白×青の「シボレー・カマロ」10台限定で発売

2014.08.05 自動車ニュース
「シボレー・カマロ スポーティブルー」
「シボレー・カマロ スポーティブルー」
    拡大

白×青の「シボレー・カマロ」10台限定で発売

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年8月5日、「シボレー・カマロ」の特別仕様車「スポーティブルー」を発表した。同年8月30日に、10台限定で発売する。

今回発売されるシボレー・カマロ スポーティブルーは、3.6リッターV6エンジンを搭載する「カマロLT RS」をベースに、特別な内外装が与えられた限定車。

ブルーインテリアアクセントパッケージとブルーレザーシートからなる青基調のインテリアと、シルバーのラリーストライプをアクセントとした白いエクステリア(ボディーカラー:サミットホワイト)が特徴となっている。

価格は、ベースモデルより10万円高の478万円。

(webCG)

関連キーワード:
カマロ, シボレー, 自動車ニュース

シボレー カマロ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・カマロSS(FR/10AT)【試乗記】 2019.4.8 試乗記 最新の10段ATや“ラインロック”機能付きのローンチコントロールなど、さまざまな新機軸が取り入れられた2019年モデルの「シボレー・カマロSS」。パワフルな6.2リッターV8 OHVを積んだ現代のマッスルカーは、どのような進化を遂げたのか?
  • ホンダS2000<20周年記念純正アクセサリー装着車>(FR/6MT)【試乗記】 2020.6.19 試乗記 ホンダのオープントップスポーツ「S2000」の純正アクセサリーが新たに発売される。ホンダアクセスが手がけたこれらアイテムの開発コンセプトは“20年目のマイナーモデルチェンジ”。ワインディングロードで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • シボレー・カマロLT RSローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.20 試乗記 アメリカを代表するスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が、日本導入から1年にしてマイナーチェンジ。2リッターターボエンジンを搭載した「LT RS」の試乗を通し、いまや希少なそのキャラクターと、良質なFRクーペならではの走りをリポートする。
  • 第1回:検証“2リッター・カマロ”の魅力と実力 2018.6.29 シボレー・カマロに宿るモダンアメリカンの魅力<PR> 50年を超える歴史を持つ、アメリカを代表するスペシャリティーカー「シボレー・カマロ」。その魅力を探るべく、2リッターの高出力ターボエンジンを積んだコンバーチブルでツーリングを実施。今どきのアメリカ車だけに許された、豊かな味わいに触れた。
  • シボレー・カマロSS(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.9 試乗記 アメリカ伝統のスペシャリティークーペ「シボレー・カマロ」が6代目にフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームを得て、走りはどう変わったのか? パワフルな6.2リッターV8エンジンを搭載した「SS」で、その実力を確かめた。
ホームへ戻る