新型キャデラック・エスカレードの先行予約開始

2014.09.10 自動車ニュース
「キャデラック・エスカレード プラチナム」
「キャデラック・エスカレード プラチナム」
    拡大

新型「キャデラック・エスカレード」の先行予約開始

ゼネラルモーターズ・ジャパンは2014年9月10日、新型「キャデラック・エスカレード」の「プレ・オーダー・キャンペーン」を開始し、キャデラックの正規販売店で受注を開始した。受付期間は同年10月20日まで。

「エスカレード プラチナム」の室内
「エスカレード プラチナム」の室内 拡大

新型キャデラック・エスカレードの先行予約開始の画像 拡大

新型キャデラック・エスカレードの先行予約開始の画像 拡大

用意されるグレードは、標準的な「エスカレード プレミアム」と、その上級仕様に当たる「エスカレード プラチナム」の2種類。「自分好みのエスカレードが、いち早く手に入れられる」のが当キャンペーンの売りで、ボディーカラーやインテリアカラー、セカンドシートの形状(セパレート式かベンチ式か)が選べるほか、ホイールデザインやアシストステップ、電動スライディングルーフ、ナビゲーションシステムなどのオプション(有償)の有無が選択でき、その組み合わせは合計で640通り(プレミアムで512通り、プラチナムで128通り)にのぼる。車両本体価格はプレミアムが1099万円で、プラチナムが1199万円。納車は2015年3月~4月を予定している。

なお、この価格はプレ・オーダー・キャンペーン期間中にのみ適用される暫定価格であり、通常の価格は2015年初旬の正式デビュー時にあらためて発表される。

新型エスカレードは2013年10月のロサンゼルスモーターショーで発表された。気筒休止システムを備えた6.2リッターV8 OHVエンジン(426ps)に6段オートマチックトランスミッション(AT)を組み合わせて搭載する。

米ゼネラルモーターズはすでにATを8段にする改良を発表しているが、「日本仕様は車両認証などの関係で(6段ATを搭載する)欧州仕様がベースとなっている」(ゼネラルモーターズ・ジャパン)ため、導入時の8段化は見送る。

(webCG)

関連キーワード:
エスカレード, キャデラック, 自動車ニュース

キャデラック エスカレード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラック・エスカレード スポーツ 2021.1.17 画像・写真 新型「キャデラック・エスカレード」が日本初公開された。5代目にあたる今回のモデルは、リアサスペンションを独立懸架とするなど設計を刷新。湾曲型OLEDディスプレイなどの先進装備も多数採用されている。キャデラック自慢のフルサイズSUVを写真で紹介する。
  • GMが新型「キャデラック・エスカレード」を日本導入 東京オートサロン2021で日本初公開 2020.11.12 自動車ニュース GMジャパンが新型「キャデラック・エスカレード」を日本に導入。全長5.4mに迫るフルサイズSUVで、大型の湾曲型OLEDディスプレイを含む先進装備を多数搭載。グレードは「プラチナム」と「スポーツ」の2本立てで、2021年夏ごろの納車開始を予定している。
  • キャデラックCT5プラチナム 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがキャデラックの新型セダン「CT5」を日本に導入。クーペを思わせるファストバックスタイルが特徴で、エンジンには2リッター直噴ターボを採用している。コンセプトカー「エスカーラ」をモチーフにしたというニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • キャデラックXT4スポーツ 2021.1.17 画像・写真 ゼネラルモーターズがコンパクトSUV「キャデラックXT4」を日本に導入。ダイナミックなボディーラインと高効率な車内空間が特徴で、各種先進装備に加え、後席や荷室の広さもセリングポイントとして挙げられている。ブランド初のコンパクトSUVを写真で紹介する。
  • 日本限定のランボルギーニ 「アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション」登場 2021.1.22 自動車ニュース アウトモビリ・ランボルギーニは2021年1月22日、「ランボルギーニ・アヴェンタドールS ジャパンリミテッドエディション」を発表した。クローズドボディーとオープントップ、合わせて7台が販売される。
ホームへ戻る