スバルが「プレオ プラス」を一部仕様変更 全車にオートライトを標準装備

2020.12.01 自動車ニュース

スバルは2020年12月1日、軽乗用車「プレオ プラス」の一部仕様を変更したと発表した。

プレオ プラスはダイハツからOEM供給を受けてスバルが販売しているモデルで、「ダイハツ・ミラ イース」の姉妹モデルにあたる。今回の仕様変更では、オートライトを全車標準装備とし、夜間の安全性を向上させた。

ラインナップと価格は以下のとおり。

  • F:91万5200円(FF)/104万7200円(4WD)
  • Fスマートアシスト:98万1200円(FF)/111万3200円(4WD)
  • Lスマートアシスト:111万3200円(FF)/124万5200円(4WD)
  • Gスマートアシスト:124万3000円(FF)/137万5000円(4WD)

(webCG)

スバル・プレオ プラス
スバル・プレオ プラス拡大

関連キーワード:
プレオプラス, スバル, 自動車ニュース