ボルボV40クロスカントリーに限定のFF車が登場

2014.04.24 自動車ニュース
「ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック」
「ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック」 拡大

「ボルボV40クロスカントリー」に限定のFF車が登場

ボルボ・カー・ジャパンは2014年4月24日、特別仕様車「ボルボV40クロスカントリー T4 ノルディック」を200台限定で発売した。

今回発売されたV40クロスカントリー T4 ノルディックは、V40クロスカントリーのエントリーモデルとなる特別限定車だ。

既存のカタログモデル「T5 AWD」が2リッター直5ターボエンジンを搭載する4WD車であるのに対して、T4 ノルディックは、より排気量の小さな1.6リッター直4ターボエンジンを搭載するFF車。燃費(JC08モード)は、T5 AWDの12.4km/リッターを上回る16.2km/リッターで、エコカー減税の対象となっている。

エクステリアは、シルバーの17インチアルミホイールでドレスアップ。インテリアは、カッパードーンアルミニウム(銅色)のセンターコンソールパネルや、T-tecとテキスタイルからなるコンビシートが特徴だ。

ナビゲーションパッケージや、運転席および助手席の電動調節機構といった快適装備が標準で与えられるのも、セリングポイントである。

ボディーカラーは「ブラックサファイアメタリック」(オプション価格8万2286円)、「ロウカッパーメタリック」(同8万2286円)、「クリスタルホワイトパール」(同10万2858円)、「アイスホワイト」の全4色で、価格は380万円(いずれも8%の消費税含む)。200台限定で販売される。

2014年6月30日までの登録車に限り、エンジンの出力およびトルクを向上させるオプション「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」(20万5715円)も無償で提供される。

(webCG)

関連キーワード:
V40クロスカントリー, ボルボ, 自動車ニュース

ボルボ V40クロスカントリー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV40クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2019.10.9 試乗記 長年にわたってボルボの販売面での主役を務めてきた「ボルボV40/V40クロスカントリー(CC)」が、2019年内に生産終了を迎える。最後の試乗の出発地は栃木・宇都宮。東京を目指す道のりで、V40CCとじっくり向き合ってみた。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • 第1回:いま「V40」はこうなっている! 2018.3.30 ボルボV40 解体新書 デビューから5年。日本の道でも多く見られるようになったボルボのコンパクトハッチバック「V40」。進化を重ねたいま、これまでの変遷を振り返りつつその本質に迫る。
  • 第2回:北の大地をボルボで駆ける 2013.12.27 「ボルボV40」を知る。見る。語る。 スタイル自慢の「ボルボV40」シリーズの中でも、とりわけ印象的な「V40クロスカントリー」。では、走りの質はどうなのか? 雪景色の北海道で試した。
  • アウディが2021年1月に価格を改定 一部モデルは2020年12月1日から新価格に 2020.12.1 自動車ニュース アウディ ジャパンは2020年12月1日、2021年1月以降に出荷する車両の価格改定を行うと発表した。対象となる車両は「A1」「A6/A6アバント」「A7スポーツバック」「A8」「Q7」および「Q8」。「A1」と「Q7」は2020年12月1日出荷分から新価格が適用される。
ホームへ戻る