第163回:カーマニアの回り道

2020.02.18 カーマニア人間国宝への道

狙うはイタフラ車

新型「ハスラー」の「ハイブリッドXターボ」(FF/車両本体価格161万2600円)に2トーンカラーと約18万円のナビとフツーのETCを付けると、約185万円。それならば……というところから始まった妄想物語。憧れの「ジャガーXJ」や「XFスポーツブレイク」(ともに中古車)はちょっとムリという結論になったので、狙いはイタフラ車に転じられた。

まず思い浮かんだのは、憧れの「DS 5」だった。

あのデザインは本当にすごかった。あのデザインが欲しい! あんなのに乗って、「まぁ、センスのあるオジサマね」と美女に言われたい!

ただ、1.6のガソリンターボは「C5」で十分堪能したので、狙いは後期型に追加されたディーゼルターボだ。

ガーン! 全国に1台しか流通してない!(※執筆時点)

17年式、走行2.6万kmで258万円の「シックBlueHDiレザーパッケージ」(繰り返すが執筆時点)。ウルトラ魅力的だけど、ハスラーよりだいぶお高いなぁ。この流通量と価格じゃ「ハスラー買うならDS 5!」とは、ちょっと言えない。

もうちょっとクルマのランクを下げてみようと思った瞬間、目にとまったモデルがあった。「C4カクタス」である。

うおおおお、C4カクタス、いい! タマも全国に30台ある! お値段も中心価格帯が170万円くらい! ちょうどハスラーともガチ!

私はそのうちの1台に狙いをつけ、早速現場の中古車店に急行することにした。

考えてみりゃ「DS3」を買った時も、こんな感じでスッ飛んでってその場で買ったんだった。悪い予感。

「シトロエンC4カクタス」の中古車は、新型「スズキ・ハスラー」とほぼ同価格帯ということで、中古車店へ急行!
「シトロエンC4カクタス」の中古車は、新型「スズキ・ハスラー」とほぼ同価格帯ということで、中古車店へ急行!拡大
「C4カクタス」のインテリア。
「C4カクタス」のインテリア。拡大
「C4カクタス」のリアビュー。写真のボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。
「C4カクタス」のリアビュー。写真のボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • 第163回:カーマニアの回り道 2020.2.18 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第163回は「カーマニアの回り道」。「スズキ・ハスラー」の新車価格でセレブな中古車は買える!? アコガレのジャガー車で討ち死にし、イタフラ系をターゲットに物色し始めた筆者に、希望を与えたクルマとは?
  • アウディA1スポーツバック35 TFSI Sライン(FF/7AT)【試乗記】 2020.2.13 試乗記 2代目にフルモデルチェンジしたアウディのBセグメントコンパクト「A1スポーツバック」。よりスポーティーに進化した新型の実力を、兄弟車である「フォルクスワーゲン・ポロ」や、プレミアムコンパクトの王者「MINI」との比較を通してリポートする。
  • 第164回:ポルシェ全然知らない人間 2020.2.25 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第164回は「ポルシェ全然知らない人間」。“ポルシェに関しては無知”を自覚する筆者が、新型「911カレラS/4S」にプチ試乗。先代との違いとは? こだわり派の見解を交えながら、その魅力に迫る。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
ホームへ戻る