「レンジローバー」に3リッターV6モデル登場

2013.09.27 自動車ニュース
「ランドローバー・レンジローバー」
「ランドローバー・レンジローバー」
    拡大

「ランドローバー・レンジローバー」に3リッターV6モデル登場

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2013年9月26日、「ランドローバー・レンジローバー」の2014年モデルを、同年10月1日に発売すると発表した。

 

2014年モデルでは、ガソリン高圧直噴システムやツイン可変バルブタイミング機構などを備えたスーパーチャージャー付きの3リッターV6エンジンを新たに設定した。このエンジンは既存の5リッターV8自然吸気エンジンに代わるもので、340ps/6500rpmの最高出力と45.9kgm(450Nm)/3500rpmの最大トルクを発生。トランスミッションには8段ATを組み合わせている。

また、このV6エンジン搭載車を含め、全グレードにアイドリングストップ機構を採用。「5.0 V8スーパーチャージド ヴォーグ」の場合、燃費を従来モデルの5.3km/リッターから7.4km/リッターに改善した(JC08モード)。

オプション装備の強化も図っており、駐車スペースから後退して車両を出す際に車両の後方を監視し、必要に応じてドライバーに注意をうながす「リバーストラフィックディテクション」や、自動でステアリング操作を行うことで縦列駐車をサポートする「パークアシスト機能」、小川や冠水した道路などに侵入する際、水深の深さを知らせるとともに、水深が深すぎる場合には警告を発する「ウェイドセンシング機能」を追加した。

2014年モデルのラインナップと価格は以下の通り。
・3.0 V6スーパーチャージド ヴォーグ:1230万円
・5.0 V8スーパーチャージド ヴォーグ:1490万円
・オートバイオグラフィー:1670万円

(webCG)
 

関連キーワード:
レンジローバー, ランドローバー, 自動車ニュース

ランドローバー レンジローバー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ランドローバー・ディフェンダー110 2020.6.18 画像・写真 ジャガー・ランドローバーが「ランドローバー・ディフェンダー110」を日本で初公開。展示車は正式な国内向け市販モデルであり、その装備やインテリアについても、今回が初披露となった。いよいよ公にされた“日本仕様のディフェンダー”を、写真で紹介する。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 HSE(4WD/8AT)【試乗記】 2020.12.23 試乗記 長年にわたり旧型「ランドローバー・ディフェンダー」に乗り続けてきたオーナーが、すべてが刷新された“新型”に試乗。洗練されたオンロードでの振る舞いと圧倒的なオフロード性能に、氏が感じたこととは? 「旧型オーナーの新型ディフェンダー評」をリポートする。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 「ランドローバー・ディフェンダー110」に3リッター直6ディーゼルモデルが登場 2020.11.17 自動車ニュース 「ランドローバー・ディフェンダー」の2021年モデルが登場。5ドアの「110」に、新たに最高出力300PS、最大トルク650N・mを発生する3リッター直6ディーゼルモデルが設定された。既存の「S」グレードに加え、新グレードの「X」と「X-Dynamic SE」に用意される。
  • ランドローバー・ディフェンダー110/ジープ・ラングラー アンリミテッド(後編)【試乗記】 2020.11.24 試乗記 “これぞジープ”の味を守り続ける「ラングラー」と、新世代のオフローダーへと大胆な変身を遂げた「ランドローバー・ディフェンダー」。後半ではメカニズムの違いがもたらす走破性や乗り味の違いを考えながら、林道を奥へ奥へと進んでみた。
ホームへ戻る