第163回:カーマニアの回り道

2020.02.18 カーマニア人間国宝への道

狙うはイタフラ車

新型「ハスラー」の「ハイブリッドXターボ」(FF/車両本体価格161万2600円)に2トーンカラーと約18万円のナビとフツーのETCを付けると、約185万円。それならば……というところから始まった妄想物語。憧れの「ジャガーXJ」や「XFスポーツブレイク」(ともに中古車)はちょっとムリという結論になったので、狙いはイタフラ車に転じられた。

まず思い浮かんだのは、憧れの「DS 5」だった。

あのデザインは本当にすごかった。あのデザインが欲しい! あんなのに乗って、「まぁ、センスのあるオジサマね」と美女に言われたい!

ただ、1.6のガソリンターボは「C5」で十分堪能したので、狙いは後期型に追加されたディーゼルターボだ。

ガーン! 全国に1台しか流通してない!(※執筆時点)

17年式、走行2.6万kmで258万円の「シックBlueHDiレザーパッケージ」(繰り返すが執筆時点)。ウルトラ魅力的だけど、ハスラーよりだいぶお高いなぁ。この流通量と価格じゃ「ハスラー買うならDS 5!」とは、ちょっと言えない。

もうちょっとクルマのランクを下げてみようと思った瞬間、目にとまったモデルがあった。「C4カクタス」である。

うおおおお、C4カクタス、いい! タマも全国に30台ある! お値段も中心価格帯が170万円くらい! ちょうどハスラーともガチ!

私はそのうちの1台に狙いをつけ、早速現場の中古車店に急行することにした。

考えてみりゃ「DS3」を買った時も、こんな感じでスッ飛んでってその場で買ったんだった。悪い予感。

「シトロエンC4カクタス」の中古車は、新型「スズキ・ハスラー」とほぼ同価格帯ということで、中古車店へ急行!
「シトロエンC4カクタス」の中古車は、新型「スズキ・ハスラー」とほぼ同価格帯ということで、中古車店へ急行!拡大
「C4カクタス」のインテリア。
「C4カクタス」のインテリア。拡大
「C4カクタス」のリアビュー。写真のボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。
「C4カクタス」のリアビュー。写真のボディーカラーは「ブラン パールナクレ」。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

シトロエン C4カクタス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フィアット・パンダ クロス4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2021.3.24 試乗記 見た目は驚くほど個性的だが、その走りに、他のクルマでは得難い特徴はあるか? フィアットのマニアックなコンパクトクロスオーバー「パンダ クロス4×4」の乗り味を、北海道の雪道でチェックした。
  • マツダMX-30 EVモデル ハイエストセット(FWD)【試乗記】 2021.4.7 試乗記 新型クロスオーバー「マツダMX-30」のラインナップ中、本命と目されるEVバージョンの販売がスタート。早速ステアリングを握った清水草一は、その走りを「EVの中では世界一」と評価する。だが、しかし……!
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • 新型スバルBRZ(その1) 2021.4.5 画像・写真 2020年秋に世界初公開された新型「スバルBRZ」。その日本仕様がついにお披露目された。より低い位置に配されたフロントグリルや、新しい形状のフロントフェンダーなどによって力強さを増した新型BRZの実車を、写真で紹介する。
ホームへ戻る