ブラック内装の特別な「トヨタ・スペイド」登場

2014.04.01 自動車ニュース
「トヨタ・スペイドF“JACK”」
「トヨタ・スペイドF“JACK”」
    拡大

ブラック内装の特別な「トヨタ・スペイド」登場

トヨタ自動車は2014年4月1日、コンパクトカー「スペイド」に特別仕様車「F“JACK”」を設定し、販売を開始した。

今回の特別仕様車は、1.5リッターエンジン搭載の中間グレード「F」をベースに、専用の内外装デザインと充実した装備を採用したものだ。

具体的には、外装にはシルバー塗装のフロントグリルやグレーメタリック塗装のホイールキャップ、メッキ加飾のバックドアガーニッシュ、アウトサイドドアハンドル、オート電動格納式リモコンドアミラー(サイドターンランプ付き)を特別装備。一方内装では、インテリアカラーにブラックを採用したほか、専用デザインのアナログ式センターメーター(メーター照度コントロール機能付き)や、メッキ加飾のインサイドドアハンドル、シフトレバーベゼル、サテン調のレジスターリングなどを採用している。

快適装備も充実しており、スマートエントリー&スタートシステムと盗難防止システムからなる「スマートエントリーパッケージ」と、オートレベリング機能付きHIDヘッドランプなどからなる「HIDパッケージ」を装備している。

ボディーカラーは、特別設定色のボルドーマイカメタリックを含む全3色の設定。価格はFF車が182万291円、4WD車が199万5149円(8%の消費税を含む)。

(webCG)
 

関連キーワード:
スペイド, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ スペイド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(前編)【試乗記】 2020.7.14 試乗記 かたや、小型車の常識を変えるという「トヨタ・ヤリス」。こなた、心地よさを強くアピールする「ホンダ・フィット」。今回は、今が旬のコンパクトなハイブリッドカー2台を乗り比べ、それぞれの持ち味を浮き彫りにした。まずは先攻、新型ヤリスについてリポートする。
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドZ/ホンダ・フィット e:HEVネス(後編)【試乗記】 2020.7.15 試乗記 2020年2月のデビュー以来ライバルとして好勝負を続ける、新型の「トヨタ・ヤリス」と「ホンダ・フィット」。ヤリスに続いて試乗したホンダのコンパクトカーは、過去のモデルから受け継いだ実力の高さを見せてくれた。
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • トヨタ・カローラ ツーリングW×B(FF/6MT)【試乗記】 2020.7.20 試乗記 1.2リッター直4ターボエンジンにレブマッチ機能付きマニュアルトランスミッション「iMT」を組み合わせた「トヨタ・カローラ ツーリングW×B」に試乗。新世代プラットフォームや個性的なデザインを用いて若返りを狙ったという、新世代「カローラ」の走りやいかに?
ホームへ戻る