ベントレーが“ミュルザンヌPHV”を披露【北京モーターショー2014】

2014.04.10 自動車ニュース
「ベントレー・ハイブリッド コンセプト」
「ベントレー・ハイブリッド コンセプト」 拡大

【北京モーターショー2014】ベントレーが“ミュルザンヌPHV”を公開

英ベントレーは北京モーターショー(会期:2014年4月20日~4月29日)で、プラグインハイブリッド車のコンセプトモデル「ハイブリッド コンセプト」を公開する。

6.8リッターV8エンジンにモーターが組み合わされ、出力は最大で25%強化される。


    6.8リッターV8エンジンにモーターが組み合わされ、出力は最大で25%強化される。
    拡大

車体後部の右側に充電用ポートが備わる。


    車体後部の右側に充電用ポートが備わる。
    拡大

■市販は2017年に、まずは新型SUVから

ベース車両は4ドアセダンの「ミュルザンヌ」。プラグインハイブリッドシステムの搭載により、出力を最大25%向上させ、その一方でCO2排出量を70%低減させる。モーターだけで50km以上の走行が可能という。
このシステムの市販は2017年からを予定。まずは新型SUVに搭載する。

内外装にはデザインのアクセントとして銅色を採用し、「電気で走るハイブリッド車らしい雰囲気」(プレスリリース)を演出した。外装ではフロントグリルのネットやヘッドランプのリング、ブレーキキャリパー、キャラクターライン、バッジなど、内装ではウッドパネルの装飾、センターコンソールのスイッチ類、計器のリングなどに銅色があしらわれる。

(webCG)

関連キーワード:
ミュルザンヌ, ベントレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • ベントレーが「フライングスパーV8」の生産をスタート 日本での納車開始は2021年第2四半期を予定 2020.11.18 自動車ニュース 英ベントレーが「フライングスパーV8」の生産を開始。エンジンは最高出力550PS、最大トルク770N・mを発生する4リッターV8ツインターボで、高い動力性能を発揮。職人の手作業で仕上げられる上質なインテリアも魅力となっている。価格は2256万1000円。
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • ベントレー・ベンテイガ 2020.7.1 画像・写真 2015年9月にデビューしてからおよそ5年。リニューアルにより最新世代の「コンチネンタルGT」や「フライングスパー」に共通する内外装デザインが与えられたラグジュアリーSUV「ベントレー・ベンテイガ」が登場。その姿を写真で紹介する。
  • ロールス・ロイス・カリナン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.10.19 試乗記 ロールス・ロイス初のSUVは、単なる“SUVブームの産物”なのか? 北米で試乗した「カリナン」は、そんな思いを吹き飛ばすほどの実力と将来性、そして老舗高級ブランドならではのマナーを兼ね備えていた。
ホームへ戻る