メルセデス「Aクラス」に2つの限定モデル登場

2014.01.23 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツA180エディションスタイル」
「メルセデス・ベンツA180エディションスタイル」
    拡大

「メルセデス・ベンツAクラス」に2種類の限定モデルが登場

メルセデス・ベンツ日本は2014年1月23日、コンパクトカー「Aクラス」の限定モデル「A180 Edition Style(エディションスタイル)」「A250 シュポルト Edition Night(エディションナイト)」を発売した。納車時期はともに2月上旬を予定している。

 

■A180エディションスタイル

A180エディションスタイルは、エントリーグレードの「A180」をベースに内外装デザインをよりスポーティーかつスタイリッシュに仕立てたモデルである。

ボディーカラーは「ジュピターレッド」と「カルサイトホワイト」の2色で、フロントにはクロムラインの入ったボディー同色のグリルを採用。シートをはじめ、インテリアの一部もボディーカラーに合わせてコーディネートしている。

装備も充実しており、安全運転支援システムの「セーフティパッケージ」をはじめ、自動操舵(そうだ)機能によって縦列駐車を支援するアクティブパーキングアシストやバイキセノンヘッドライトなどからなる「バリューパッケージ」、メモリー付きパワーシート、シートヒーターなど、通常はオプション扱いとなる装備を標準で採用している。

価格は330万円。800台の台数限定で販売される。

 

「A250シュポルト エディションナイト」
「A250シュポルト エディションナイト」
    拡大

■A250 シュポルト エディションナイト

A250シュポルト エディションナイトは、Aクラスのスポーツグレード「A250シュポルト」をベースに、ブラックを基調にエクステリアデザインをコーディネートしたものである。

ボディーカラーは「コスモスブラック」のみの設定で、ハイグロスブラックを用いたシルバーダイヤモンドグリルとウィンドウライントリムを採用。また安全運転支援システムの「セーフティパッケージ」や、シートヒーター(運転席、助手席)を標準装備している。

価格はベース車より30万円高の450万円。販売台数は200台の限定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
Aクラス, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ Aクラス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.5.22 試乗記 「メルセデスAMG A45 S 4MATIC+」に試乗。ベーシックな「Aクラス」の2倍以上、お値段800万円近くにも達するCセグメントハッチバックは、ドライバーにどのような世界を見せてくれるのだろうか。ワインディングロードを求めて都内から西へと向かった。
  • メルセデスAMG A35 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2020.1.16 試乗記 最高出力306PSという2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGの新たなエントリーモデル「A35 4MATIC」に試乗。パワーが抑えられた“入門用”でもAMGを名乗るにふさわしいホットな走りが楽しめるのか。山岳路に連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG A45 S 4MATIC+エディション1/CLA45 S 4MATIC+【試乗記】 2019.12.18 試乗記 最高出力421PSの2リッター直4ターボエンジンを積む、メルセデスAMGのホットハッチ「A45 S 4MATIC+」と4ドアクーペ「CLA45 S 4MATIC+」に富士スピードウェイで国内初試乗。“クラス最強”をうたうパワーユニットの実力と、異なるボディー形状がもたらすハンドリングの違いを確かめた。
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • メルセデス・ベンツE200スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2020.11.14 試乗記 デビュー4年目のビッグマイナーチェンジで、内外装デザインに磨きをかけると同時に安全装備も大幅にアップデートしたという「メルセデス・ベンツEクラス」。エントリーモデルに位置づけられる「E200スポーツ」に試乗し、その出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る