「ジャガーXJ」2014年モデルはさらに快適に

2013.09.24 自動車ニュース
「ジャガーXJ」
「ジャガーXJ」
    拡大

「ジャガーXJ」2014年モデルはさらに快適に

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年9月24日、フラッグシップサルーン「XJ」の2014年モデルについて、仕様および価格を発表。同日に受注を開始した。

 

2014年モデルの「ジャガーXJ」では、2リッター直4ターボの「2.0ラグジュアリー」に、アイドリングストップ機能が与えられた。これにより、同車の燃費(JC08モード)は、9.3km/リッターから11.5km/リッターへと向上した。

機能面では、「3.0プレミアムラグジュアリー」以上の上級モデルに、半ドアを防止する「ソフトドアクローズ機構」が備わるのがニュース(「2.0ラグジュアリー」ではオプション)。
最上級モデル「スーパースポーツ(ロングホイールベース仕様:LWB)」では、ヘッドルームが13mm拡大。マッサージ機能や電動リアサイドブラインドなどを備える「リアシートパッケージ」や、これにデュアル10.2インチ液晶スクリーン付きリアシートエンターテイメントなどを加えた「プレミアムリアシートパッケージ」といった、快適性を高めるオプションも用意される。

価格は、以下の通り。

・2.0ラグジュアリー:900万円
・3.0プレミアムラグジュアリー:1100万円
・3.0ポートフォリオ:1300万円
・5.0スーパースポーツ(LWB):1835万円

(webCG)

関連キーワード:
XJ, ジャガー, 自動車ニュース

ジャガー XJ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 第532回:歴代モデルを駆って目指すは花の都
    ステアリングを握って知る「ジャガーXJ」の50年史
    2018.10.27 エディターから一言 今年でデビュー50周年を迎えたジャガーの基幹サルーン「XJ」。その歴代モデルを駆って、英キャッスル・ブロムウィッチから仏パリを目指すグランドツアーに参加。実際にステアリングを握りながら、英国を代表するスポーツサルーンがたどった変遷を振り返る。
  • メルセデスAMG GLA35 4MATIC(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.12 試乗記 「メルセデス・ベンツGLA」のラインナップに加わったハイパフォーマンスバージョン「AMG GLA35 4MATIC」に試乗。レースと共に歩んできたAMGの名を冠するコンパクトSUVは、果たしてどのように仕上がったのか。ワインディングロードでその実力を確かめた。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2021.1.28 試乗記 度重なる改良を受け、常に進化を続けるレクサスのフラッグシップサルーン「LS」。最新のスポーティーグレードに試乗した筆者は、その技術力に驚く一方、乗り味には疑問を抱いたのだった。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
ホームへ戻る