クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第2回:北の大地をボルボで駆ける

象徴的なボルボ 2013.12.27 「ボルボV40」を知る。見る。語る。 スタイル自慢の「ボルボV40」シリーズの中でも、とりわけ印象的な「V40クロスカントリー」。では、走りの質はどうなのか? 雪景色の北海道で試した。

ワイルドなイケメン

編集部から「冬の北海道でボルボに試乗しませんか?」とのオファー。いつもならふたつ返事で引き受けるところだが、スノードライブにいまひとつ自信のない私は少し躊躇(ちゅうちょ)した。でも、「クルマは『V40クロスカントリー』です」と聞いて、すぐに不安は解消。北海道でのテストドライブが待ち遠しくなった。

「クロスカントリー」という名前からして、いかにも悪路や雪道に強そうなクルマであるが、同社の「XC60」や「XC90」のようなSUVとは異なり、「V40」をSUVスタイルに仕立て上げた“クロスオーバー”というのがこのクルマの位置づけ。そう書くと、V40クロスカントリーがなんだか頼りなく思えるかもしれないが、実際はその反対で、内容を知れば知るほどこのクルマの魅力が見えてくる。

まずはエクステリア。スタイリッシュなデザインで人気を集めることになったV40だが、このV40クロスカントリーにはワイルドさが加わっている。例えば、フロントバンパーは、クロスカントリー専用にハニカムメッシュグリルが与えられただけでなく、バンパー形状そのものが見直されていて、力強い印象を与えているし、「CROSS COUNTRY」の文字が刻まれたリアバンパーや専用のルーフレール、標準モデルより30mm高められた全高が、このクルマの存在感を高めている。なかなかの男前である。

それ以上に注目したいのは、V40クロスカントリーの中身だ。

日本では2013年5月に発売された「V40クロスカントリー T5 AWD」。コンパクトハッチバック「V40」をベースに、アウトドアテイストを加えたエクステリアが特徴的。
日本では2013年5月に発売された「V40クロスカントリー T5 AWD」。コンパクトハッチバック「V40」をベースに、アウトドアテイストを加えたエクステリアが特徴的。 拡大
インテリアの様子。「カッパードーンアルミニウム・パネル」と呼ばれる赤銅色のセンターパネル(写真)は、ほかにも、ウッドやアルミなど3タイプが用意される。
インテリアの様子。「カッパードーンアルミニウム・パネル」と呼ばれる赤銅色のセンターパネル(写真)は、ほかにも、ウッドやアルミなど3タイプが用意される。 拡大
フロントまわりは、ブラックのバンパーやハニカムメッシュのグリルが、標準の「V40」との相違点。
フロントまわりは、ブラックのバンパーやハニカムメッシュのグリルが、標準の「V40」との相違点。 拡大
「CROSS COUNTRY」のロゴが添えられる、専用デザインのリアスキッドプレート。タフなイメージを演出するだけでなく、車体防護の役割も果たすという。
「CROSS COUNTRY」のロゴが添えられる、専用デザインのリアスキッドプレート。タフなイメージを演出するだけでなく、車体防護の役割も果たすという。 拡大

余裕と魅惑の5気筒ターボ

クロスオーバーといっても、駆動方式はベースモデルと同じFFまたはFRのまま、ということが多いなかで、このV40クロスカントリーはきちんと4WD化されているのがうれしいところ。横置きエンジンのFFを、最新世代のハルデックスカップリングによってフルタイム4WDに仕立て上げているのだ。

エンジンは、標準のV40 T4が1.6リッター直列4気筒直噴ターボを搭載するのに対し、このV40クロスカントリーには最高出力213ps、最大トルク30.6kgmの2リッター直列5気筒ターボを採用する。トルコン式の6段オートマチックトランスミッションが組み合わされるのも、V40 T4とは異なるところだ。

スペックを眺めているだけでも楽しいが、実際に運転しても期待どおりのパフォーマンスを見せてくれた。1.6リッターでも十分な低速トルクを発生するだけに、この2リッターは余裕たっぷり。アクセルペダルを軽く踏むだけで、車両重量1580kgのV40クロスカントリーを軽々と発進させるし、一般道を流すような場面でも、アクセルペダルにのせた右足にじわりと力をこめるだけで、必要な加速が得られるのだ。雪道では大トルクが仇(あだ)になることがあるが、4WDのV40クロスカントリーでは、エンジンのトルクが適切に4輪に配分されるため、よほど乱暴にアクセルペダルを踏み込まないかぎり、5気筒ターボのトルクを持て余すことはない。

一方、ドライ路面の高速道路では、5気筒ならではの爽快さを楽しむことができる。追い越しの場面で勢いよく加速しようとすると、5気筒独特のサウンドと緻密なフィーリングがなんとも魅惑的。それを味わえるだけでも、このクルマを手に入れる価値はある!?

 
第2回:北の大地をボルボで駆けるの画像 拡大
ターボで過給される、2リッター直5エンジン。アイドリングストップ機構も備わる。
ターボで過給される、2リッター直5エンジン。アイドリングストップ機構も備わる。 拡大
「V40クロスカントリー」には、ダークグレーの17インチアルミホイールが標準で与えられる。
「V40クロスカントリー」には、ダークグレーの17インチアルミホイールが標準で与えられる。 拡大

荷室の容量は、後席を前方に倒すことで拡大可能。助手席まで倒せば、さらなる長尺物の積載にも対応できる。
(画像をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます)


	荷室の容量は、後席を前方に倒すことで拡大可能。助手席まで倒せば、さらなる長尺物の積載にも対応できる。
	(画像をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます)
	拡大

独自の個性は長所が勝る

ちなみに、今回の試乗では659kmを走り、うち燃費をチェックした488kmで、ドライブコンピューター、満タン法ともに10.1km/リッターの数値を記録した。平均速度38km/h、大部分が雪道でスタッドレスタイヤ装着という走行条件を思うと、期待以上の好燃費である。

ところで、“クロスオーバー化”は、V40クロスカントリーの走りにどう影響したのだろうか? V40に対して全高が少し高くなったV40クロスカントリーは、厳密にいうならV40に比べて横方向の揺れが気になることがあるし、それを抑えるためか、乗り心地も多少硬めにしつけられている。しかし、それはあくまで比較級の話であり、高速走行時の安定感は十分で、乗り心地も十分フラット。おかげで快適なドライブが楽しめた。

高いといっても全高は1470mmに過ぎず、宿泊先のパーキングで入庫を拒まれることがないのも、このクルマのうれしいところ。これなら、タワーパーキングなどで全高1550mmの制限を突きつけられる都会でも、困ることはない。ということで、クロスオーバー化で失ったものは見あたらないというのが結論だ。

一方、キャビンは、V40の上級グレードに位置づけられるV40クロスカントリーだけに上質で心地よく、長く付き合ううえでも見どころが多い。さらに、2013年12月からは従来オプション扱いだった「セーフティ・パッケージ」が標準化されて、ますます魅力的になったV40クロスカントリー。輸入Cセグメントにライバルは多いが、その内容と369万円という価格を考えると、ずぬけた存在ということができる。2013年はボルボ復権の年になったが、それを象徴するのが、このV40クロスカントリーではないだろうか。

(文=生方 聡/写真=郡大二郎)

 
第2回:北の大地をボルボで駆けるの画像 拡大
オプション「レザー・パッケージ」を選択した、テスト車の後席。表皮の色は「ブロンド」(写真)のほか、「チャコール」が用意される。中央席の前端には、収納式のカップホルダーも備わる。
オプション「レザー・パッケージ」を選択した、テスト車の後席。表皮の色は「ブロンド」(写真)のほか、「チャコール」が用意される。中央席の前端には、収納式のカップホルダーも備わる。 拡大
「V40クロスカントリー」には、デジタルカメラやミリ波レーダーを使った衝突回避システムが与えられる。「全車速追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」や「LKA(レーン・キーピング・エイド)」などの機能も、標準で備わる。
「V40クロスカントリー」には、デジタルカメラやミリ波レーダーを使った衝突回避システムが与えられる。「全車速追従機能付きACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」や「LKA(レーン・キーピング・エイド)」などの機能も、標準で備わる。 拡大
 
第2回:北の大地をボルボで駆けるの画像 拡大

テスト車のデータ

ボルボV40クロスカントリー T5 AWD

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4370×1800×1470mm
ホイールベース:2645mm
車重:1580kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直5 DOHC 20バルブターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:213ps(157kW)/6000rpm
最大トルク:30.6kgm(300Nm)/2700-5000rpm
タイヤ:(前)225/50R17 98H/(後)225/50R17 98H(ミシュランX-ICE XI3)
燃費:12.4km/リッター(JC08モード)
価格:369万円/テスト車=419万円
オプション装備:車体色<クリスタルホワイトパール>(10万円)/ナビゲーション・パッケージ(20万円)/レザー・パッケージ(20万円)

テスト車の年式:2014年型
テスト車の走行距離:33km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:659km
使用燃料:48.3リッター(燃費計測区間488.2kmに対し)
参考燃費:10.1km/リッター(満タン法)/10.1km/リッター(車載燃費計計測値)

→ボルボV40クロスカントリー T5 AWD オフィシャルサイト

ボルボV40クロスカントリー T5 AWD
ボルボV40クロスカントリー T5 AWD 拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ボルボ の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。