BMW、「1シリーズ」に“便利な機能”を追加

2014.08.25 自動車ニュース

BMW、「1シリーズ」に“便利な機能”を追加

BMWジャパンは、コンパクトハッチバック「1シリーズ」の装備を充実させ、2014年8月25日に発売した。

 

今回、「116i」と「120i」の各モデルに、「USBオーディオインターフェイス」と「ハンズフリーテレフォンシステム」が標準装備された。

各機能の詳しい内容は、以下の通り。

・USBオーディオインターフェイス
携帯電話やポータブルオーディオプレーヤーなどの音楽データを、車両のAVシステムを通じて再生できるほか、アルバムのカバーアートをディスプレイに表示し、iDriveコントローラーで選曲することが可能になる。

・ハンズフリーテレフォンシステム
Bluetooth対応の携帯電話を車両とワイヤレス接続することで、ハンズフリー通話が可能に。携帯電話の電話帳を車両のコントロールディスプレイ上に表示し、iDriveコントローラーで電話番号を入力・検索できる。

さらに、120iとM135iに標準装備されるETC車載機には、ITSスポット(DSRC)対応機能が追加され、「iDriveナビゲーションシステム」の「ダイナミックルートガイダンス(渋滞データを元に最適なルート選択する機能)」の精度が向上。落下物や渋滞に関する注意喚起情報も得られるようになった。

各モデルの価格は据え置きで、以下の通り。

・116i:317万円
・116i スポーツ/スタイル:337万円
・116i Mスポーツ:358万円
・120i:378万円
・120i スポーツ/スタイル:409万円
・120i Mスポーツ:419万円
・M135i:566万円

(webCG)

関連キーワード:
1シリーズ, BMW, 自動車ニュース

BMW 1シリーズ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • 第185回:骨の髄までしゃぶり尽くせ 2020.7.21 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第185回は「骨の髄までしゃぶり尽くせ」。愛車の「BMW 320d」が故障し、次々と警告が発せられた! 手を尽くした先に判明した、意外な原因とは? オーナーを混乱させる結果となった、BMWの設計にモノ申す。
  • 「BMW 1シリーズ」に新グレード「118d」が登場 2リッターディーゼルエンジンを搭載 2020.4.3 自動車ニュース 「BMW 1シリーズ」に新グレード「118d」が登場。最高出力150PS、最大トルク350N・mを発生する2リッターディーゼルエンジンを搭載。8段ATとの組み合わせにより、WLTCモード計測で16.7km/リッターという燃費性能を実現している。
  • BMW M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2020.3.9 試乗記 3代目に生まれ変わった「BMW 1シリーズ」で多くの読者が気にかけているのはFRからFFへの基本駆動方式の変更に違いない。かくいうリポーターもまたその一人だ。肝心要のハンドリング性能をトップグレード「M135i xDrive」で確かめた。
ホームへ戻る