BMW、「1シリーズ」に“便利な機能”を追加

2014.08.25 自動車ニュース

BMW、「1シリーズ」に“便利な機能”を追加

BMWジャパンは、コンパクトハッチバック「1シリーズ」の装備を充実させ、2014年8月25日に発売した。

 

今回、「116i」と「120i」の各モデルに、「USBオーディオインターフェイス」と「ハンズフリーテレフォンシステム」が標準装備された。

各機能の詳しい内容は、以下の通り。

・USBオーディオインターフェイス
携帯電話やポータブルオーディオプレーヤーなどの音楽データを、車両のAVシステムを通じて再生できるほか、アルバムのカバーアートをディスプレイに表示し、iDriveコントローラーで選曲することが可能になる。

・ハンズフリーテレフォンシステム
Bluetooth対応の携帯電話を車両とワイヤレス接続することで、ハンズフリー通話が可能に。携帯電話の電話帳を車両のコントロールディスプレイ上に表示し、iDriveコントローラーで電話番号を入力・検索できる。

さらに、120iとM135iに標準装備されるETC車載機には、ITSスポット(DSRC)対応機能が追加され、「iDriveナビゲーションシステム」の「ダイナミックルートガイダンス(渋滞データを元に最適なルート選択する機能)」の精度が向上。落下物や渋滞に関する注意喚起情報も得られるようになった。

各モデルの価格は据え置きで、以下の通り。

・116i:317万円
・116i スポーツ/スタイル:337万円
・116i Mスポーツ:358万円
・120i:378万円
・120i スポーツ/スタイル:409万円
・120i Mスポーツ:419万円
・M135i:566万円

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • BMW X2 xDrive20d MスポーツX エディションジョイ+(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.10 試乗記 「BMW X2」に追加設定された「xDrive20d MスポーツX」に試乗。既発の「xDrive18d」比で+40PSとなる190PSのディーゼルユニットとMスポーツサスペンションのコンビネーションは、導入初期モデルの印象を上書きするのに十分な仕上がりだった。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • 漆黒をテーマに内外装をコーディネートした「BMW 118dピュアブラック」登場 2020.11.16 自動車ニュース BMWジャパンは2020年11月16日、コンパクトハッチバック「BMW 118d」に漆黒をテーマに仕立てた限定車「Pure Black(ピュアブラック)」を設定。BMWオンラインストアにおいて10台の台数限定で、同年11月20日午前9時に注文受け付けを開始すると発表した。
  • BMWアルピナB3リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2020.11.7 試乗記 東京モーターショーでの世界初公開から1年、アルピナの最新モデルである新型「B3」がいよいよ日本でも発売された。“アルピナ・マジック”とも称されるシームレスライドと高出力の3リッター直6エンジンが織りなす走りを、裏磐梯のワインディングロードで試す。
ホームへ戻る