トヨタが「カムリ」を一部改良、特別仕様車も

2013.09.02 自動車ニュース
新色のダークブルーマイカを採用した「トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”」
新色のダークブルーマイカを採用した「トヨタ・カムリ ハイブリッド“Gパッケージ”」 拡大

トヨタが「カムリ」を一部改良、特別仕様車も

トヨタ自動車は2013年9月2日、「カムリ」に一部改良を実施。同時に特別仕様車「ハイブリッド“Gパッケージ・PREMIUM BLACK”」を設定し、販売を開始した。

今回の改良では、ボディーカラーにダークブルーマイカを設定したほか、「ハイブリッド“レザーパッケージ”」のインテリアカラーに新色のシェルを追加。また、リアの左右席のシートベルトにプリテンショナー&フォースリミッター機能を採用した。

 

「カムリ ハイブリッド“Gパッケージ・PREMIUM BLACK”」
「カムリ ハイブリッド“Gパッケージ・PREMIUM BLACK”」
    拡大

トヨタが「カムリ」を一部改良、特別仕様車もの画像 拡大

同時に設定されたハイブリッド“Gパッケージ・PREMIUM BLACK”は、専用の仕様や装備で内外装をコーディネートした特別仕様車である。外装にはLEDヘッドランプ(スモーク調エクステンション)や、LEDフォグランプ、スーパークロムメタリック塗装の17インチアルミホイールを装備している。

一方インテリアでは、ファブリックと合成皮革の専用コンビシートや、合成皮革のドアトリムオーナメントとドアアームレストを採用。インストゥルメントパネルやパワーウィンドウスイッチベース、本革巻きの4本スポークステアリングホイールなどにはダークブラウンの木目調加飾を施している。

ラインナップと価格は以下の通り。
・ハイブリッド:305万円
・ハイブリッド“Gパッケージ”:323万円
・ハイブリッド“レザーパッケージ”:383万円
・ハイブリッド“Gパッケージ・PREMIUM BLACK”(特別仕様車):340万円

(webCG)


 

関連キーワード:
カムリ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ カムリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カムリWS(FF/CVT)【試乗記】 2018.11.9 試乗記 10代目「トヨタ・カムリ」の販売開始から1年、新グレードが追加された。“Worldwide Sporty”の頭文字を持つ「WS」がそれだ。北米デビュー当初から設定されている顔を日本向けに新採用したニューフェイスの走りを確かめる。
  • トヨタ、「カムリ」に新グレード「WS」を設定 2018.8.1 自動車ニュース トヨタ自動車は2018年8月1日、ハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良するとともに、新グレード「WS」を設定し、販売を開始した。Worldwide&sportyのイニシャルを取ったWSについては、「エッジの利いたスポーティーなデザインとカムリ本来の上質感を両立させた」とうたわれている。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.15 試乗記 長年にわたって代を重ねてきた、トヨタのFFセダン「カムリ」。「前例のない変革」を掲げて開発された新型は、どんなクルマに仕上がったのか。最上級グレード「G“レザーパッケージ”」に試乗して確かめた。
  • トヨタが「カムリ」を一部改良 デビュー40周年記念の特別仕様車も設定 2020.8.5 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年8月5日、ハイブリッドセダン「カムリ」を一部改良するとともに、同車の誕生40周年を記念した特別仕様車「WS“ブラックエディション”」を設定し、販売を開始した。
  • トヨタ・カローラ ハイブリッドW×B(FF/CVT)【試乗記】 2020.1.24 試乗記 2019年秋の発売以来、好調なセールスが伝えられる12代目の「トヨタ・カローラ」。そのステアリングを握った筆者は、従来モデルとのあまりの違いに大きなショックを受けたのだった。
ホームへ戻る