トヨタ・エスティマ仕様変更 特別仕様車も

2013.05.07 自動車ニュース
特別仕様車「エスティマ 2.4アエラス“Premium Edition”」
特別仕様車「エスティマ 2.4アエラス“Premium Edition”」
    拡大

トヨタ・エスティマ仕様変更 特別仕様車も

トヨタ自動車は、ミニバン「エスティマ」シリーズの一部仕様を変更。併せて特別仕様車を設定し、2013年5月7日に発売した。

「エスティマハイブリッド アエラス」
「エスティマハイブリッド アエラス」
    拡大

今回の仕様変更で、「エスティマ」シリーズ全車に、脱臭機能を追加したクリーンエアフィルターが与えられた。さらに、車両周辺の俯瞰(ふかん)映像を表示して安全運転をサポートする「パノラミックビューモニター」や、クリアランスソナー、バックソナーもオプション設定された。

「エスティマ」の価格は、「X」(2.4リッター/8人乗り)の275万円から「アエラス“レザーパッケージ”」(3.5リッター/7人乗り)の394万1000円まで。
「エスティマハイブリッド」の価格は、「X」(8人乗り)の379万円から「アエラス“レザーパッケージ”」(7人乗り)の507万円まで。

同時に特別仕様車「エスティマ 2.4アエラス“Premium Edition”」「エスティマハイブリッド アエラス“Premium Edition”」も発売された。
ベースモデルはそれぞれ「エスティマ アエラス」(2.4リッター/7人乗り)と「エスティマハイブリッド アエラス」(7人乗り)で、メッキで飾られるバックドアガーニッシュや、サテン調シルバー加飾モール付きのフロントドアアームレスト、各ドア部分のソフトレザートリムなどが特徴となっている。

価格は、「エスティマ 2.4アエラス“Premium Edition”」がベースモデルより8万円高の309万円で、「エスティマハイブリッド アエラス“Premium Edition”」は同3万8000円高の410万円。

(webCG)

関連キーワード:
エスティマ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ エスティマ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • ホンダ・フリード ハイブリッドEX/トヨタ・シエンタ ハイブリッドG 6人乗り【試乗記】 2017.2.6 試乗記 小さな車体で、みんなで乗れて、いろいろな物が積み込める――欲張りなニーズに応える人気のコンパクトミニバン、「トヨタ・シエンタ」と「ホンダ・フリード」を乗り比べ、それぞれの個性を浮き彫りにした。
  • トヨタ・ヴォクシー ハイブリッドV 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.10 試乗記 ありそうでなかった、「ノア/ヴォクシー」のハイブリッドモデル。先ほど新たに加わったハイブリッド仕様は、ベストセラーミニバンの“足どり”をどう変える? ヴォクシー ハイブリッドの最上級グレード「V」に試乗した。
  • ミツオカ・バディ 2020.10.29 画像・写真 光岡自動車は2020年10月29日、新型車「Buddy(バディ)」のデザインを初公開した。バディはミツオカにとって初のSUVであり、「自然体でサラリと乗りこなせる相棒」というコンセプトのもとに開発されたという。正式発表を前に公開された同車の姿を、写真で紹介する。
ホームへ戻る