07 自動車ニュース
ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(写真は欧州仕様車)
ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(写真は欧州仕様車) 拡大

「ボルボV40クロスカントリー T5 AWD」発売

ボルボ・カー・ジャパンは2013年5月7日、新型ハッチバックモデル「V40クロスカントリー T5 AWD」の販売を開始した。

 

ボルボの「V40クロスカントリー T5 AWD」は、2013年2月に発売されたコンパクトハッチバック「V40」の派生モデル。
アウトドアテイストを散りばめた外観が特徴で、具体的には、専用デザインのバンパーやスキッドプレート、ハニカムメッシュタイプのグリル、ルーフレールなどを装備する。ボディーサイズは、全長×全幅×全高=4370×1800×1470mm。ノーマルの「V40」より30mm背の高いSUV風のルックスながら、多くのタワーパーキングに対応できる点も、セリングポイントとなっている。

エンジンは、213ps/6000rpmと30.6kgm/2700-5000rpmを発生する2リッター直5ターボのみ。6段ATを介して4輪を駆動する。アイドリングストップ機構やブレーキエネルギー回生機構も備わり、燃費(JC08モード)は12.4km/リッターを記録する。

安全装備も充実しており、前方の障害物を感知して衝突を未然に回避、または衝突被害を軽減する安全装備「シティ・セーフティ」が標準で備わるほか、歩行者を検知できる自動ブレーキシステムなどのセットオプションや「歩行者エアバッグ」も用意される。

選べるボディーカラーは13色。価格はベーシックな「V40 T4」(269万円)よりも90万円高の359万円となっている。

(webCG)

→「ボルボV40 Cross Country T5 AWD」のさらに詳しい写真はこちら

関連キーワード:
V40クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40クロスカントリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • ボルボV40クロスカントリー T5 AWD(4WD/8AT)【試乗記】 2015.4.27 試乗記 ボルボのクロスオーバーモデル「V40クロスカントリー T5 AWD」に新たなパワートレインが投入された。その走りは、どう変わったのか? ワインディングロードで試した。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • ボルボXC40 B5 AWD R-DESIGN(4WD/8AT)【試乗記】 2020.9.16 試乗記 ボルボの電動化戦略の一翼を担う、SUV「XC40」のマイルドハイブリッドモデル。“エコ”ゆえにおとなしいキャラクターかと思いきや、その走りは驚くほどファン・トゥ・ドライブに満ちていた。
  • 「ボルボV40/V40クロスカントリー」がマイナーチェンジ 2016.7.5 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2016年7月5日、マイナーチェンジを施した「V40」「V40クロスカントリー」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。
ホームへ戻る