「BMW 1シリーズ」におしゃれで豪華な限定車

2013.09.05 自動車ニュース
「BMW 116i ファッショニスタ」
「BMW 116i ファッショニスタ」
    拡大

「BMW 1シリーズ」におしゃれで豪華な限定車

BMWジャパンは2013年9月5日、「BMW 1シリーズ」の特別仕様車「116i Fashionista(ファッショニスタ)」を490台限定で発売した。


「BMW 1シリーズ」におしゃれで豪華な限定車の画像 拡大

「BMW 1シリーズ」におしゃれで豪華な限定車の画像 拡大
リアビューカメラ
リアビューカメラ
    拡大
レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)
レーンディパーチャーウォーニング(車線逸脱警告システム)
    拡大
BMW SOSコール
BMW SOSコール
    拡大

今回の特別仕様車は、2013年2月に導入された同名の特別仕様車をベースに、最新の運転支援システムなどを追加したものである。

具体的な仕様、装備は以下の通り。

エクステリア
・クローム仕上げキドニーグリル(ホワイトバー<バー前面はクローム仕上げ>)
・17インチYスポークスタイリング380アロイホイール
・7J×17ホイール+205/50R17タイヤ(ランフラットタイヤ)

インテリア
・ダコタレザー オイスター
・ホワイトアクリルガラストリム/マットオキサイドシルバーハイライト
・「Fashionista」専用インテリアバッジ

装備
・リアビューカメラ(予測進路表示機能付き)
・PDC(パークディスタンスコントロール<リア>)
・サーボトロニック(車速感応式パワーステアリング)
・コンフォートアクセス
・フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
・ハンズフリーテレフォンシステム
・USBオーディオインターフェイス
・ライトパッケージ(ドアハンドル照明+リーディングライト<フロント&リア>+フットウェルライト<フロント>+照明付きバニティーミラー<運転席&助手席>+アンビエントライト)
・オートマチックエアコン(AUC<オートマチックリサーキュレーティングエアコントロール>+マイクロフィルター<花粉除去機能付き>+左右独立温度調節機能+後席用エアアウトレット<風量・温度調節機能付き>+パーキングベンチレーション)
・ドライビングアシストパッケージ(レーンディパーチャーウォーニング<車線逸脱警告システム>+前車接近警告機能+衝突回避・被害軽減ブレーキ+クルーズコントロール<ブレーキ機能付き>)
・BMW SOSコール
・BMW テレサービス

ボディーカラーはアルピンホワイトⅢ、クリムゾンレッド、ミネラルホワイト(メタリックカラー)に、7万5000円のオプションカラーであるディープシーブルー(メタリックカラー)を加えた全4色。ボディーカラーにミネラルホワイトを選ぶと、プラス6万円でファインラインストリームウッドインテリアトリム/マットオキサイドシルバーハイライトのインテリアを組み合わせることができる。

価格は通常モデルから58万円高の366万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • BMW M2コンペティション(FR/7AT)【試乗記】 2020.10.16 試乗記 コンパクトなFRのボディーにパワフルな3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M2コンペティション」。日本におけるBMW Mのエントリーモデルは、兄貴分とは一味違う、スリリングで獰猛(どうもう)な一台に仕立てられていた。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
ホームへ戻る