トヨタ、新エンジンで「ラクティス」の燃費改善

2014.05.12 自動車ニュース
「トヨタ・ラクティスS“プライムスタイル”」
「トヨタ・ラクティスS“プライムスタイル”」
    拡大

トヨタ、新エンジンで「ラクティス」の燃費を改善

トヨタ自動車は2014年5月12日、コンパクトカー「ラクティス」をマイナーチェンジし、販売を開始した。

今回の改良では、1.3リッター車にアトキンソンサイクルやクールドEGR、VVT-iEなどの技術を採用した新エンジンを搭載。アイドリングストップ機構搭載車では21.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能を実現した。

内外装のデザインも一部を変更しており、エクステリアではプロジェクター式ヘッドランプやLEDクリアランスランプ、メッキ加飾付きのフロントグリルを採用したほか、リアコンビネーションランプの形状を変更。「S」のホイールのデザインも変更となっている。

一方インテリアでは、センタークラスターにブラックメタリック塗装を施したほか、メーターフードやセンタークラスターのシボ加工のデザインを変更。新グレードの「G“プライムスタイル”」には、シルバーステッチ入りのステアリングホイールやシフトノブ、専用のシート表皮を採用している。

このほかにも、アイドリングストップ機構搭載車には、燃費や走行可能距離などを表示するTFTマルチインフォメーションディスプレイを装備。また、全車のフロントドアガラスをスーパーUVカット・IRカット機能付きとした。

価格は161万5091円~195万4800円。

(webCG)
 

関連キーワード:
ラクティス, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ ラクティス の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヤリスZ(FF/CVT)【試乗記】 2020.4.6 試乗記 全面刷新された「ヴィッツ」あらため「ヤリス」。「ハイブリッドG」に続き、ガソリンエンジン搭載のFFトップグレード「Z」に試乗。最高出力120PSの新開発1.5リッター直3エンジン+CVTはどんな走りを見せるのか。そしてハイブリッドモデルとの違いは?
  • トヨタ・ヤリス ハイブリッドG(FF/CVT)【試乗記】 2020.3.21 試乗記 トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」がフルモデルチェンジ。プラットフォームやパワートレイン、内外装デザインなどすべてが刷新され、車名まで従来のグローバル名たる「ヤリス」に改められて登場した。まずは最量販モデルと位置付けられる「ハイブリッドG」の出来栄えを確かめる。
  • トヨタ・ヤリス 2019.10.16 画像・写真 国内では「ヴィッツ」の名で販売されてきた、トヨタのコンパクトハッチバック「ヤリス」がフルモデルチェンジ。2020年2月の発売を前に世界初公開された新型の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ハリアー プロトタイプ【試乗記】 2020.6.12 試乗記 都市型プレミアムSUVの元祖であり、トヨタが誇る人気モデルの一台にも数えられる「ハリアー」。レクサスとたもとを分かった現行型の“味”を引き継ぎつつ、あらためて世界に挑もうとする新型の出来栄えは? クローズドコースでプロトタイプの走りを確かめた。
  • 第662回:新天地で復活の兆し!? 「トヨタiQ」は二度死ぬ 2020.7.3 マッキナ あらモーダ! 世界各地で華々しく導入されたものの、今ひとつパッとしなかった「トヨタiQ」。しかし2020年現在、新天地を見つけて再起を図っているというウワサがある。最新の状況を大矢アキオがリポートする。
ホームへ戻る