「三菱デリカD:2」の安全装備が充実

2014.08.21 自動車ニュース
「三菱デリカD:2 S AS&G」
「三菱デリカD:2 S AS&G」 拡大

「三菱デリカD:2」の安全装備が充実

三菱自動車は2014年8月21日、コンパクトワゴン「デリカD:2」に一部改良を実施し、販売を開始した。

新グレードの「リミテッド」。ボディーカラーは「コメットグリーンパールメタリック」。


	新グレードの「リミテッド」。ボディーカラーは「コメットグリーンパールメタリック」。
	拡大

デリカD:2は、三菱がスズキからOEM供給を受けて販売している5ナンバーサイズのコンパクトワゴンであり、「スズキ・ソリオ」の姉妹モデルにあたる。

今回の改良では、車両の横滑りを防止する「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」と、坂道発進時の後退を抑える「ヒルスタートアシスト」を全車に搭載したほか、自動緊急ブレーキシステム「FCM-City」を、「S AS&G」「S」「X」に標準装備とした(従来は同3グレードにオプション設定)。

またボディーカラーの展開を見直し、新色の「コメットグリーンパールメタリック」を採用。新グレードとして、エンジンスイッチ、キーレスオペレーションシステム、ワンタッチ電動スライドドア(リア助手席側)などの機能装備を充実させながら、価格を抑えた「Limited(リミテッド)」を追加設定した。

価格は以下の通り。
・リミテッド(FF):151万5240円
・リミテッド(4WD):167万7240円
・G4(4WD):172万5840円
・X(FF):166万1040円
・X(4WD):182万3040円
・S(FF):178万4160円
・S(4WD):194万6160円
・S AS&G(FF):188万6760円

(webCG)
 

関連キーワード:
デリカD:2, 三菱, 自動車ニュース

三菱 デリカD:2 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)【試乗記】 2011.4.5 試乗記 三菱デリカD:2 S(FF/CVT)
    ……165万6000円

    ミニバン「デリカ」シリーズのエントリーモデル「D:2」に試乗。兄弟車「スズキ・ソリオ」と乗り比べ、その違いを探ってみた。
  • 三菱が「デリカD:2」をフルモデルチェンジ より存在感を増したデザインに 2020.12.24 自動車ニュース 三菱自動車は2020年12月24日、「デリカD:2」の新型を発表し、販売を開始した。ボディー全長を伸ばしたことによる荷室空間の拡大や、より存在感を増したフロントマスクなどが特徴となっている。
  • スズキ・ソリオ ハイブリッドMZ/ソリオ バンディット ハイブリッドMV【試乗記】 2020.12.24 試乗記 5ナンバー規格に収まるフットプリントと背高ボディーで人気の「スズキ・ソリオ」がフルモデルチェンジ。コンパクトさと広さの両立を求められる日本ならではのファミリーカー、その最新モデルの仕上がりをリポートする。
  • 三菱、コンパクトワゴンの新型デリカD:2発売 2015.12.18 自動車ニュース 三菱自動車は2015年12月17日、新型「デリカD:2」の販売を開始した。同車は「スズキ・ソリオ」の姉妹モデルにあたり、コンパクトハイトワゴンならではの車内空間や、FF車で27.8km/リッターという燃費性能などは、いずれもベース車に準じたものとなっている。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
ホームへ戻る