トヨタ、新エンジンで「ラクティス」の燃費改善

2014.05.12 自動車ニュース
「トヨタ・ラクティスS“プライムスタイル”」
「トヨタ・ラクティスS“プライムスタイル”」
    拡大

トヨタ、新エンジンで「ラクティス」の燃費を改善

トヨタ自動車は2014年5月12日、コンパクトカー「ラクティス」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

今回の改良では、1.3リッター車にアトキンソンサイクルやクールドEGR、VVT-iEなどの技術を採用した新エンジンを搭載。アイドリングストップ機構搭載車では21.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能を実現した。

内外装のデザインも一部を変更しており、エクステリアではプロジェクター式ヘッドランプやLEDクリアランスランプ、メッキ加飾付きのフロントグリルを採用したほか、リアコンビネーションランプの形状を変更。「S」のホイールのデザインも変更となっている。

一方インテリアでは、センタークラスターにブラックメタリック塗装を施したほか、メーターフードやセンタークラスターのシボ加工のデザインを変更。新グレードの「G“プライムスタイル”」には、シルバーステッチ入りのステアリングホイールやシフトノブ、専用のシート表皮を採用している。

このほかにも、アイドリングストップ機構搭載車には、燃費や走行可能距離などを表示するTFTマルチインフォメーションディスプレイを装備。また、全車のフロントドアガラスをスーパーUVカット・IRカット機能付きとした。

価格は161万5091円~195万4800円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ラクティス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ラクティス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス プロトタイプ【試乗記】 2020.8.10 試乗記 WRCへの投入を念頭に、トヨタが開発した「GRヤリス」。公道デビューを間近に控えたそのカタログモデル3グレードに試乗。トヨタ久々のコンパクトスポーツは、モータースポーツ直系マシンならではの“本気度”と、操る楽しさを併せ持つ一台となっていた。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(後編:無限/NISMO編)【試乗記】 2020.11.26 試乗記 メーカー直系のチューニングブランドが一堂に会する合同試乗会を取材。後編では、無限(M-TEC)が現在開発中のカーボンエアロを装着した「ホンダS660」と、同じく無限の用品を装着した「シビック」、エンジンまで手が入った「日産マーチNISMO S/ノートNISMO S」を試す。
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:STI/TRD編)【試乗記】 2020.11.25 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカー直系のワークスチューナーが一堂に会して合同試乗会を開催。まずはSTIが手がけた「スバル・インプレッサスポーツSTI Sport」とコンプリートカー「S209」、GRパーツを装着した「コペンGRスポーツ」の走りを試す。
ホームへ戻る