第162回:新型ハスラーを買うならば

2020.02.11 カーマニア人間国宝への道

新型「ハスラー」が欲しい!

話題の新型「ハスラー」は、なかなかすばらしいクルマだった。とにかくカッコイイじゃないか! カッコイイというよりデザインが秀逸じゃないか!

デザイン担当者は、「ハスラーらしさの継承と、力強さの強化を目指しました」と語っていた。具体的には、鉄板らしい力強さの表現を狙ったという。角Rは厚めの鉄板を曲げた時の丸みをイメージし、全体の造形では、灯油を入れるブリキの携行缶とか、ブリキの道具箱を参考にしたと。

世界的に見て、大量販売を狙う乗用車で、こういうデザインイメージのクルマは絶無ではなかろうか? あえて言えば「ジムニー」や「ラングラー」だけど、それらは本格派のクロカン4WD。ハスラーはそこらのニーチャンからおじいさん、おばあさんまで乗るクルマで、月に1万台以上売る。そういうごく一般的な乗用車で、ここまで道具っぽいデザインのクルマは稀有(けう)だ。これは、虚飾を捨てた実用機械を愛する日本人ならではの嗜好(しこう)である。

乗った感じも、先代に比べてかなりしっかりして、とてもよくなっていた。

でもまぁハスラーの美点の半分くらいはデザインにあるだろう。残りは実用性と走りが半々って感じですかね。

近年、国産の新型車はどれもこれも大層よくなっており、もはや走りがいいのはアタリマエとすら言えるが、デザインセンスが自分の好みにハマるクルマはそれほど多くない。ハスラーは自分のツボに来た一台だったので、言うまでもなく欲しくなった。

人間、モノが欲しくなればその値段を凝視するもの。私もハスラーの値段を凝視した。

新型「スズキ・ハスラー」はデザインがイイ!(写真=池之平昌信)
新型「スズキ・ハスラー」はデザインがイイ!(写真=池之平昌信)拡大
「ハスラー」のインテリア。3連インパネカラーガーニッシュでタフな世界観を表現。
「ハスラー」のインテリア。3連インパネカラーガーニッシュでタフな世界観を表現。拡大
鉄板による張りや曲げなどの特徴を生かした、「ハスラー」のサイドビュー。
鉄板による張りや曲げなどの特徴を生かした、「ハスラー」のサイドビュー。拡大
スクエアなボディーが際立つ、「ハスラー」のリアビュー。
スクエアなボディーが際立つ、「ハスラー」のリアビュー。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

スズキ ハスラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD/CVT)【試乗記】 2020.3.17 試乗記 デビューからの6年間で48万台以上が世に出たという「スズキ・ハスラー」が2代目に進化。見た目はご覧の通りのキープコンセプトだが、肝心の走りの性能はどうなのか。一般道のみならず、高速道路や箱根の山道にも連れ出してみた。
  • 第162回:新型ハスラーを買うならば 2020.2.11 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第162回は「新型ハスラーを買うならば」。“デザインよし、走りよし”と筆者絶賛の軽自動車、ところでHow much? 同じ価格帯の中古車なら、アコガレのセレブカーも夢じゃない!? カーマニアの妄想は止まらない。
  • スズキ・ハスラー ハイブリッドXターボ(4WD) 2019.12.24 画像・写真 軽クロスオーバーのパイオニア「スズキ・ハスラー」が2代目にモデルチェンジ。従来モデルから刷新された内外装のデザインや、機能性が高められた車内空間、インフォテインメントシステムをはじめとした新装備など、新型のディテールを写真で紹介する。
  • スズキが「ハスラー」の特別仕様車「Jスタイル」を発売 専用装備で内外装をドレスアップ 2020.11.17 自動車ニュース スズキは2020年11月17日、軽クロスオーバー「ハスラー」の特別仕様車「Jスタイル」を発売した。ルーフレールやメッキフロントグリル、フロントフードエンブレム、ブラウン&ダークブルーのコンビ表皮シートなどを特別装備する。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る