トヨタ、ランドクルーザーをマイナーチェンジ

2011.12.19 自動車ニュース

トヨタ、「ランドクルーザー」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は2011年12月19日、「ランドクルーザー」にマイナーチェンジを施し、2012年1月6日に発売すると発表した。

「ランドクルーザー」に実施された主な変更点は次のとおり。外観や内装の手直しのほか、オフロードの走破性なども改善されている。

■外観と内装
・フロントまわり、リアコンビネーションランプ、サイドプロテクションモール、アルミホイール(18および20インチ)などのデザインを変更したほか、プロジェクター式ヘッドランプを採用。
・サイドターンランプ付きドアミラーや雨滴センサー付きフロントオートワイパーなどを標準装備(除く「GX」)。
・新色2種(アティチュードブラックマイカ、ベージュマイカメタリック)を含む全7色の外板色を設定。
・新色シェルを含む全3色の内装色を設定。
・インストゥルメントパネルなどに木目調加飾を採用して上質感を演出

■機能
・スイッチ操作でトラクションやブレーキの制御を切り替え、オフロードの走破性を高める「マルチテレインセレクト」を採用(除く「GX」)。
・車載カメラの映像によって周囲の路面状況が確認できる「マルチテレインモニター」を採用(除く「GX」)。
・ステアリング操作のみで極低速走行できる「クロールコントロール」の速度設定を5段階に変更(従来は3段階)。
・クロールコントロール走行時にタイトなコーナーでの回頭性を高める「ターンアシスト機能」を搭載。
・上級モデルにステアリングヒーター、ベンチレーション機能付きフロントシートなどを標準装備。
・大型「マルチインフォメーションディスプレイ」を採用して視認性を改善(除く「GX」)。

新しい価格は、440万円(GX)から630万円(ZX)まで。月販目標台数は300台。

(webCG 竹下)

関連キーワード:
ランドクルーザー, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ランドクルーザー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.9.22 試乗記 1年間の期間限定で、日本市場に10年ぶりに復活した「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」。30年の長きにわたり、世界各地で鍛えられてきた本格クロスカントリー車の実力に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ ピックアップ(4WD/5MT)【試乗記】 2014.11.24 試乗記 10年ぶりの「トヨタ・ランドクルーザー“70”シリーズ」復活に際し、「バン」と合わせてラインナップされたダブルキャブ ピックアップトラック。30年の歴史の中で、これが日本初導入となる「荷台付きのナナマル」の走りを試した。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク4xe(4WD/6AT)【試乗記】 2021.1.19 試乗記 道なき道を突き進むクロスカントリーの祖……こうしたイメージの根強いジープにも、いよいよ電動化の波が押し寄せてきた。ブランド初のプラグインハイブリッド車(PHEV)「レネゲード4xe」の仕上がりを試す。
ホームへ戻る