「スマート・フォーツー」に真っ白な特別限定車

2012.02.28 自動車ニュース

「スマート・フォーツー」に真っ白な特別限定車

メルセデス・ベンツ日本は2012年2月28日、マイクロコンパクトカー「スマート・フォーツー クーペmhd」に真っ白な外装色の特別仕様車「edition white coupe(エディション ホワイト クーペ)mhd」を設定し、80台限定で発売した。

今回の特別仕様車は、「フォーツー クーペmhd」をベースに、白で統一した外装に赤い内装を組み合わせ、さらに装備を充実させたモデル。

エクステリアは、クリスタルホワイトのボディーカラーに、通常設定のないホワイトのトリディオンセーフティセルやホワイトドアミラーカバー、フロントグリルを採用し、真っ白にコーディネイト。インテリアは、デザインレッドのファブリック内装となる。

装備面では通常オプション設定となる、15インチ6スポークアルミホイール&ワイドタイヤ、フロントフォグランプ、本革巻ステアリング&シフトノブ、電動調整ヒーテッドドアミラー、ラゲッジルームカバー(ネット付)など、約10万円相当が標準で備わる。

価格は、ベースモデルから据え置きの184万円。納車時期は5月中旬頃を予定しているという。

(webCG ワタナベ)

「スマート・フォーツー エディション ホワイト クーペmhd」
「スマート・フォーツー エディション ホワイト クーペmhd」 拡大

関連キーワード:
フォーツー, スマート, 自動車ニュース

スマート フォーツー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スマートEQフォーツー/フォーツーカブリオ/フォーフォー【海外試乗記】 2020.2.7 試乗記 シティーコミューターとして親しまれてきたスマートが、電動モビリティーの新ブランド、EQの下で電気自動車(BEV)に生まれ変わった。日本上陸を前に、2シーターの「フォーツー」と同「カブリオ」、4人乗り4ドアモデル「フォーフォー」の3台をスペインで試した。
  • ポルシェ・タイカン ターボS(4WD)【試乗記】 2020.12.30 試乗記 ポルシェは並のクルマはつくらない。ブランド初の電気自動車(EV)として送り出された「タイカン」は、EVであると同時に第一級のスポーツサルーンでもある。ワインディングロードで味わえたのはあまりに濃密な「ポルシェらしさ」だった。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
  • ポルシェ718ボクスターGTS 4.0(MR/6MT)【試乗記】 2021.1.11 試乗記 自然吸気の4リッター6気筒エンジンを搭載する「ポルシェ718ボクスターGTS 4.0」。その走りは、パワーユニットを共有する上位モデルとも、4気筒ターボエンジンを積むエントリーモデルとも異なる、独自の魅力にあふれていた。
  • プジョー208/フォルクスワーゲン・ポロ/ルノー・ルーテシア(後編)【試乗記】 2021.1.9 試乗記 上陸間もない新型「ルノー・ルーテシア」と「プジョー208」、そして「フォルクスワーゲン・ポロ」の欧州Bセグメントモデル3台に試乗。後編では各車の出来栄えに加え、比較してわかったブランドごとの個性の違いや魅力をリポートする。
ホームへ戻る