「BMW X1」に限定車「ファッショニスタ」が登場

2013.09.25 自動車ニュース
「BMW X1ファッショニスタ」
「BMW X1ファッショニスタ」
    拡大

「BMW X1」に限定車「ファッショニスタ」が登場

BMWジャパンは2013年9月25日、コンパクトSUV「X1」に特別仕様車「X1 Fashionista(ファッショニスタ)」を設定し、300台の台数限定で販売を開始した。

 

今回の限定モデルは、2リッター直4ターボエンジンを搭載したFR車の「X1 sDrive20i」と4WD車の「X1 xDrive20i」をベースに、専用の内外装や充実した装備を採用したものである。

エクステリアカラーは「アルピンホワイトIII」のみの設定で、ボディーの随所にクロムのアクセントを配置。一方インテリアには、ベージュのネバダレザーとファインラインライトウッド・インテリアトリムを使用している。

また装備については、フロントシートヒーターやパークディスタンスコントロール(リア)などを標準で採用。オプションで「iDriveナビゲーションパッケージ」と「パーキングサポートパッケージ」をセットで設定(20万円)している。

具体的な仕様、装備は以下の通り。

エクステリア
・クロム仕上げキドニーグリル(マットシルバーバー)
・サイドスカートのインサート(マットシルバー)
・クロムラインエクステリア
・ルーフレール(サテンアルミニウム)
・18インチ ダブルスポークスタイリング321アロイホイール(8Jx18)+225/45R18タイヤ(ランフラットタイヤ)

インテリア
・シート/インテリアカラー:ネバダレザー ベージュ/ベージュ
・ファインラインライトウッド・インテリアトリム
・「Fashionista」専用インテリアバッジ

装備
・フロントシートヒーティング(運転席&助手席)
・PDC/パークディスタンスコントロール(リア)
・マルチファンクションスポーツレザー・ステアリングホイール

価格は「X1 sDrive20i ファッショニスタ」が449万円、「X1 xDrive20i ファッショニスタ」が475万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
X1, BMW, 自動車ニュース

BMW X1 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
  • BMW X4 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.17 試乗記 BMWがスポーツアクティビティークーペと呼ぶ「X4」に、ディーゼルモデル「xDrive20d Mスポーツ」が追加された。スタイリッシュなクーペフォルムと最高出力190PSの2リッターディーゼルターボが織りなす、走りの印象は?
  • BMW M440i xDriveクーペ(後編) 2021.1.14 谷口信輝の新車試乗 ワインディングロードで「BMW M440i xDriveクーペ」に試乗した谷口信輝は、その仕上がりについて気になるところがある様子。走りのプロは、新型クーペのどこに改善の余地があると考えているのか?
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
  • 第11回:BMW X2(前編) 2018.11.7 カーデザイナー明照寺彰の直言 既存のBMWとは一線を画すボディーサイドのデザインと、1535mmという低い車高が目を引く「BMW X2」。このスタイリングと実用性の両立は、どのような方法でかなえられたのか。現役のカーデザイナー明照寺彰が、新世代BMWの旗手に迫る。
ホームへ戻る