デリカD:2にアイドリングストップ搭載モデル

2011.12.22 自動車ニュース

「三菱デリカD:2」にアイドリングストップ付きの特別仕様車

三菱自動車は2011年12月22日、コンパクトミニバン「デリカD:2」に、アイドリングストップ「オートストップ&ゴー(AS&G)」を採用した特別仕様車「S AS&Gホワイトリミテッド」を設定し、2012年1月12日に発売すると発表した。

今回の特別仕様車「S AS&Gホワイトリミテッド」は、上級グレード「S」のFF車をベースに、アイドリングストップ機構を採用することで燃費を向上させたモデル。燃費値(10・15モード)は23.0km/リッターで、従来型より2.0km/リッター向上したという。「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」や「ヒルスタートアシスト」も併せて搭載される。

ボディーカラーはパールホワイトのみで、インナーをスモーク化したヘッドランプやインナーをブラックメッキ化したフロントグリル、グレーのバックドアガーニッシュ、ガンメタのアルミホイールなど、随所にモノトーンで統一した特別装備が採用される。

インテリアでは、シートにブラック/グレーのチェック柄を採用。ブラックのインパネガーニッシュとドアスイッチパネル、本革巻きのステアリングホイールとシフトノブ、専用のインパネトレーマットとフロアマットを装備している。

価格は、181万5000円。

(webCG)

「デリカD:2 S AS&Gホワイトリミテッド」
「デリカD:2 S AS&Gホワイトリミテッド」 拡大

関連キーワード:
デリカD:2, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:2 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】 2011.4.5 試乗記 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)
    ……165万6000円

    ミニバン「デリカ」シリーズのエントリーモデル「D:2」に試乗。兄弟車「スズキ・ソリオ」と乗り比べ、その違いを探ってみた。
  • 三菱が「デリカD:2」と「デリカD:2カスタム」の予防安全技術を強化 2018.8.2 自動車ニュース 三菱自動車は2018年8月2日、「デリカD:2」および「デリカD:2カスタム」を一部改良し、同日、販売を開始した。両車は三菱がスズキからOEM供給を受けて販売するコンパクトハイトワゴンであり、前者が「ソリオ」の、後者が「ソリオ バンディット」の、それぞれ姉妹モデルにあたる。
  • スズキ・ソリオ バンディット ハイブリッドSV(FF/5AT)【試乗記】 2017.1.24 試乗記 スズキのトールワゴン型コンパクトカー「ソリオ」に、燃費32.0km/リッターのフルハイブリッドモデルが登場。独自開発のユニークなハイブリッドシステムが注目を集めているが、その見どころは燃費性能だけではなかった。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドSZ(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.10 試乗記 スズキがコンパクトハイトワゴン「ソリオ」シリーズに、フルハイブリッドシステム搭載車を設定。既存のリソースを積み重ねて実現したスズキ独自開発のハイブリッドには、32.0km/リッターという燃費以外にも注目すべきポイントがあった。
  • ホンダ・フィット ホーム(FF/CVT)【試乗記】 2020.5.4 試乗記 “心地よさ”をキーワードに開発されたという新型「ホンダ・フィット」。ホンダが満を持して投入したこのモデルは、意外にもフランス車のような趣を感じさせるクルマに仕上がっていた。4代目に進化したユーティリティー系コンパクトの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る