“北極をイメージしたジープ”150台限定で発売

2014.01.23 自動車ニュース
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ポーラー エディション」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド ポーラー エディション」
    拡大

“北極をイメージしたジープ”150台限定で発売

フィアット クライスラー ジャパンは2014年1月23日、「ジープ・ラングラー」の4ドアモデル「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に、特別限定車「ポーラー エディション」を設定し、同年3月1日に発売すると発表した。

ジープ・ラングラー アンリミテッド ポーラー エディションは、「Polar(ポーラー:北極)のような厳しい環境においても、このクルマであれば快適なドライブを実現できる」という意味を込めて作られた、特別仕様車。
ブライトホワイトのボディーカラーやハードスペアタイヤカバー、ブラックレザーのシートなど、白と黒のコントラストが映える仕立てとなっている。
そのほか、代表的な特別装備は以下の通り。

・フードパワーバルジ
・ブラックカラーフューエルフィラードア
・マウンテンデカール
・Polar Editionハードバッジ
・グロスブラックJeepバッジ
・グロスブラックアクセント付きボディーカラーグリル
・ブラックアクセント付き18インチアルミホイール
・パールホワイトインテリア
・パールホワイトステッチ入りブラックレザーシート(フロントシートヒーター機能付き)
・Polar専用ゲージアクセント
・パールホワイトアクセント付き助手席側アシストハンドル
・ラバーフロアマット

価格は417万9000円。150台の限定で販売される。

(webCG)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
  • ジープ・ラングラー ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2020.4.2 試乗記 シリーズ最強のオフロード性能を誇る、2ドアの本格クロスカントリー「ジープ・ラングラー ルビコン」に公道で試乗。2020年2月に限定台数100台が発売され、あっという間に売り切れたという、その人気の秘密を探ってみた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • スバルBRZ S(FR/6MT)【試乗記】 2021.9.25 試乗記 FRスポーツカー「スバルBRZ」がフルモデルチェンジ。排気量をアップした水平対向4気筒エンジンやインナーフレーム構造の新設計ボディーなどによって、走りや個性はどう進化したのか。公道での初試乗から、その印象をリポートする。
  • ジープ・グラディエーター 2018.11.29 画像・写真 FCAは2018年11月28日(現地時間)、アメリカ・ロサンゼルスモーターショーでジープの新型ピックアップトラック「グラディエーター」を世界初公開した。実に47年ぶりとなる復活を果たしたこの新型モデルを、写真で紹介する。
ホームへ戻る