マクラーレンは2種類の新型スポーツカーを発表【ジュネーブショー2014】

2014.03.05 自動車ニュース
マクラーレンの「650Sスパイダー」(写真左)と「650S」。
マクラーレンの「650Sスパイダー」(写真左)と「650S」。 拡大

【ジュネーブショー2014】マクラーレンは2種類の新型スポーツカーを発表

英マクラーレンは、2014年3月4日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、新型スポーツカー「650S」「650Sスパイダー」を発表した。

■オープンモデルも同時デビュー

最高出力“650ps”と“Sport”に由来する車名を冠する「マクラーレン650S」は、既存の「12C」と、すでに完売したフラッグシップの「P1」の中間に位置するミドシップのスーパースポーツ。ひとことで言えば12Cのハイパフォーマンス版で、12Cと同様、ボディーはクーペとリトラクタブルハードトップを備えたスパイダーが用意される。

マクラーレンの新たなデザイン言語に沿った、P1譲りの顔つきを持つボディーは、空気抵抗値は12Cと同等だが、ダウンフォースは150mph(約240km/h)走行時で24%増大しているという。

カーボンファイバー製のモノセルシャシーにミドシップされるエンジンは、12CやP1と基本的に同じ3.8リッターV8ツインターボで、12Cより50psプラスの650ps/7250rpmの最高出力と、7.9kgm強力な69.1kgm/6000rpmの最大トルクを発生。7段デュアルクラッチトランスミッションを介してのパフォーマンスは、12Cより6kg軽量化された車重1330kgのクーペで最高速333km/h、0-100km/h加速3.0秒。1370kgのスパイダーでは最高速こそ329km/hへとドロップするが、0-100km/h加速はクーペと同じ3.0秒。0-200km/h加速になると、クーペ8.4秒に対してスパイダー8.6秒とわずかに差が開く。
環境性能について言えば、欧州の複合サイクルで燃費はリッターあたり約8.5km、CO2排出量は275g/kmである。

12CやP1に採用されているアクティブエアロダイナミクスや、乗り心地とハンドリングをノーマル/スポーツ/トラックの3つのモードから選択可能な独自のプロアクティブ・シャシー・コントロール・サスペンション・システムには、さらなる改良を実施。新たにデザインされたアロイホイールには、ピレリが開発した専用タイヤを履く。

ハイパフォーマンスのみならず、高級サルーンに匹敵する乗り心地と快適性を備えたスーパーカーである650Sは、2014年春に市販開始予定という。

(文=沼田 亨)

関連キーワード:
650S, 650S スパイダー, マクラーレン, ジュネーブモーターショー2014, イベント, 自動車ニュース

マクラーレン 650S の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレンGT(MR/7AT)【試乗記】 2020.3.11 試乗記 新たなスポーツカー像を提案するというマクラーレンのニューモデル「GT」に試乗。利便性の高さが特長とされ、グランドツアラーを示す名称が与えられてはいるが、その走りのパフォーマンスはスーパースポーツで知られるメーカーの名に恥じないものだった。
  • マクラーレン540Cクーペ(MR/7AT)【試乗記】 2016.9.5 試乗記 マクラーレンの最新モデルにして、そのラインナップにおけるエントリーモデルの役割を担う「540C」。フェラーリともランボルギーニとも、ポルシェとも一味ちがう、英国のスポーツカーならではのドライブフィールに触れた。
  • マクラーレンが「GT」の一部オプションを無償化 価格を2695万円に改定し発売 2020.8.4 自動車ニュース マクラーレンがミドシップスポーツカー「GT」の価格を2695万円に改定。インテリアのトリムオプションの無償化や、3年間のメンテナンスフリーパックの導入などに伴うもので、値上げ幅は50万円となっている。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.10.28 試乗記 40年以上の歴史を積み重ねてきたフェラーリのV8モデルにオマージュをささげる新型車「F8トリブート」。その走りは、驚くほどの速さと乗りやすさを両立させた“チャレンジの集大成”というべきものだった。
  • ランボルギーニのV12ハイブリッドオープンモデル「シアン ロードスター」登場 2020.7.9 自動車ニュース 伊ランボルギーニは2020年7月8日(現地時間)、同社初となる市販V12ハイブリッドスーパーカー「Sián(シアン)FKP 37」のオープンモデル「シアン ロードスター」を発表した。台数19台の限定生産で、すでに全車完売となっている。
ホームへ戻る