クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第162回:新型ハスラーを買うならば

2020.02.11 カーマニア人間国宝への道

新型「ハスラー」が欲しい!

話題の新型「ハスラー」は、なかなかすばらしいクルマだった。とにかくカッコイイじゃないか! カッコイイというよりデザインが秀逸じゃないか!

デザイン担当者は、「ハスラーらしさの継承と、力強さの強化を目指しました」と語っていた。具体的には、鉄板らしい力強さの表現を狙ったという。角Rは厚めの鉄板を曲げた時の丸みをイメージし、全体の造形では、灯油を入れるブリキの携行缶とか、ブリキの道具箱を参考にしたと。

世界的に見て、大量販売を狙う乗用車で、こういうデザインイメージのクルマは絶無ではなかろうか? あえて言えば「ジムニー」や「ラングラー」だけど、それらは本格派のクロカン4WD。ハスラーはそこらのニーチャンからおじいさん、おばあさんまで乗るクルマで、月に1万台以上売る。そういうごく一般的な乗用車で、ここまで道具っぽいデザインのクルマは稀有(けう)だ。これは、虚飾を捨てた実用機械を愛する日本人ならではの嗜好(しこう)である。

乗った感じも、先代に比べてかなりしっかりして、とてもよくなっていた。

でもまぁハスラーの美点の半分くらいはデザインにあるだろう。残りは実用性と走りが半々って感じですかね。

近年、国産の新型車はどれもこれも大層よくなっており、もはや走りがいいのはアタリマエとすら言えるが、デザインセンスが自分の好みにハマるクルマはそれほど多くない。ハスラーは自分のツボに来た一台だったので、言うまでもなく欲しくなった。

人間、モノが欲しくなればその値段を凝視するもの。私もハスラーの値段を凝視した。

新型「スズキ・ハスラー」はデザインがイイ!(写真=池之平昌信)
新型「スズキ・ハスラー」はデザインがイイ!(写真=池之平昌信)拡大
「ハスラー」のインテリア。3連インパネカラーガーニッシュでタフな世界観を表現。
「ハスラー」のインテリア。3連インパネカラーガーニッシュでタフな世界観を表現。拡大
鉄板による張りや曲げなどの特徴を生かした、「ハスラー」のサイドビュー。
鉄板による張りや曲げなどの特徴を生かした、「ハスラー」のサイドビュー。拡大
スクエアなボディーが際立つ、「ハスラー」のリアビュー。
スクエアなボディーが際立つ、「ハスラー」のリアビュー。拡大

185万円で買える中古車とは?

私が欲しくなったのは、デニムブルー&ガンメタの2トーンカラーの「Xターボ」(FF)。車両本体価格は約161万円である。この価格、「N-BOX」をはじめとするハイトワゴン系に比べると20万円くらい安い。でも、これに2トーンカラーと約18万円のナビとフツーのETCを付けると、約185万円になる。

185万円……。

185万円出して新車のハスラーを買うならば、他にもっといろいろ買えるクルマがあると考えてしまうのが、カーマニアというものではないだろうか。

最初に思い浮かんだのは、同じスズキの「スイフトスポーツ」(中古)だった。私が心底ホレ込んで、「スイスポを国民車に!!」キャンペーンを張ったほどの傑作だ。

が、中古車サイトを検索してみると、現行型スイスポは最安で約160万円。すでにナビなどの装備は付いてるので、ハスラーの新車よりは安いけれど、新車のスイスポは187万円(6MT)~194万円(6AT)。なら中古より新車がイイ! つーか、中古がもうちょっと安くなるまで待ちたくなる。

スイスポがダメなら逆転の発想で、遠いアコガレの高級激安中古車を探してみよう。

私が長らくアコガレているクルマ。それは現行型「ジャガーXJ」である。

イアン・カラムによるあのデザインは、登場から10年を経た今でも本当にスゲエ。ハスラーもスゲエがXJも超スゲエ。あれこそセレブ! あのセレブセダンがハスラーと同じくらいのお値段で買えないものでしょうか? そう考えただけでドキドキしてくるぜ!

「ハスラー」の車両本体価格は136万5100円~。写真の車体色は、デニムブルーメタリックとガンメタリックの2トーン。
「ハスラー」の車両本体価格は136万5100円~。写真の車体色は、デニムブルーメタリックとガンメタリックの2トーン。拡大
「ハスラー」は全車にマイルドハイブリッドを搭載。写真の車体色は、バーミリオンオレンジとガンメタリックの2トーン。
「ハスラー」は全車にマイルドハイブリッドを搭載。写真の車体色は、バーミリオンオレンジとガンメタリックの2トーン。拡大
「スズキ・スイフトスポーツ」の新車の車両本体価格は187万円~194万1500円。セーフティパッケージ装着車、セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車では、200万円以上になるものも。(写真=webCG)
「スズキ・スイフトスポーツ」の新車の車両本体価格は187万円~194万1500円。セーフティパッケージ装着車、セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車では、200万円以上になるものも。(写真=webCG)拡大
「ジャガーXJ」の新車の車両本体価格は1170万円~。
「ジャガーXJ」の新車の車両本体価格は1170万円~。拡大

アコガレのジャガーを探せ!

エンジンは4気筒2リッターターボを希望します。欲しいのは主にあのデザインで、動力性能はそんなに要りませんので。つーか今日び、どんなにデカいクルマでも2リッターターボで十分走る。税金もガソリン代も安いし言うことなし! なにせゲタに使う構想というか妄想ですのでご承知ください。

すると……。

走行距離がソコソコの、イケてそうな個体だと、2014年登録の走行3.1万kmが268万円。ハスラーよりちょっとお高い。

しかもこれは自動ブレーキやACCが付いてない個体だ。ハスラーには付いてるぞ! 超セレブセダンが先進安全装備でハスラーに完敗!? それはダメダメダメ!

自動ブレーキ&ACC付きのジャガーXJ(2リッターターボ)となると、2015年登録の走行4万kmで316万円が最安でございました。うーむ、300万円オーバーはキツイ。超セレブセダンがハスラーくらいの値段で買えないと真のシアワセはやってこない。

じゃ、ちょっとダウンサイジングして、同じジャガーの「XFスポーツブレイク」はどうでしょう? スポーツブレイクって超珍しいじゃんか! ほとんど見たことないけど超カッコイイよネ! 顔はXJソックリでステーションワゴンってのが実にシブイ! あれこそ真のスーパーセレブ! スーパーセレブだけど節約のディーゼル(D180)希望!

ガーン。最安で398万円でした。

なにせ2018年登録の1.2万km。新車価格741万円を思えば納得のお値段ながら、ハスラー2台分じゃ話にならん! すっこんでろ! いやもちろんXFスポーツブレイクには罪はござらぬのだが。申し訳なかとです。

こうなると、やはりイタフラ車に流れるしかないだろうか。カーマニアの妄想は続くのであった。

(文と写真=清水草一/編集=大沢 遼)

「ジャガーXE」と。筆者にはジャガーへのアコガレがある。(写真=池之平昌信)
「ジャガーXE」と。筆者にはジャガーへのアコガレがある。(写真=池之平昌信)拡大
ジャガーXFスポーツブレイク
ジャガーXFスポーツブレイク拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

スズキ ハスラー の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。