白×青の「シボレー・カマロ」10台限定で発売

2014.08.05 自動車ニュース
「シボレー・カマロ スポーティブルー」
「シボレー・カマロ スポーティブルー」
    拡大

白×青の「シボレー・カマロ」10台限定で発売

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年8月5日、「シボレー・カマロ」の特別仕様車「スポーティブルー」を発表した。同年8月30日に、10台限定で発売する。

今回発売されるシボレー・カマロ スポーティブルーは、3.6リッターV6エンジンを搭載する「カマロLT RS」をベースに、特別な内外装が与えられた限定車。

ブルーインテリアアクセントパッケージとブルーレザーシートからなる青基調のインテリアと、シルバーのラリーストライプをアクセントとした白いエクステリア(ボディーカラー:サミットホワイト)が特徴となっている。

価格は、ベースモデルより10万円高の478万円。

(webCG)

関連キーワード:
カマロ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロ 2016.12.1 画像・写真 ゼネラルモーターズ・ジャパンが2017年の戦略を説明するビジネスコンファレンスを開催。その席で、2017年に導入する予定の新型「シボレー・カマロ」(米国仕様)を日本初公開した。6代目となる新型カマロの姿を、写真で紹介する。
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
  • 「シボレー・カマロ」に2021年モデル登場 純正ナビゲーションシステムを標準装備 2020.12.10 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが「シボレー・カマロ」の2021年モデルを発表。ワイヤレスチャージング機能と、データ更新が不要な完全通信型の「クラウドストリーミングナビ」を全グレードに標準装備した。価格は556万円から710万円。
  • GMジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様を変更 ボディーカラーを5色から4色に整理 2020.6.9 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンが「シボレー・カマロ」の一部仕様変更を発表。ボディーカラーのラインナップから「サテンスチールグレーメタリック」を廃止。「リバーサイドブルーメタリック」「ブラック」「サミットホワイト」「レッドホット」の全4色の設定とした。
ホームへ戻る