「スズキ・キャリイ」に5段セミAT車が登場

2014.08.26 自動車ニュース
「スズキ・キャリイ」
「スズキ・キャリイ」 拡大

「スズキ・キャリイ」に5段セミAT車が登場

スズキは2014年8月26日、軽商用車「キャリイ」に一部改良を実施。ラインナップに5段シングルクラッチ式AT「Auto Gear Shift(オートギアシフト:以下AGS)」搭載車を追加し、販売を開始した。

シングルクラッチ式ATの「Auto Gear Shift(オートギアシフト)」。
シングルクラッチ式ATの「Auto Gear Shift(オートギアシフト)」。 拡大
「AGS」搭載車のシフトセレクター。マニュアルモードが備わっている。
「AGS」搭載車のシフトセレクター。マニュアルモードが備わっている。 拡大
「AGS」搭載車のメーター。
「AGS」搭載車のメーター。 拡大

AGSとは、5段マニュアルトランスミッションをベースに、クラッチおよびシフト操作を自動で行う電動油圧式アクチュエーターを採用したものである。他社のシングルクラッチ式ATに対し、駐車時やエンジン始動時に使用するPレンジを設定した点や、ブレーキから離しただけでクルマが前進するクリープ機能の採用、坂道での車両の後退などを抑制する、ヒルホールドコントロール機能も備えている点などが特徴となっている。

一方走行性能に関しては、ローギアード化によって5MT仕様を上回る登坂能力や、悪路での高い走破性能を確保。ギア数が5段あるので、高速走行時にはエンジンの回転数を低くおさえることができ、3AT仕様より高い静粛性を実現しているという。また減速時の、MT仕様と同様のエンジンブレーキの利きもAGSの特徴となっている。

燃費はFR車で19.4km/リッター、4WD車で19.2km/リッター(JC08モード)と、ともに5MT仕様と3AT仕様を上回る。トランスミッションとエンジンとの協調制御により、変速ショックの少ない滑らかなシフトフィーリングを実現しているという。

価格は以下の通り。
・キャリイ KCエアコン・パワステ セットオプション装着車(FR):92万6640円
・キャリイ KCエアコン・パワステ セットオプション装着車(4WD):107万6580円

なお、今回の改良では一部グレードにおけるカラーバリエーションの変更も実施。「KCエアコン・パワステ農繁」には銀と紺の、「KX」には紺のボディーカラーを追加した。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャリイ, スズキ, 自動車ニュース

スズキ キャリイ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スーパーキャリイX(FR/5MT)【試乗記】 2018.8.6 試乗記 スズキの軽トラック「キャリイ」に、巨大なキャビンを備えたその名も「スーパーキャリイ」が登場。大幅に便利に、快適になった車内空間の“居心地”は? 比喩表現ではない、本当の意味での“プロのツール”の使用感と、乗用車とは全く違う走りの味をリポートする。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
  • ランドローバー・ディフェンダー110(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.27 試乗記 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」といった本格オフローダーのフルモデルチェンジが相次いだ昨今。遅ればせながら「ランドローバー・ディフェンダー」も新型に生まれ変わった。悪路走破性能……の前に、まずは日常領域での使い勝手をチェックした。
  • 「積めればいい」は過去の話
    軽トラックの最前線を追う
    2018.11.14 デイリーコラム 「とにかく積めればいい」「キャビンの使い勝手は二の次」と、レーシングカーとはまた違った“スパルタンさ”が当然だった軽トラックだが、最近は少々事情が異なる。先進安全装備だけでなく、クルマをオシャレに飾るアイテムがふんだんに用意されているのだ。その最前線を追った。
  • スバル・レヴォーグ プロトタイプ【試乗記】 2020.9.18 試乗記 間もなく正式発売となる新型「スバル・レヴォーグ」のプロトタイプにサーキットで試乗。フルモデルチェンジによって進化したボディーやサスペンション、専用開発されたタイヤ、そして新しくなったパワートレインが織りなす“動的印象”を報告する。
ホームへ戻る