燃費を57%改善した「シトロエンC3」が登場

2014.02.17 自動車ニュース
「シトロエンC3」
「シトロエンC3」
    拡大

燃費を57%改善した「シトロエンC3」が登場

プジョー・シトロエン・ジャポンは2014年2月17日、5ドアコンパクトモデル「シトロエンC3」に一部改良を実施し、販売を開始した。

今回の改良では、従来の1.6リッター直4エンジンに代わり、新たに1.2リッター直3エンジン「EB2」を搭載した。このパワーユニットはPSAプジョー・シトロエン・グループが新開発したもので、最高出力82ps/5750rpm、最大トルク12.0kgm/2750rpmを発生。エンジン単体の重量は従来のパワーユニットより約20%軽量で、フリクションロスも約30%低減しているという。

これに組み合わせるトランスミッションには、新たに「ETG5」(オートマチックモード付きエフィシェントトロニック・ギアボックス)と呼ばれる5段ロボタイズドMTを採用。また、アイドリングストップ機構を全車に標準装備とした。

これらの改良により、新しいC3は従来モデルより燃費を57%改善し、19.0km/リッターを実現している(JC08モード)。

価格はエントリーグレードの「セダクション」で203万円、上級グレードの「エクスクルーシブ」で233万円。

(webCG)
 

関連キーワード:
C3, シトロエン, 自動車ニュース

シトロエン C3 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • シトロエンC3シャイン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.28 試乗記 「シトロエンC3」がフルモデルチェンジを受け、装いも新たに登場。ブランドの屋台骨を支える最量販モデルの新型は、フランス車らしい個性と実直さにあふれたクルマに仕上がっていた。デビューを記念した限定車に試乗した。
  • トヨタGRヤリス【試乗記】 2020.11.20 試乗記 トヨタのクルマは低燃費だけど低刺激。そんなイメージをすっかり忘れさせてしまうのが「GRヤリス」だ。専用設計のシャシーに最高出力272PSの1.6リッター直3ターボエンジンや独自設計の4WDシステムを積んだ、幻のホモロゲーションモデルの実力を試す。
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.0ターボ スプリント(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.5 試乗記 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にインフォテインメントシステムや先進運転支援装備(ADAS)を強化した大規模改良モデルが登場。往年の名跡「スプリント」を襲う新グレードで、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る