クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第191回:これが最新の「ウニモグ」だ! ~“はたらくクルマ”のイマをリポート

2013.06.22 エディターから一言
2013年4月にデビューした新型「ウニモグ」。写真は、ドイツ本国の発表会に展示された多目的作業型「U423」。
2013年4月にデビューした新型「ウニモグ」。写真は、ドイツ本国の発表会に展示された多目的作業型「U423」。
    拡大

独ダイムラーが手がける作業用トラック「ウニモグ」が、久々にフルモデルチェンジ。“はたらくクルマ”の代名詞は、どんな進化を遂げたのか? 発表会の様子や関連施設の情報とともに紹介する。

こちらは、先代のコンパクトウニモグ「U20」。
こちらは、先代のコンパクトウニモグ「U20」。
    拡大
同じく先代の「U400」。写真のように、アタッチメント(例:草刈り機)を装着して作業を行う。
同じく先代の「U400」。写真のように、アタッチメント(例:草刈り機)を装着して作業を行う。
    拡大
今回の新型発表に先立ち、2011年にはコンセプトモデル「60thコンセプト」も発表された。
今回の新型発表に先立ち、2011年にはコンセプトモデル「60thコンセプト」も発表された。
    拡大
「60thコンセプト」のリアビュー。作業用車とは思えぬ、未来的なエクステリアをまとう。
「60thコンセプト」のリアビュー。作業用車とは思えぬ、未来的なエクステリアをまとう。
    拡大

進化を続ける“動力装置”

トラックやバスなど、ひと口に「はたらくクルマ」といっても、ジャンルやサイズ、用途はさまざま。車種名を聞いても、即座に思い浮かばないようなクルマだって多いと思う。しかし、はたらくクルマに特別な興味がなくとも、ちょっとしたクルマ好きなら「ウニモグ」という名前はご存じだろう。「あぁ、高速道路や工事の現場で見かけたことのある、黄色くて丸っこいやつかな……」と、思い出す人もいるのではないだろうか。

2013年4月19日、ウニモグは大規模なモデルチェンジを実施、新型モデルがデビューした。
ウニモグとはドイツ語の「Universal Motor Gerät」の頭文字部分をつなげて読んだもので、直訳すると「多目的動力装置」という意味だ。誕生したのは第二次大戦の終戦から間もない1951年。エンジンの出力を車外に取り出す機構「PTO(パワーテイクオフ)」を備えており、それを利用した作業用アタッチメントを使って、丘陵地帯の田畑で作られた農作物を引き上げ、そのまま荷台へと積み込み、アウトバーンを走って市場へと運ぶための道具として開発された。そのため、初期モデルから車体の前後左右には、さまざまな作業機器を駆動させるためのPTOを装備しており、泥濘(でいねい)地や丘陵地帯でも走行できるよう総輪駆動が採用されたのである。

誕生から60年を迎えた2011年には“ウニモグの未来像”を提案したコンセプトモデルも発表されており、熱狂的ファンの間では次期モデルへの期待と興味が高まっていた。さて、フルモデルチェンジを果たした、待望の新型ウニモグとはどのようなクルマ、いや装置で、一体何が進化したのだろうか……?

乗り手にも環境にも優しく

従来モデルでは「U20」と呼ばれるコンパクトウニモグのほか、多目的作業型、高機動型の3シリーズを展開していた。新型ウニモグもこうしたバリエーション展開を継承するが、多目的型と高機動型の2シリーズに統合されている。

多目的型は、細かく分けると「U216」から「U530」まで8モデルが用意され、型式名は、百の位がモデルレンジ、下2桁が出力(馬力)を表す。つまりU216であれば200シリーズの160hp(正確には156hp)仕様ということだ。200番台はエントリーモデル、300/400/500番台はその他多目的型という位置付けで、200番台モデルには5.1リッターの4気筒エンジンが、300~500番台には4気筒と7.7リッターの6気筒が設定される。
高機動型は「U4023」と「U5023」の2モデルが用意され、ともに230hpを発生する直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載する。両モデルにおける大きな相違点はGVW(車両総重量)で、U4023はGVW10.3トン、U5023は14.5トンである。

さて、新型ウニモグにおける最大のトピックは、ヨーロッパにおいて2015年から実施される次世代の環境規制、ユーロ6への対応だ。新型は「クリーンで、より高効率、そしてパワフルに」をコンセプトに掲げており、SCR(尿素触媒装置)、EGR(排ガス再循環装置)、DPF(黒煙除去フィルター)を組み合わせた、メルセデス・ベンツではおなじみのBlueEfficiencyテクノロジーにより、厳しい基準をクリアしている。

エクステリアは、バンパー部分に埋め込まれた丸型ヘッドライト、最新メルセデスの流れをくむグリル形状など、凛々(りり)しくモダンなイメージとなった。
一方、インテリアで重視されたのは「最高の労働環境」。インパネ形状も丸みを帯びたデザインとなり、乗用車と同等の快適装備も与えられている。もはや、人々の手足となって働く装置としても、環境性能をはじめ、全方位において優しさが求められる時代なのである。

新型「ウニモグ」ファミリーのうち、エントリーモデルにあたる「U216」。
新型「ウニモグ」ファミリーのうち、エントリーモデルにあたる「U216」。
    拡大
こちらは高機動型と区分けされる「U5023」。
こちらは高機動型と区分けされる「U5023」。
    拡大
新開発の直4ディーゼル。環境性能の向上がうたわれる。
新開発の直4ディーゼル。環境性能の向上がうたわれる。
    拡大
「U423」のインテリア。手前に見えるステアリングホイールは、作業の状況に応じて、左右に移動させることができる。つまり、右ハンドル車と左ハンドル車、“一台二役”というわけだ。
「U423」のインテリア。手前に見えるステアリングホイールは、作業の状況に応じて、左右に移動させることができる。つまり、右ハンドル車と左ハンドル車、“一台二役”というわけだ。
    拡大

試乗ができる(!)場所もある

さて「大規模なモデルチェンジを実施!」といっても、悲しいかな大きな話題にならないのも、はたらくクルマならでは。日本はもちろん、ヨーロッパにおいても、最大のユーザーは自治体などの公共団体や企業であり、やはり趣味の対象としては、身近な存在ではないのだろう。

一方で、「斜度45度の坂をらくらく登る」「線路上で列車をけん引できる」など、ウニモグにまつわるうわさばなしを聞いたことがあるという人はいるはず。かの地にもこうした特殊性に引かれるマニアが少なからずいるようで、ドイツ本国にはウニモグだけのミュージアムがあり(http://www.unimog-museum.com/)、結構な人気スポットとなっている。

シュトゥットガルトから西に約100キロ、フランス国境にほど近い小さな街ガッゲナウにそのミュージアムはある。「なぜ、そんな田舎町に!?」と思われるかもしれないが、ガッゲナウはウニモグ誕生の地であり、2002年までは生産工場も置かれていた。こうした経緯もあり、2006年にウニモグミュージアムが開設されることになったのだ。

館内の展示スペースに並ぶのはウニモグと派生モデルが約15台という規模だが、プロトタイプや軍用車両、除雪車など、バラエティー豊かなラインナップが顔をそろえる。そして、最大の見どころといえば実車の同乗走行が可能ということ。隣接する敷地あるオフロードコースにおいて専属ドライバーが操るウニモグの助手席に座り、驚くべきパフォーマンスを体験することができるのである。

「名前のとおりウニモグは装置であり、仕事のための道具」と思われるかもしれないが、同乗走行が終わるころには、力強く、頼れる”道具”ならではの魅力に気付くはず。もしもドイツを旅行する機会があったら、ぜひとも訪れていただきたいスポットだ。

(文と写真=村田尚之)

様々なモデルが展示される「ウニモグ・ミュージアム」の内部。先に紹介した「60thコンセプト」の姿も。


    様々なモデルが展示される「ウニモグ・ミュージアム」の内部。先に紹介した「60thコンセプト」の姿も。
    拡大
こちらは、ごく初期の「U25」。除雪に使うアタッチメントを装着している。
こちらは、ごく初期の「U25」。除雪に使うアタッチメントを装着している。
    拡大
大きく傾いた景色は、ウニモグ車内からのもの。ミュージアムにはオフロードコースも備わっており、こうした体験試乗をすることもできる。
大きく傾いた景色は、ウニモグ車内からのもの。ミュージアムにはオフロードコースも備わっており、こうした体験試乗をすることもできる。
    拡大
ミュージアム来場者を歓迎する(?)試乗用の先代「U4000」。
ミュージアム来場者を歓迎する(?)試乗用の先代「U4000」。
    拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。