「アバルト595」シリーズがマイナーチェンジ

2017.02.20 自動車ニュース
マイナーチェンジを受けた「アバルト595」シリーズ。
マイナーチェンジを受けた「アバルト595」シリーズ。拡大

「アバルト595」シリーズがマイナーチェンジ

FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。同年2月25日に発売する。

「アバルト595」
「アバルト595」拡大
「アバルト595」
「アバルト595」拡大
「アバルト595」のインテリア。シートのデザインがよりスポーティーなものに変更された。
「アバルト595」のインテリア。シートのデザインがよりスポーティーなものに変更された。拡大
「アバルト595ツーリズモ」
「アバルト595ツーリズモ」拡大
アバルト595Cツーリズモ
「アバルト595Cツーリズモ」拡大
アバルト595コンペティツィオーネ」
「アバルト595コンペティツィオーネ」拡大
アバルト595コンペティツィオーネ」のコックピット。カーボンインサート付きのレザー/アルカンターラ・ステアリングホイールが採用された。
「アバルト595コンペティツィオーネ」のコックピット。カーボンインサート付きのレザー/アルカンターラ・ステアリングホイールが採用された。拡大

新しいアバルト595ラインナップの特徴は、前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになった点。前バンパーのエアインテークには、ワンメイクレース仕様車「アセットコルセ」を思わせる「ABARTH」の浮き文字をあしらい、モータースポーツの雰囲気を強調した。

また、これまで「アバルト500」と呼ばれていたモデルの名称を「アバルト595」に変更した。これにより「フィアット500」シリーズとのイメージ上の差別化を図った。

各グレードの変更点は以下のとおり。

<全グレード共通の変更点>

  • 2016年1月に実施されたフィアット500と同様の変更を内外装に施した。主な変更箇所は、フロントライトまわり(LEDデイランプ)、リアコンビランプ、センターコンソールまわり。また、新たにグローブボックスとカップホルダーを追加し、ステアリングホイールを新たなデザインに変更。
  • TFTメータークラスターの機能を向上し、Gメーターのグラフィックを刷新。
  • 5インチタッチパネルの新型ラジオ(Uconnect)を採用することで、USBやBluetoothなどさまざまな外部入力に対応。
  • ボディーカラーに3色の新色(レッド、イエロー、パールホワイト)を導入。

<アバルト595の変更点>

  • 最高出力を従来の135ps(MT)/140ps(AT)から145psへと強化。
  • シートをよりスポーティーなデザインに変更。
  • ボディーカラーに新色のレッドを設定。

<アバルト595ツーリズモ/595Cツーリズモの変更点>

  • タービンをギャレット製大径タイプに変更し、最高出力を従来の160psから165psへ強化。
  • 新デザインの17インチホイールを採用。
  • ブレーキキャリパーをより高級感のあるブラック仕上げに変更。
  • シートをよりスポーティーなデザインに変更。
  • ボディーカラーに新色のパールホワイトを設定。

<アバルト595コンペティツィオーネの変更点>

  • シートをカーボンシェルタイプに変更。
  • カーボンインサート付きのレザー/アルカンターラ・ステアリングホイールを採用。
  • 新デザインの17インチホイールを採用。
  • ボディーカラーに新色のイエローを設定。

車両価格は以下のとおり。

  • アバルト595(5MT):293万7600円
  • アバルト595(5AT):309万9600円
  • アバルト595ツーリズモ(5AT):346万6800円
  • アバルト595Cツーリズモ(5AT):376万9200円
  • アバルト595コンペティツィオーネ(5MT):365万0400円
  • アバルト595コンペティツィオーネ(5AT):381万2400円

(webCG)
 

関連キーワード:
595Cツーリズモ595ツーリズモ500アバルト 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
  • スマートBRABUSフォーフォー エクスクルーシブ(RR/6AT)【試乗記】 2018.8.22 試乗記 よりパワフル、そしてスポーティーに仕立てられた、スマートの高性能バージョン「BRABUS」に試乗。今回のテスト車はリアシートを備えた4座の「フォーフォー」。スマートのミニマリズムに共感し、初代モデルを2台乗り継ぐ下野康史はどう評価する!?
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アルピーヌA110プルミエールエディション(MR/7AT)【試乗記】 2018.8.26 試乗記 2017年に“復活”デビューするや、世界中のクルマ好きを沸かせた「アルピーヌA110」。ようやく日本に上陸した新型は、その期待を裏切らないスポーツカーならではの走りを味わわせてくれた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフR(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.12 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」のマイナーチェンジに合わせて、最強グレード「ゴルフR」も最新型へとアップデート。ノーマルモデルと同様に最新の安全装備とインフォテインメントシステムを手にしたほか、パワートレインも強化された。雨中のドライブでその性能を試した。
ホームへ戻る