「スマート・フォーツーBRABUS」の限定車が登場

2013.08.06 自動車ニュース
フォーツークーペBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド
フォーツークーペBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド 拡大

メルセデス・ベンツ、「スマート・フォーツーBRABUS」の特別限定車を発売

メルセデス・ベンツ日本は2013年8月6日、「スマート・フォーツー」のハイパフォーマンスモデル「BRABUSエクスクルーシブ」に、フルカスタムオーダープログラム「スマートBRABUSテーラーメイド」による特別な内外装を施した日本限定特別仕様車「フォーツークーペBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド」「フォーツーカブリオBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド」を設定し、計220台の台数限定で発売した。

フォーツーカブリオBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド
フォーツーカブリオBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド 拡大
 
「スマート・フォーツーBRABUS」の限定車が登場の画像 拡大
 
「スマート・フォーツーBRABUS」の限定車が登場の画像 拡大
 
「スマート・フォーツーBRABUS」の限定車が登場の画像 拡大

今回の特別仕様車の眼目は、スマートBRABUS社熟練の職人の手になるフルカスタムオーダープログラム「スマートBRABUSテーラーメイド」によって仕上げられた内外装だ。

エクステリアは、BRABUS専用デザインのフロントスポイラー、サイド&リアスカートをはじめ、BRABUSダークヘッドライトユニット、BRABUS 6ツインスポークアルミホイール、センター出しのBRABUSデュアルクロムエキゾーストエンドなどを装備。BRABUS専用デザインを随所に施したアグレッシブなスタイリングに仕立てられている。ボディーカラーにはディープブラックとダークグレーマットの2色が設定される。

インテリアは、シートやダッシュボード、ドアトリムに日本限定仕様となるエクスクルーシブレッドレザーを採用。シート座面とドアトリムセンター部分にはダイヤモンドステッチが施される。また、レブカウンターなど各所に、ボディーと同色のアクセントパーツがあしらわれるほか、シフトパドル付きのBRABUS専用小径ステアリングやアルミと本革のシフトノブなど、BRABUS専用のスポーティーな装備も付与される。

特別装備の詳しい内容は下記の通り。
【エクステリア】
・BRABUS“Monoblock VII”6ツインスポーク アルミホイール&ワイドタイヤ(F:175/50R16、R:225/35R17)
・BRABUSボディー同色スタイリングパッケージ(フロントスポイラー、サイド&リアスカート)
・BRABUSスポーツエキゾーストシステム&デュアルクロムエキゾーストエンド
・BRABUSスポーツサスペンション
・BRABUSダークヘッドライトユニット
・ドアミラーの“smart BRABUS tailor made”エンブレム
・フロント、リア、サイドスカートの“BRABUS”エンブレム
・ボディー同色の専用フロントグリル
・BRABUS LEDブレーキランプ

【インテリア】
・BRABUS本革巻き3スポークスポーツステアリング(シフトパドル、クルーズコントロールスイッチ付き、エクスクルーシブレッドステッチ入り)
・BRABUSエクスクルーシブレッドレザーシート(シートヒーター付き、ダイヤモンドステッチ入り、“BRABUS”エンブレム付き)
・BRABUSエクスクルーシブレッドレザードアトリム(ダイヤモンドステッチ入り)
・BRABUSエクスクルーシブレッドレザーダッシュボード(同色ステッチ入り)
・ボディー同色アクセントパーツ
・BRABUSシフトノブ(アルミ+本革)
・BRABUSメーターパネル(トリップコンピューター付き)
・BRABUSパーキングブレーキハンドル(アルミ+本革)
・BRABUSステンレスアクセル&ブレーキペダル
・BRABUSコックピットクロック&レブカウンター
・グローブボックス(ロック付き)
・BRABUSベロアマット
・アンビエントライト

価格とボディーカラー別の販売台数は以下のように設定されている。
フォーツークーペBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド:292万円
ディープブラック:95台、ダークグレーマット:45台
フォーツーカブリオBRABUSエクスクルーシブ エディション テーラーメイド:306万円
ディープブラック:55台、ダークグレーマット:25台

(webCG)
 

関連キーワード:
フォーツー, フォーツーカブリオ, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 谷口信輝の新車試乗 SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • スマート・フォーフォー パッション(RR/6AT)【試乗記】 2016.1.26 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型スマートシリーズ。その本命ともいえる4人乗りの「フォーフォー」に試乗した。ドイツからやってきた新しいシティーコンパクトは、こんな人にお薦めだ。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • 新型ルノー・ルーテシアの実力を体感
    2020.12.25 欧州でルーテシアが選ばれる理由<AD> 強力なライバルがひしめく激戦の欧州Bセグメント市場で、販売台数6年連続No.1の地位に輝く「ルノー・ルーテシア」。プラットフォームやパワーユニット、そして内外装までを一新したフルモデルチェンジによって、フレンチコンパクトハッチはいかなる進化を遂げたのか。
ホームへ戻る