新型「スバル・サンバートラック」が登場

2014.09.02 自動車ニュース
「スバル・サンバートラックTC」
「スバル・サンバートラックTC」 拡大

新型「スバル・サンバートラック」が登場

富士重工業は2014年9月2日、軽商用車の「スバル・サンバートラック」をフルモデルチェンジし、販売を開始した。

スバル・サンバートラックは、富士重がダイハツからOEM供給を受けて販売している、軽トラックである。

今回の新型は、同日発表・発売された10代目「ダイハツ・ハイゼット トラック」の姉妹モデルにあたり、新開発のプラットフォームやボディーにより、居住性や運転のしやすさ、乗降性などを改善。エンジンの改良や電子制御4段ATの採用などにより燃費も向上しており、最高で19.6km/リッター(FR/5MT車)を達成している(JC08モード)。

価格は65万3400円~121万2840円。

(webCG)
 

関連キーワード:
サンバー トラック, スバル, 自動車ニュース

スバル サンバー トラック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが「サンバートラック」「サンバーバン」の一部改良モデルを発売 2020.9.3 自動車ニュース スバルが軽商用車「サンバートラック」および「サンバーバン」に一部改良を実施。安全装備を強化した。オートライトを全車標準装備とし、サンバートラックの架装車に「スマートアシストIIIt」を搭載した。
  • 第189回:あ~、モテてぇなぁ 2020.9.14 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第189回は、「トヨタGRヤリス」の登場をきっかけに「モテないカー」と「モテそうカー」を考えてみた。クルマ好きのハートをわしづかみにするクルマに限って女子ウケが悪いという。そのこころは?
  • ポルシェ718スパイダー(MR/6MT)【試乗記】 2020.9.6 試乗記 ポルシェのミドシップオープン「718ボクスター」に伝統の「スパイダー」が帰ってきた。新型のハイライトは、復活した自然吸気水平対向6気筒エンジンと締め上げられたシャシー。その仕上がりを確認すべく、ワインディングロードに連れ出した。
  • 第188回:レーダーに頼らず有視界飛行セヨ 2020.9.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第188回はエリート特急こと愛車の先代「BMW 320d」にトラブルが再発したというハナシ。バッテリーを交換しても症状は改善せず、ついに正規ディーラーの門をたたくことに。その修理代の見積もりは?
  • カンナム・スパイダーRTリミテッド(MR/6AT)【レビュー】 2020.9.2 試乗記 カナダのレクリエーショナルビークルメーカー、BRPが手がける三輪クルーザーが「カンナム・スパイダー」だ。四輪とも二輪とも違うこのモデルには、どのような“走る楽しさ”が宿っているのか? フルモデルチェンジを受けた最新の「スパイダーRT」で確かめた。
ホームへ戻る