「トヨタ・エスティマ」が雑誌『VERY』とコラボ

2014.09.02 自動車ニュース
「エスティマ 2.4アエラス“VERYエディション”」
「エスティマ 2.4アエラス“VERYエディション”」 拡大

トヨタ、「エスティマ」「エスティマハイブリッド」の一部仕様を変更

トヨタ自動車は2014年9月2日、ミニバン「エスティマ」「エスティマハイブリッド」の一部仕様を変更するとともに、特別仕様車“VERYエディション”を設定し、発売した。

「エスティマハイブリッド アエラス“VERYエディション”」
「エスティマハイブリッド アエラス“VERYエディション”」 拡大

「トヨタ・エスティマ」が雑誌『VERY』とコラボの画像 拡大

「トヨタ・エスティマ」が雑誌『VERY』とコラボの画像 拡大

「トヨタ・エスティマ」が雑誌『VERY』とコラボの画像 拡大

今回、エスティマの全車に「S-VSC(ステアリング協調車両安定性制御システム)」が標準装備とされたほか、エスティマ/エスティマハイブリッドの全車にリバース電動・オート電動格納機能付きのドアミラーが採用された。

“VERYエディション”は女性ライフスタイル誌『VERY』とのコラボレーションによって企画された特別仕様車で、「エスティマ 2.4アエラス 7人乗り」と「エスティマハイブリッド アエラス 7人乗り」の2グレードをベースにしたモデルを新設定。「VERY編集長と読者モデルらの視点を車の内外装の随所に取り入れた、黒基調のシンプルなデザイン」がセリングポイントとされる。

特別仕様車の主な装備内容は以下の通り。

・クロムメッキ仕上げのフロントバンパーモール/サイドモール/フロントエンブレム/バックドアガーニッシュ/フロントフォグランプ
・オールブラック塗装のディスチャージヘッドランプ
・サイバーカーボン調(ブラック)のインストゥルメントパネル/フロントドアアームレスト
・ブラックのルーフピラー
・植毛タイプのフロントピラーガーニッシュ
・フロントドア/スライドドア/クオーターのソフトレザートリム
・ベージュのシート表皮(合成皮革)
・快適温熱シート(運転席・助手席)
・スーパーUVカット・IRカット機能付きのフロントドアガラス
・ナノイー
・リアオートエアコン
・フロントドア左右/スライドドア左右のLEDスポットランプ
・フロントドア左右のドアカーテシランプ
・脱着式デッキボード

価格は、「エスティマ 2.4アエラス“VERYエディション”」が333万8182円。「エスティマハイブリッド アエラス“VERYエディション”」が436万3200円。

(webCG)

関連キーワード:
エスティマ, トヨタ, 自動車ニュース

トヨタ エスティマ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
  • トヨタ・シエンタ ファンベースG(FF/CVT)【試乗記】 2019.1.10 試乗記 トヨタの人気ミニバン「シエンタ」に、3列目シートを取り払った5人乗り仕様「ファンベース」が追加された。乗車可能人数を削減してまで手にした広いラゲッジスペースは、家族にどのような世界を見せてくれるのだろうか。
  • トヨタ・ヴォクシー ハイブリッドV 7人乗り(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.10 試乗記 ありそうでなかった、「ノア/ヴォクシー」のハイブリッドモデル。先ほど新たに加わったハイブリッド仕様は、ベストセラーミニバンの“足どり”をどう変える? ヴォクシー ハイブリッドの最上級グレード「V」に試乗した。
  • 「トヨタRAV4」にオフロード性能を強化した特別仕様車 2020.10.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年10月2日、「RAV4」の「アドベンチャー」グレードに特別仕様車“オフロードパッケージ”を設定し、販売を開始した。オフロードイメージを強めただけでなく、最低地上高を高めて悪路走破性を強化している。
  • BMW M760Li xDrive(後編) 2020.1.2 谷口信輝の新車試乗 「一度乗ったら降りたくなくなる」と、レーシングドライバー谷口信輝も称賛。BMWのフラッグシップサルーン「M760Li xDrive」の乗り味は、ほかのリムジンとどう違う?
ホームへ戻る