トヨタが「プリウスPHV」を一部改良

2013.09.30 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスPHV S」
「トヨタ・プリウスPHV S」 拡大

トヨタが「プリウスPHV」を一部改良

トヨタ自動車は2013年9月30日、プラグインハイブリッド車「プリウスPHV」に一部改良を実施し、発売した。

「プリウスPHV G」
「プリウスPHV G」 拡大
「プリウスPHV S」
「プリウスPHV S」 拡大
 
トヨタが「プリウスPHV」を一部改良の画像 拡大

今回の改良では、全車に新デザインのアルミホイール(センターオーナメント付き)やクロム調加飾のアウトサイドドアハンドルを採用するなど、内外装の一部を変更した。
さらに「S」「G」「G“レザーパッケージ”」の3グレードでは、エクステリアにLEDイルミネーション付きのリアエンブレムや、クロム調加飾を施したサイドガーニッシュを採用。インテリアでは、助手席インストゥルメントパネルアッパー部や助手席前アッパーボックス部、フロントカップホルダのー部をソフトパッド表皮としたほか、センタークラスターやドアスイッチベースに木目調加飾を用いるなどの変更を行った。

このほかにも、車体の溶接に「レーザースクリューウェルディング」工法を導入するなどしてボディー剛性を向上。価格設定も改定し、各グレードの価格を20万円ほど値下げした。

ラインナップと価格は以下の通り。
・L:285万円
・S:300万円
・G:320万円
・G“レザーパッケージ” :399万8000円

(webCG)

関連キーワード:
プリウスPHV, トヨタ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プリウスPHV 2016.6.15 画像・写真 トヨタが、2016年秋の発売を予定している新型「プリウスPHV」を、日本で初公開した。JC08モードのハイブリッド燃費は37.0km/リッター、EV走行距離は60km以上という新しいプラグンハイブリッド車の姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2021.2.19 試乗記 いろいろあった日産だが、新型「ノート」の出来栄えをみると完全復活が近いようだ。第2世代へと移行した電動パワートレイン「e-POWER」やマップデータとの連携機能を備えた運転支援システム「プロパイロット」の仕上がり具合を報告する。
  • 日産キックスAUTECH/ノートAUTECH/エルグランドAUTECH 2021.1.15 画像・写真 「プレミアムスポーティー」を開発コンセプトに掲げ、日産車の独創的なカスタマイズカーを製作するオーテック。最新モデルである「キックスAUTECH」をはじめ、昨年デビューしたばかりの「ノートAUTECH」「エルグランドAUTECH」の詳細な姿を、写真で紹介する。
  • 日産ノートX(FF)【試乗記】 2020.12.8 試乗記 8年ぶりに一新された日産のコンパクトカー「ノート」に、その開発に使われたテストコースで試乗。先代で好評だったハイブリッドシステム「e-POWER」に磨きをかけた新型は、驚くほど上質な一台に仕上がっていた。
  • 日産キックスX ツートーンインテリアエディション(FF)【試乗記】 2020.9.30 試乗記 日産独自のハイブリッドシステム「e-POWER」を引っさげて登場した、新型SUV「キックス」。多くのライバルがひしめき合う激戦区で、勝算はあるのか? 市街地からワインディングロードまで走らせた印象をリポートする。
ホームへ戻る