「アバルト595」の50周年記念限定車が登場

2013.10.16 自動車ニュース
「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」
「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」 拡大

「アバルト595」の50周年記念限定車が登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年10月15日、「アバルト595」の50周年記念限定車「アバルト595 50th Anniversary(アニバーサリー)」の予約受付を開始した。発売は2014年4月の予定で、世界限定299台のうち、日本へは50台が導入される。

今回の限定モデルは、1963年のトリノモーターショーで発表された「フィアットアバルト595」の誕生50周年を記念して設定されたもので、かつての595のモチーフが内外装の随所に採用されている。

具体的には、エクステリアにはオリジナルにちなんだ「Fiat Abarth 595」のサイドストライプや、赤いライナーを施した17インチのアロイホイールを採用。一方インテリアには、オリジナルのシートを現代的に解釈した赤と白の本革スポーツシートや、赤いアクセントとセンターポジションの入ったレザーステアリングホイールを装備するほか、ステアリングホイールとブレーキペダルにはヒストリックロゴをあしらっている。

パワーユニットも通常の「595」とは異なり、「695エディツィオーネ マセラティ」や「695トリブート フェラーリ」と同じ1.4リッター直4ターボエンジンを採用。最高出力は180ps、最大トルクは25.5kgmとなっている。これに組み合わせるトランスミッションには、シフト時間を短縮したシングルクラッチ式5段ATの「アバルト コンペティツィオーネ」を採用。ステアリングホイールにはレーシングスタイルのパドル式スイッチを装備している。

ハンドル位置は左、ボディーカラーはパールホワイトのみの設定。価格は484万9200円となっている。(配車は2014年4月以降となるので、消費税は8%で計算している)

(webCG)
 

関連キーワード:
595ツーリズモ, アバルト, 自動車ニュース

アバルト 595ツーリズモ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • アバルト695ビポスト フルスペック仕様(FF/5MT)【試乗記】 2015.9.29 試乗記 0-100km/h加速5.9秒をうたう究極のアバルト、「695ビポスト」に試乗。ノンシンクロの“ドグミッション”を搭載したスーパーアバルトは、一体どんな走りを見せるのだろうか。
  • MINIクーパーSコンバーチブル(FF/7AT)【試乗記】 2021.9.30 試乗記 今や貴重な4座のコンパクトオープンカー「MINIコンバーチブル」が、「MINI 3ドア/5ドア」ともどもマイナーチェンジを受けた。モデルライフで2度目の大幅改良は、このクルマにどのような進化をもたらしたのか? 上級仕様の「クーパーS」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2021.10.22 試乗記 5代目「メルセデス・ベンツCクラス」がいよいよ日本の道を走り始めた。強力な電動パワートレインや先進のインフォテインメントシステムを採用した新型は、“C”の枠を大きく飛び越えるほどの進化を果たしている。1.5リッターマイルドハイブリッドモデルに試乗した。
  • フィアット500ev(RWD/4MT)【試乗記】 2021.10.23 試乗記 日本でも大人気の2代目「フィアット500」をベースに、パワートレインを電動化した「フィアット500ev」。電気で走る“往年の名車”は、私たちにどんな景色を見せてくれるのだろうか? モダンなのにクラシックなその走りと、唯一無二の魅力をリポートする。
ホームへ戻る