スバルが「プレオ プラス」を改良、燃費を改善

2013.08.19 自動車ニュース
「スバル・プレオ プラス」
「スバル・プレオ プラス」
    拡大

スバルが「プレオ プラス」を改良、燃費を改善

富士重工業は2013年8月19日、軽乗用車「プレオ プラス」に改良を実施し、販売を開始した。

プレオ プラスはスバルがダイハツ工業からOEM供給を受けている、「ミラ イース」の姉妹モデルである。

今回の改良は、同時に実施されたミラ イースのマイナーチェンジに準じたもので、エンジンの排気再循環システムやアイドリングストップ機構の改良、空気抵抗の低減などにより、燃費性能を向上。FF車で33.4km/リッター(JC08モード)という燃費を実現した。

安全装備も強化しており、急ブレーキ時にハザードランプが自動点滅するエマージェンシーストップシグナルをスバル車として初めて装備したほか、低速域衝突回避支援ブレーキ機能、誤発進抑制制御機能、VDC(ビークルダイナミクスコントロール)などをセットにした「スマートアシスト」を採用した。

ラインナップと価格は以下の通り。

・E:74万5000円
・F:89万円
・Fスマートアシスト:94万円
・L:100万円
・Lスマートアシスト:105万円
・Gスマートアシスト:118万円
・FA(4WD):99万円
・FAスマートアシスト(4WD):104万円
・LA(4WD):110万円
・LAスマートアシスト(4WD):115万円
・GAスマートアシスト(4WD):128万円

(webCG)

 

関連キーワード:
プレオプラス, スバル, 自動車ニュース