マツダ、新型「デミオ」に新開発ディーゼル搭載

2014.06.11 自動車ニュース
「SKYACTIV-D 1.5」
「SKYACTIV-D 1.5」
    拡大

マツダ、新型「デミオ」に新開発ディーゼルエンジンを搭載

マツダは2014年6月10日、新開発の1.5リッターディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を、新型「デミオ」に搭載すると発表した。

 

SKYACTIV-D 1.5は、マツダがコンパクトカー向けに開発している新型のディーゼルエンジンである。圧縮比をディーゼルエンジンとしては低い14.8とするなど、既存の「SKYACTIV-D 2.2」で培った技術を踏襲しつつ、燃焼における均質リーン化領域の拡大や、エンジンの小型化にともなって増大する冷却損失の抑制、さらなる機械抵抗の低減などといった施策を行ったものとなっている。

具体的には、高圧EGR&低圧EGRシステムを採用することで均質リーン化領域を拡大し、燃費性能を向上させた。また、高分散噴霧のソレノイドインジェクターと段付きエッグシェイプピストンによって火炎の壁面接触を低減させるとともに、過渡燃焼制御技術によって冷却損失を抑制させている。

また、エンジン冷却システムには冷却水制御バルブやウオータージャケットスペーサーを採用することで、燃焼効率の改善と機械抵抗の低減を図った。過給器は回転センサー付きの可変ジオメトリーターボチャージャーで、加速レスポンスと過給効率を向上させるため、吸気管と一体式の水冷インタークーラーを新たに採用している。

これらの技術の採用により、SKYACTIV-D 1.5は、高価なNOx後処理システムなしで日本のポスト新長期規制や欧州のユーロ6の規制をクリアする、高い環境性能を獲得した。同時に、2.5リッター自然吸気ガソリンエンジンに匹敵する最大トルクや、高回転までリニアに加速する優れた動力性能を備えているという。

なお、同エンジンを搭載した新型デミオの燃費性能についてマツダは、「アイドリングストップ技術や減速エネルギー回生システム、高効率トランスミッションと組み合わせることにより、ハイブリッド車や軽自動車を除く、内燃機関搭載車として最高のモード燃費と大幅な実用燃費の改善を図る」としている。

■「SKYACTIV-D 1.5」主要諸元(マツダ社内測定値)
直列4気筒1.5リッター直噴ディーゼルエンジン
排気量:1497cc
ボア×ストローク:76.0mm×82.5mm
圧縮比:14.8
最高出力(ネット):105ps(77kW)/4000rpm
最大トルク(ネット):25.5kgm(250Nm)/1500-2500rpm

(webCG)
 

関連キーワード:
デミオ, マツダ, -->, 自動車ニュース

マツダ デミオ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-30 X Lパッケージ(4WD/6MT)/CX-30 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2020.9.11 試乗記 マツダのコンパクトクロスオーバー「CX-30」を、横浜から信州・松本まで2日間700kmにわたって試乗。新世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブX)」とディーゼルエンジン搭載車を乗り比べて分かったことは?
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • ポルシェ718ケイマンGT4(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.8 試乗記 「ポルシェ718ケイマン」に追加設定されたハードコアモデル「GT4」に試乗。車名の由来ともなった水平対向4気筒ターボから、新開発の自然吸気フラット6へとエンジンが置き替えられた、高性能ミドシップマシンのパフォーマンスやいかに。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
  • アウディQ3 35 TDIクワトロSライン/Q3スポーツバック35 TFSI Sライン【試乗記】 2020.9.15 試乗記 プレミアムな小型SUVの元祖として、各社がこぞってお手本にしたという「アウディQ3」。その新型がいよいよ日本に上陸した。クーペスタイルの「スポーツバック」とともに箱根のワインディングロードに連れ出し、仕上がりをテストした。
ホームへ戻る