ベントレーが“ミュルザンヌPHV”を披露【北京モーターショー2014】

2014.04.10 自動車ニュース
「ベントレー・ハイブリッド コンセプト」
「ベントレー・ハイブリッド コンセプト」 拡大

【北京モーターショー2014】ベントレーが“ミュルザンヌPHV”を公開

英ベントレーは北京モーターショー(会期:2014年4月20日~4月29日)で、プラグインハイブリッド車のコンセプトモデル「ハイブリッド コンセプト」を公開する。

6.8リッターV8エンジンにモーターが組み合わされ、出力は最大で25%強化される。


    6.8リッターV8エンジンにモーターが組み合わされ、出力は最大で25%強化される。
    拡大

車体後部の右側に充電用ポートが備わる。


    車体後部の右側に充電用ポートが備わる。
    拡大

■市販は2017年に、まずは新型SUVから

ベース車両は4ドアセダンの「ミュルザンヌ」。プラグインハイブリッドシステムの搭載により、出力を最大25%向上させ、その一方でCO2排出量を70%低減させる。モーターだけで50km以上の走行が可能という。
このシステムの市販は2017年からを予定。まずは新型SUVに搭載する。

内外装にはデザインのアクセントとして銅色を採用し、「電気で走るハイブリッド車らしい雰囲気」(プレスリリース)を演出した。外装ではフロントグリルのネットやヘッドランプのリング、ブレーキキャリパー、キャラクターライン、バッジなど、内装ではウッドパネルの装飾、センターコンソールのスイッチ類、計器のリングなどに銅色があしらわれる。

(webCG)

関連キーワード:
ミュルザンヌ, ベントレー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.21 試乗記 「ベントレー・ベンテイガ」の最新モデルでは、英国流のクラフトマンシップとデジタル技術が融合した、独自のラグジュアリーな空間が展開されている。最高出力635PSのW12ユニットを積んだ高性能バージョン「スピード」で、その世界に身をゆだねてみた。
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • メルセデス・ベンツC200アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2021.10.22 試乗記 5代目「メルセデス・ベンツCクラス」がいよいよ日本の道を走り始めた。強力な電動パワートレインや先進のインフォテインメントシステムを採用した新型は、“C”の枠を大きく飛び越えるほどの進化を果たしている。1.5リッターマイルドハイブリッドモデルに試乗した。
ホームへ戻る