日産「モコ」の燃費を30.0km/リッターに改善

2013.07.26 自動車ニュース
「日産モコ X」
「日産モコ X」
    拡大

日産「モコ」の燃費を30.0km/リッターに改善

日産自動車は2013年7月26日、軽乗用車「モコ」に改良を実施し、販売を開始した。

「日産モコ X」
「日産モコ X」 拡大
「モコ X」「モコ X FOUR」の14インチアルミホイール。
「モコ X」「モコ X FOUR」の14インチアルミホイール。 拡大
「日産モコ S」
「日産モコ S」 拡大

モコは、日産がスズキからOEM供給を受けている「スズキMRワゴン」の姉妹モデルである。

今回の改良は、同年7月16日に発表されたMRワゴンの改良に準じたもので、減速時に車速が13km/h以下になるとエンジンを停止するアイドリングストップ機構や、蓄冷材を内蔵した空調ユニット、高効率のリチウムイオンバッテリーや高効率、高出力のオルタネーターといった低燃費化技術を導入。FF車では30.0km/リッター(JC08モード)という燃費性能を実現した。

また、「X」「X FOUR」には本革巻きステアリング、6スピーカー、フロントスタビライザー、14インチアルミホイールを、「S」「S FOUR」には新デザインのフルホイールカバーを新たに採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。
・S:116万250円
・S FOUR:127万7850円
・X:126万円
・X FOUR:137万7600円
(オーディオ&バックビューモニター付きは、それぞれ+5万2500円)

(webCG)
 

関連キーワード:
モコ, 日産, 自動車ニュース

日産 モコ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産デイズ 2019.3.28 画像・写真 日産の軽ハイトワゴン「デイズ」が6年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。新型ではパワーユニットやプラットフォームなどを新開発するとともに、先進安全装備なども大幅に強化。標準モデルとスポーティーな「ハイウェイスター」の姿を写真で紹介する。
  • 日産デイズ ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(FF/CVT)【試乗記】 2019.6.17 試乗記 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。スポーティーなルックスの“売れ線”FFトップモデル「ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション」をロングドライブに連れ出し、刷新されたプラットフォームやパワートレインの出来栄えを確かめた。
  • 日産デイズ ハイウェイスター プロパイロットエディション【試乗記】 2019.4.26 試乗記 日産が初めて開発した軽乗用車、新型「デイズ」。ユーザーニーズの徹底調査に、プラットフォームや主要メカニズムの刷新など、根本から改革したと鼻息は荒いが……? その使い勝手や乗り味を、タイプの異なる2車種で確かめた。
  • 開発の決め手は“カバー”にあり!?
    「日産デイズ」の意外なこだわり
    2019.5.17 デイリーコラム 日産が初めて開発を手がけた軽乗用車、新型「デイズ」。その専用仕立てのステアリングホイールは、自動車メーカーとして否定すべき“あのアイテム”を意識して作られたものだった!
  • 日産初の軽はこうして生まれた!
    「デイズ」開発の裏事情を関係者に聞く
    2019.4.19 デイリーコラム 日産と三菱の協業とはいうものの、事実上「初めて日産が開発した軽」として生まれた新型「デイズ」。そこに至る背景や、初の取り組みにおける苦労など、新型軽にまつわる“ここだけの話”をキーマンに聞いた。
ホームへ戻る